花街体験~5~

撮影会して休憩時間のあとは、美恵雛ちゃんのかんざし争奪を賭けて、

野球拳ならぬ着物拳です。



着付けの手順をそのまんま歌にしてくれました。

作詞美恵雛ちゃん、振り付けは春乃おかあさんです。



着物着るならこういう具合にしやしゃんせ

足袋はいて~肌襦袢

長襦袢に着物着て帯を巻いたらえっさっさ

帯揚げ!帯締め!よよいのよい!



です。(笑)

この、帯揚げ!帯締め!がまたかっこいい!



で、みんなで着物拳やってるから一枚も写真がないのさ(笑)。

いや、自分がやってないときもあまりの楽しさに、

撮るのを忘れたわけです、はい。



そして、たまねぎも首尾よくかんざしゲットいたしました。



舞妓さんのかんざしは、毎月変わります。

季節の花鳥風月をモチーフにしたもので、

たとえば1月なら松竹梅だし、2月は梅、3月は桃、というふうに。

その中にひとつだけ毛色の変わったのがあって、

わたしはそれが欲しいなぁと思ったのですが、最終組になってしまったので、

きっとまわってこないだろうと・・・。

ところが、どうもそれは人気がなくて、どれにしますかと選びに行ったら、

まだ残っていたのでした。



美恵雛ちゃんに持っていただいて、撮影しました。







写真では小さくてわかりにくいですが、

蜻蛉と蝶がいます。

7月の京都といえば、祇園祭。

このかんざしは、祇園さんの前後10日くらいしか使わない、

とっておきのものなのだそうです。

この季節感がなんともいえず、目が離せなかったのでした。



かんざしといってもこんなに大きいですし、もちろん特殊なものですから、

わたしたち素人が使うわけにはいきません。

我が家の家宝とさせていただきます。





そんなこんなで楽しかった宴もあっというまに終わってしまいました。

一生こんな遊びはもうできまい・・・と思っているのですが、

いやいや、また純庵先生におねだりして開催を・・・って話になったら、

きっと京都行っちゃうんだろうなぁ。





で、いとこに京都駅まで車で送ってもらい、

予定どおり20時36分ののぞみで帰京の途に着きました。

あ、そうそう、いとこもかんざしゲットしましてん(笑)。

わたしら、ここで一生の運を使い果たしたかもしれませんねぇ。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たまねぎさん、今年はSOMENOさんの結髪あり♪今回の美恵雛ちゃんのかんざしゲット♪と素晴らしい福運の年ですね~♪(^^)
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR