記録(10/28)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

行くぜ黒留ナイト

おはようございます。
コーフン冷めやらぬまま朝を迎えまして、
家事都合により休暇ですから勢いよく書き込んでます。

昨晩のイベントは「黒留ナイト」
かなりスレてますが、入場券代わりのリストバンドを。
いざっていうときにはこれがアリバイに(笑)。シリアル番号入りだもんで。



黒留ナイトというからには、ドレスコードは黒留袖。
しかし自分のなんか持ってないので、実家から借用してきました。
キンキラキンの帯もついてきたのですが、さすがにそれは無理ってことで、
帯は自前です。



正式な冠婚ではないので、遊び心で帯に扇をつくってさしてみました。

髪も、がちがちアップでなくていいや~と。
前日にパーマをかけたばかりなので、うねうねしててちょうどよかったです。



グリーンのは、マーブルインザポケット小上馬さんのガラス簪。
とても気に入ってます。

留袖の柄です。
ちょうど季節にぴったりでした。



そして、出かける前に娘に撮ってもらいました。



え?出かける前なのにこんな疲れてんの?
そーなんです。

留袖は重い・・・orz

はあはあ。

途中でお直しおばさんやらお説教おばさんやらガンミおばさんやらに遭遇すると
気分が萎えるので、ちょいと隠していこうと思い、
すけすけオーガンジーコートを羽織りました。



これは、ご用達のきくやさん東京展示会で勧められたものです。
スリーシーズンいけるし、黒だから葬祭のときもいけるということで、
絶対重宝すると思って仕立ててもらいました。

せっかくなのできくやさんの宣伝もしておこう。

おかいものはぜひきくやで

ということで記録帳のコーデ写真をもういちど。



今、もらってきた、会場に行く前のお外での集合写真です。

1383397_541849375890965_1343066188_n.jpg



イベントのようすは追記でごらんください。

続きを読む

きものサローネに行ってきた!

今日から3日間、日本橋の三越前駅周辺で開催されてる催事です。

きものサローネ

いやー、年々大規模になっているとは聞いていましたが、
聞きしにまさる大イベントです。

とにかく出店数がとってもたくさん。
どこをのぞいてもめちゃくちゃ楽しい。

今回は、今日の最終ファッションショーをネットで申し込み、
厳正なる抽選の結果の当選者としてみることができました。
(ネット席、空きもあったけどね・・・)

でにむどす

という、京都発のブランドです。
デニムの着物は最近あちこちで見かけます。
わたしも一枚持ってる。
とても気楽に羽織れて、着物初めての人でもチャレンジしてみる気になりやすいと思うの。
で、でにむどすのFacebookページを見て、気になっていたところへ
今回のファッションショーの開催を知ったので、よし、ぜひ!と。

ひとりツレを持参していいということだったので、
なんちゃって着付けの生徒を誘っていきました。

いやー、とっても楽しかった!
ちょっとコーフンするくらい楽しかった。
デニムっていうだけでなく、とにかく着物は楽しいんだって、
今日のショーは感じさせてくれました。
デニムに見えない着物もあったし、
なんとデニムの振袖もあったし、
あー、写真なくてごめんなさい。
撮るの下手だし、見るのに夢中だったし。


もし明日明後日お時間ありましたら、コレド室町とそのお隣のYUITOに行ってみてください。
たくさんの楽しい着物たちがあなたを待っていますよ。

高校の同窓会

5月から準備を始めて約5ヶ月、ついに今日が当日となりました。

うちの高校は、入学から卒業までクラス替えがないという、とても特殊な学校です。
その分、仲も良いし、気心も知れているので、とても楽しみにしていました。

幹事団5名、クラスは46名プラス1名(若くして亡くなった級友がいます。)。
今日は28名が集まりました。
卒業から32年もたつのに、この出席率はすごいんでないかい?
幹事団その1の女性がとても頑張ってくれたおかげです。

彼女がみんなに連絡を取ってくれる課程で、
担任の先生が今年1月に急逝されていたことを知りました。
あたしらはできの悪い学年だったから、先生はずっと心配だったということを、
前回のクラス会のとき伺いました。
そんな怖くてあったかい先生だから、今でもみんな先生が大好き。
あ、担任も3年間かわりません。


まずは都内東部にある先生のお墓参りをするべく、清澄白河駅に集合。
といってもナイスな昼時なので、まずは腹ごしらえ。




深川めしです。
でっかい丼なのにぺろりとたいらげてしまったのは、
昔の仲間といる安心感と、当時の胃袋にサイズが戻ったような錯覚のせいか?

それから、お墓参り。
新しい墓石に刻まれた先生の戒名には、
数学の先生だから『数』の字、お人柄を表す『誠』の字がはいっていました。
来る前に寄り道してきた日本橋きもの倶楽部で買ったビールをお供え。
先生、御酒大好きだったもんね。

それから、丸の内でお茶&おしゃべりタイム。
三菱1号館のティールームは、すてきな建物でしたが、40分待ちは想定外(笑)。




本会場は、幹事団その2が手配してくれた和食系のお店。
丸の内は昔と違い、土日祝も人々が集う街にうまれかわったのですね。
豪華なお料理にみんなのお酒もがんがん進みます(笑)。
ここでは幹事団その3と4が、場をうまく盛り上げてくれ、
話の尽きない楽しい時間になりました。
ああ、お会計は幹事団その4がきっちり。


まだまだ名残惜しいうえに時間も早いので、初めから予定していた二次会。
少し人数減りましたが、それでも20名。
まだまだ盛り上がる盛り上がる。
あまり話をしたことのない組み合わせの会話があったりして、とても新鮮。


お店の閉店時刻までいて、解散しました。
さらに…のグループもあったようですが、あたしゃ電車がなくなる心配のある田舎者、素直に帰りました。

あれ、幹事団その5はなにをしたの?
はーい、あたしは、皆さんへの通知を印刷しました。
なんちゃってSEは情弱なので、とても苦労しましたとさ。


次回幹事団も決まり、今回メンバーは補佐ということで、めでたしめでたし。

次はいつ会えるかな。
名簿も皆さんにお送りするので勝手に連絡取り合って、
男子会、女子会、秘密のデート、していいからね( ̄▽ ̄)b

走水神社正式参拝のこと

10月5日、ご縁があってお誘いをいただき、横須賀市の走水神社に行ってきました。
本殿の中での正式参拝をさせていただく会が催されたのです。

お宮さんやお寺さんが好きで、旅先でもおまいりさせていただくことは多いですが、
なかなか正式参拝まですることはありません。
いままで本殿もしくはそれに類する域内に入ったのは、
厄除けをしていただいたときと、
お伊勢さまの団体御垣内参拝に参加させていただいたときだけだと思います。

走水神社は、ヤマトタケルノミコトとオトタチバナヒメノミコトをおまつりしています。
卒業した高校の校歌にヤマトタケルノミコトは登場していたなぁ。
(今でも1番だけなら歌えます。同窓会が近いので、すぐに高校ネタに走る)

広大とは言えない境内ですが、とてもきれいに整えられていて、
すがすがしい空気に満ち溢れています。
ああ、かみさまがいらっしゃるな、という感覚に包まれました。

荷物を預かっていただいてから、本殿に入れていただきました。
宮司さんの所作に合わせて、笙と龍笛の音が流れます。
雅楽の生音は、たぶん10数年前に厳島神社の公開お神楽をみたとき以来じゃないだろか。
それもこんな数メートルという距離では、初めてです。
やわらかく包み込む笙の音の中を、龍笛の張りつめた音が走り抜けていく、
そんな感じです。

参拝を終えて社務所に戻り、いよいよ宮司さんの講義が始まりました。
1時間、たっぷりとさまざまなお話しを聞かせていただきました。
神道とは、という基本的な部分のお話しは、すとんと腑に落ちるもので、
ああ、だからこそ、日本人はみんな神社、お宮さんが大好きなんだな、と。
もっともっといろんな神社をたずねて、神様にお会いしたいな、と
強く思いました。

神頼み、とか、仏頼み、とか、言うけれど、
頼みます、ではなくて、おそばにいてくださいね、がいちばんフィットするかな。
自分が歩いていくのを見守っていてください、感謝します、って。
ここ数年、お伊勢さんをはじめ、いろんなお宮さんにお参りする機会が増えてきて、
なにかをお願いするというよりも、ここに来られたことをありがとう、とお伝えする、
そのことが自然に心に浮かんできたけれど、
ああ、それでよかったんだな、とうれしく感じます。

誘ってくださったあおいさんに、感謝します。
どうもありがとう。
こんなご縁をいただけたこと。
ひとの出会いは不思議です。


文章がうまくまとまらなくて、後日アップになってしまいました。
同窓会幹事団という一仕事を終えて、あらためてこの日のことを思い出し、
やっとことばがほとばしり出たな、と思います。



FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR