やさしく歌って

やさしく歌って/ロバータ・フラック Killing Me Softly/Roberta Flack: https://youtu.be/DapxQ4uRN4c


そうなんだよね。
今まで心惹かれた人は、音楽のつながりがあったことが多い。
自分が奏者じゃなくても聴くのが好きだったり、同じ歌手が好きだったり。

きっとその人の深いところを流れているリズムやメロディを拾うんだろうと、最近思い始めた。


いろんな曲がある思い出と結び付いていたりして、ふっとよみがえることがある。

今、どうしていますか。



スポンサーサイト

記録(3/4)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

倍音に包まれた踊り子の夜

2月20日金曜日の夜。
お勤めが終わってから湘南電車にのりました。行き先は鎌倉。

えっ、夜鎌倉?何しに?

カレーとベリーダンスを楽しみに。

ゴクラクカリーは、水を使わないパキスタンのおもてなしカリーのみのお店です。

サラダの向こうは、禁断の果実酒。
昔々の人が媚薬・惚れ薬と信じていたスパイスをブランデーに漬け込んだものですって。
サラダにはなぜかキクラゲがのってます。



カレー。スパイスたっぷり、鶏肉ほろほろ。三日三晩煮込むそうな。



食べ終えるとチャイ。



果実酒はオプションですが、サラダとカレーとチャイはセットで1,000円です。

ちょうど食べ終わる頃、ショータイム。
倍音アーティストのMojoさんのサウンドアートに包まれて、
シルキーダンサーのマナさんと、現世観音の美醜さんが踊ります。

禁断の果実酒のせいか、はたまたダンスのパワーに酔ったのか、
ほとんど骨抜きになりまして、まともなカットが撮れてませんでした。

てなわけで、アーティストさんゴクラクカリーさん集合写真。





不思議な時空の旅を、また味わいたい。
Mojoさん、マナさん、美醜さん、ありがとう。

八丈島に方位採り その3

一泊二日なんてあっという間です。

私は、黄八丈の織体験を申し込んであり、みゆきさんはお部屋でのんびりしたいということだったので、別行動です。

車でまちのおみやげもの屋さん隣接の体験織場へ向かいました。
お一人、ついてくださって、丁寧にやり方を教わります。4本足は初めて。というより、中野みどり先生のところで織ったのが初なので、人生二度目の機織です。

で、できたのがこれ。黄八丈っぽいのができて、とっても満足。 



おおむね1時間弱で15×15くらいのが織り上がります。

みゆきさんをホテルにお迎えに行き、予約のお昼までには時間があったので、もう一度八丈富士に行きました。
あの景色は見せてあげたかったんだもん。
写真省略。前日のほうがきれいでした。

いよいよ、島で最後のご飯は、島寿司です。
ホテルのフロントで紹介してもらったお店、宝亭。



念願の島寿司!



あー、これを食べられてよかった。漬けになってるのが実にわたし好みで、もう超しあわせ。
スーパーでも島寿司売ってるの目撃してるので、安宿に長期滞在とか、してみてもいいなー。

実は朝の体験の時、織子さんに聞いたお話。
着尺は難しいけど、帯なら糸を合わせて太くするから、早い人で3日あれば織れるっていうの。
まじかー。もう頭ん中で自分で織った黄八丈の名古屋帯締めてる自分の姿が、ぐるぐる回りましたよ。
スーパー不器用なあたしでも、きっと1週間いたら織れるに違いない。
自炊民宿とかで、釣りか素潜りのできる同行者募っていけば(あ、密漁にならないようにしなきゃ)、昼は織作業、夜は新鮮な魚と島焼酎で、なんて充実(笑)!

てな妄想を抱きながら、第一回八丈島の旅はおしまい。
ん?第一回?
うん、きっとまた行くと思う。だって寒くて南国気分味わってないんだもん。



小さい飛行機は、青ヶ島や御蔵島へ飛ぶやつです。
あれにも乗ってみたいなー。

八丈島に方位採り その2

お昼ご飯は、いそざきえん。
郷土料理のお店です。
古民家を改造した、落ち着いた雰囲気の建物です。



予約してあったので、すぐにお料理運ばれてきました。
おすすめの黒潮料理です。

麦雑炊。



地場野菜の煮物。



その他、旬のおさしみ、明日葉のおひたしや、明日葉入りこんにゃく、庭のセロリの炒めものなどなど、島の恵みをぎゅぎゅっと圧縮したような一そろいでした。
量も、食べてみたらかなり満腹。

こちらはなかなかおすすめです。

さて、午後の移動開始。

めゆ工房。
黄八丈の機織場です。



島の草木を使って染めた絹糸で織り上げられる布は、それぞれが違う表情で、飽きることがありません。

ちょうどお昼休みを終えたのか、織子さんたちもたくさんいらして、ととんととんからり、という音が幾重にも重なり、包まれる至福を味わいました。

さあ、食べたい見たいを満たして、次どうする?
もうすることないよー、恐怖のノープラン。

で。地図を見る。

今いるとこと、今夜のお宿は
ちょうど対角線上。なら、島をぐるり走ればいろいろ見られるねってことで。

そうそう、と思い出したのが、地面観察課題。
(高校の同級生が地質学の先生やってる。)

で、行ったのは南原千畳敷。
溶岩の広がった海岸です。
うわー真っ黒だ。

そんな岩だらけのとこにも、可愛い草生えてる。
多肉系のぼってりしたやつ。



黒い岩浜の向こうには八丈小島。



風が強くて、もちろん波も高くて、すげー迫力。
風音と打ち寄せる波の音で、なんにも聞こえない。




ので、出発。
北側の大越鼻灯台に寄り、アロエ園や明日葉畑を見ました。



ここで、前夜遅くまで残業していたみゆきさん撃沈。
好き勝手ドライブ~、てんで、寝てるみゆきさんを起こさんように、アクセルワークだけ気をつけながら、八丈富士に登ってみました。

山腹にあるふれあい牧場から八丈島空港を見下ろします。
うわー。ここに着陸したんか!




牛さんたちも陽の光をうけて艶々。のんびりと草を食む姿がかわいい。



眠るみゆきさんを載せたまま、山を下りて、今夜のお泊まり、リードアズーロへ。
ずいぶんこじゃれたとこだわ。
釧路のゲストハウスとは大違い。いや。休坂も超快適だったんだけどね。

パートナーとゆったり過ごすんなら、なかなかいいとこですよ。オーシャンビューだし。

ディナーメニューはこちら。



どれも美味しかったです。
代表でブイヤベース、載せておきますね。




食後はみゆきさんと四方山話して、大浴場で手足伸ばして、よく眠りました。

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR