熊野三山詣で 1日目の3

さて、民宿ちかつゆさんの温泉は「上小野温泉ひすいの湯」といいます。

こじんまりとした宿泊棟のお隣に、日帰り温泉の棟があり、

泊まり客もこの別棟のお風呂に入ることができます。



到着してから晩御飯まで少し時間があったので、

ゆっくりとお風呂につかりました。

ああ、このお湯、すきとおってとてもきれいです。

そして、お肌がつるつるしてきます。気持ちいい~。

歩いた筋肉の疲れを明日に残さないように、ふくらはぎをゆっくりとマッサージ。

(自分でマッサージしてて寝そうになった・・・)



さっぱりした後は、いよいよ待望のご飯。

もうおなかぺこぺこです。



ちかつゆさんのご自慢料理がばんばん出てくる。

まずはこれ。







その名も温泉鍋。

入ってる具はぜんぜん特別じゃないんですが、温泉水で煮る。

すると、すきとおっていた温泉水はどんどん白く濁り、

具はどんどんやわらかくなる。魔法みたいです。(いや、炭酸の影響です)

白菜なんてね~、口の中で溶けるんだよ。ほんとに。

具どころか、おつゆまでぜ~んぶ飲み干しました。



飲み干す前には、こんなものも。







あまごのからあげです。

見てわかるとおり、ほんとはもう1尾乗ってました(笑)。

あまりのおいしそうさに、写真撮るの忘れていきなりがっつきました。

宿のおじちゃんはレモンなしをおすすめしてくれました。

一応両方試した結果、わたしもレモンなしが好きです。

アタマからシッポまで、完食です。



さらにこれ。







鮎飯。おじちゃんがていねいに鮎をむしってまぜまぜしてくれます。

いやぁ、いいんですか、こんなにもてなしていただいて。

この時点ですでに鍋でかなり腹がいっぱいになってまして、

鮎飯は茶碗に2杯ほどいただき、残りは明日のおむすびにしてもらうことに。



完全におなか出てました(笑)。



歩いた疲れもあり、この日は9時半頃就寝。

ああ、健康的だ。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR