記録(12/28)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

納天神@永谷天満宮

今日は、横浜の永谷天満宮で納天神の式に参列させていただく行幸に恵まれました。

2年半ほど前にご縁があってつながった、神社にお詣りする会ですが、主催のかたが楽人ということもあって、奏楽の奉納に参列できることが多く、めったに入ることのない拝殿に入れていただけたり、神職のかたとお話しながら直会をいただいたり、ほんとうに貴重な体験をできるよろこび。

今日も、納天神の儀式で、氏子さんたちに混じって参列。
舞や歌など、ありがたく受けとりました。


ときどき書いてますが、洗礼を受けていないまま、礼拝に行っています。
信者というにはあまりにも不真面目で不定期なので申し訳ないのですが、それでも自分のそばにいらっしゃるのはイエスさまと感じています。


でも、札所もまわるし、神社も行くし、典型的な日本人なのかもしれません。
そんないいかげんでも、いちばんやさしく受け止めてもらえるのは神道かなぁと、最近思い始めました。

そして、この会を通じてたくさんのかたと知り合い、細々とですがおつきあいさせていただくなかで、さらに新たなご縁があったり、世界が開けていくのを感じています。


お宮におまいりできるのも、お導きというか、縁のない時と所に行けないという経験を何度もしているので、行きたいときには行っていいんだなぁ、とありがたく伺っています。
今回も、もともとの計画ではお伊勢さんに行くことになっており、その日程では参加できなかったのです。
しかし、紆余曲折あって今日の会に変わり、なんと平日であるにもかかわらず勤務先が休暇(クリスマス休暇)という幸運。今日だから参列できたわけですよね。

人生は、思ったように転がっていく。
良くも悪くも。
だとしたら、できるだけ素敵な絵を描いたもん勝ち。そんな大風呂敷や贅沢は望まない、ささやかな幸せを描いていたら、それでいいんじゃないのかな。

清々しい空気に包まれた午後を反芻しながらの帰途。







振り返っても振り返らなくてもあたしはここ。

なかなか実行というか実現しないのだけど、
自宅でひとり晩ごはんするのがわりと好きだ。
好きな音楽と一緒に、好きなもの(自分の食べたいものを勝手に作ってる)を
食べられるのは、ささやかなしあわせ。

いつもはどうかというと、
食べたいものはまあぼちぼち食べてるけど、
聴きたくもないバラエティの喧騒と共に食べるのは
甚だ不味いご飯になる。
そもそもテレビの音声が好きではない。
食べてるときは、見ないし、聴きたくない。

ひとりで食べてると、これはたぶん私だけだと思うけど、
耳と舌と心が、全部独立してていつもより鋭敏になる。
不思議だけど、家事しながらのときより、
歌詞が粒々でまっすぐ飛び込んでくるのだ。

先日からヘビロテしてるアルバム、ごはん聴き、初めてしてみた。

変わった言葉使ってるわけでもないし、
決して奇をてらったような並べ方でもないのに。

ラジオから流れてくる歌声が、
大好きだったひとの歌う声にとても似ている、と感じたのが
98年頃だったと思う。
その後、あんまり似ていてせつなくて聴けなくて、
そろそろいいかと2000年に出たアルバムを手に入れた。
やっぱり早かった。
そのときは最後まで聴いて、封印した。

封印したまんま、15年たって。
やっと、ちゃんと聴けるようになってた。
たぶん、いろんなことがあって、ばーさんになって、
うんと古い思い出もちょっと古い思い出もくそみそになって、発酵したんだろう。

先週、現在・過去・未来を読む?人とお話をした。
過去のことが今につながってること、
今の立ち位置が微妙にずれていること、
この先なんだかおもろい人生をまだまだ何十年もおくるらしいこと、
見せてくれた。

この声の持ち主と一緒に連れていかれなかったことも。
近い未来に起きるだろうことも。

ここにいる私の一部であり、全部なのだ。
それしかない、それがすべて。

誰がそう望んだのかわからない。
でも私はここにいる。
だったらそれでいいじゃん、ここが居場所。


それっぽっちのことをわかるのに、何十年もかかったのは、なぜなんだろう。
それもこれもまるっと全部があたし。

やっとこさ。
それもありだね。











FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR