屋形船で披露の宴

3/27の土曜日、生まれて初めて「屋形船」というものに乗りました。



着物を通じてできた若いおともだちの花ちゃんが、昨年めでたく入籍し、

お式は身内でこぢんまりとすませたあと、

友人知人へのご披露をしてくださることになりました。

花ちゃんのたっての希望で、時は春、所は屋形船となり、

それはそれは楽しみにしておったのでございます。



花ちゃんはこの日のために日本髪を結いました。

(ええ、私も昨年の1月に結いましたのぅ)

同じ結髪師さんの手によるもので、前日結い上げ、

当日の朝、なでつけ(修正ですね)と着付けにお伺いするところから

同行させてもらいました。



そして、船着場の江戸川べりにて。







どうです、このステキな青空に映える美しい日本の女性。

もううっとりでござんす。



まだ他のお客様がみえる前に、お料理はかなり準備が整っていました。

わたしもお支度の手伝いを。







14時ちょうどに船は出航しました。

すぐにおふたりのごあいさつ。







これでわかるとおり、天井がとっても低いです。

あ、新郎はかなり背が高いですが、そうでなくてもやはり男性には

つらいものがあるかもです。

まあ、すわって飲み食いするんだからたいして障害ではありませんが。



今回、花ちゃんの人脈の広さで、

屋形船のお料理のほかに、江戸前寿司の板さんが出張乗船してくださって、

おいしいおすしを堪能することもできました。

サイコー。

こんなうまいコハダ(わたしはこれが大好き)食ったの初めて~。



もちろん屋形船につきものの、お座敷てんぷらもとてもおいしく、

食べ物はほんとに充実しています。



船のコースは、江戸川の一之江を出て、葛西臨海公園海上を西進し、

夢の島のあたりから運河にはいって月島を通過し、

レインボーブリッジをくぐってお台場まで言って引き返す、という、

見所満載な航路です。

可能ならば隅田川をのぼってほしいと花ちゃんは交渉したようですが、

それはかなわず。

3時間で往復するという制約を考えれば、ぎりぎりですね。

実際、お船はかなりのスピードで走ってました。







海からみた葛西です。

いちどはいってみたいです。

なぜか海から先にながめてしまった(笑)



食べものの豪華さもさることながら、

船内ではいろいろ余興が用意されていて、

その中でうぉ~となったのがコレ。







はなわちえさんという津軽三味線の奏者です。

最年少で津軽三味線のチャンピオンになった、芸大邦楽科卒の新進気鋭の

演奏家です。

(この翌日ふたたび横浜大桟橋で、ちえさんのユニット演奏を聴く機会に恵まれました)

生で聴く三味線は迫力ありました。

船がかなり揺れる中での演奏でしたが、とてもとてもステキでした。



花ちゃんと一緒に写真とってもらいました。







花ちゃんは藤色の色無地。

わたしは大島紬に絵羽柄で刺繍のはいった、

いわゆる「つむぎの訪問着」です。

(やっと陽の目を見た・・・着ていく場所がみつからなくて)



そうそう、せっかくだから日本髪を後からも撮っちゃいました。







きれいでしょう。

日本髪は、鎖骨のしたくらいまであれば結えるので、

もし結ってみたい方は、ぜひたまねぎまでご連絡ください。

結髪師さんをご紹介します。





3時間の船旅はあっというまで、

花ちゃんのおともだちのラブリちゃん曰く

「遠足みたいだね」

ああ、言い得て妙ですな。

とてもとても楽しい時間で、幸せな花ちゃんの顔をながめて、

一生の宝物になることでしょう。



このあと、バスで日比谷に移動して二次会でした。

ご主人ともお話することができて、

ほんとうに二人の幸せを分けていただきました。







そして、途中で気付いてたんだけどさ。

わたしも3/27に結婚式したんだったわ。(笑)

ほっぽらかし。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

春の江戸情緒溢れる企画。 素晴らしいですねー

和服に屋形船、披露宴、三味線

葛西臨海公園は私も大好きでよく行きます。

No title

粋でござんすね~



花嫁さんの日本髪、美しい。



やっぱり着物はいいですよね。

No title

いいですね~

屋形船に日本髪に三味線ときたもんだ

陸から離れて、別世界ですな。

私も屋形船のってみたい
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR