音楽の日はまだ続いてた

今日は、午後から隣の駅前にある公共ホールに行ってきました。
駅も隣だし、市も隣。自分の市にもホールはあるんだけど、
こっちのほうが新しいし、音が好きなんだよね。

コンサート内容はこちら。↓

iプラザ

よほど記憶力のよい方ならばおぼえておいででしょうか、
わたしは石田泰尚さんのゆるおっかけです。
んで、もともとこのかたは多摩市にゆかりの方でもあって、
こちらのホールに登場するのは2回目です。
近くで好きな演奏家のコンサートに行けるのは、ほんとにしあわせ。

自分はピアノしか弾けないから(ほかの楽器もやってみたいけど・・・)
せめて聴くのだけはいろいろ幅広く、と思っています。
ジャンルもね。

今日は弦のみで、それぞれの無伴奏曲と、おふたりでの演奏でした。
ラヴェルの二重奏なんて初めて聞いたけど、
ああー、ラヴェルだー、と堪能しました。
おふたりとも神奈川フィルでの共演やDuoの活動が長いので、
溶け合う音はとても自然で、なめらかで、ベルベットの手触りみたいでした。
(でも、MCはなぜにあんなにぎこちないのか・・・それは偏にイシダ様のせいだと思う・・・)

このDuoは、続くのであれば、ずうっと聴いていきたいなと思います。


そして、関連チラシを見て、またTrioLibertadをおっかけたいな、と。
もともと石田さんに出会ったのは、リベルタがきっかけだったし。
ふー、音楽熱、さめやらず。
下半期は、もしかして音楽三昧か。


スポンサーサイト

そんなわけで外食2連荘(ちょっと追記)

昼ごはんは、錦糸町北口のベトナム料理屋さん、サイゴンマジェスティック。

お店情報ですよ


生春巻がとてもかわいらしく盛りつけられてて、ぱちり。



味付けは本場のままらしく、エスニック料理が好きなまよ姐とわたしには、
とても美味しいお料理でした。

で、最後に食べたバインガオの正体が不明につき、
ご存じの方、情報求む。

7/4 ごめん、間違えた、バインベオだった(笑)
米粉と片栗粉をまぜまぜして蒸した、ぷるぷるのお餅です。
トッピングしたりフィリングしたりして食べるんだって。
こちらのお店では、トッピングでした。
追記おわり。





晩ごはんは、新国立美術館のあと、ミッドタウン地下の鈴波で、
お魚の粕漬け定食。



本日のお魚はカマスです。
ぜいたくにも、シメサバ付きにグレードアップしてみました。


えー、なにこれー、デラうま!
お魚ふっくらで、ボリューム満点。
今年上半期の外食ベスト3入りはまちがいない。
(いや、トップにしちゃっていいかも)

まよ姐に教えてもらった店にハズレなし。

幸せ太りな夜かもしれない。
計測結果は、個別問い合わせに応じます。

音楽の日なんだって。

錦糸町に行きました。
訪問先は、すみだトリフォニーホール。

知り合いがいるのでいつも応募している、
航空自衛隊中央音楽隊の定期演奏会です。

先日まで空自のドラマやっていたせいか、
今回は応募数が多かったそうです。


軍楽隊とあなどっちゃいけねぇよ。
最近では芸大やトップレベルの音大からしか
入隊できないのだ。
日本最高峰の吹奏楽団のひとつです。
(陸自、海自も同じだそうです。)


トリフォニーホールはとても響きのよいホールです。
吹奏楽向き。
また、駅からも近く、しかもエントランスに屋根があって、理想的。

今日のプログラムでは、 ベルリオーズの葬送と勝利の大交響曲が、
わたしにはいちばんでした。
祈りの第2楽章で、泣いてもた。
そして、讃歌の第3楽章で、号泣してもた。

最近、音楽で泣くこと、多い。


タイトルの音楽の日については、楽隊長の水科2佐のトークで知りました。

6、2、9で、む、じ、く、→ミュージックだそうです。
おおお。

そんなわけで、エントランスプロムナードからみえたのはこれ。


うひゃー近い!


演奏会後、まよ姐といっしょに、新国立美術館に行ってきました。
なにせ、終わってもまだ16時だったので。




綴れ織りのタペストリーは、幻想的でもあり、写実的でもあり、
しばし自分がどこにいるのか、いつの時代にいるのか、
よくわからなくなりました。

ミルフルール(千花模様)がとても美しく、
どれが何の草なのかよくわかって、面白く感じました。
ジギタリスとか、あぶねーってば。


ああ、楽しい欲張りな一日でした。

藪の中

昨日の夕方。

タイムラインに知っている人の写真が出てきて驚いた。


載せた側と載せられた側がいさかいを。

言葉尻なんて軽いものじゃないトラブルだ。
どう読んでも、どちらかが嘘を言っているとしか思えない。
でも、あたしはどちらも知っている。
どちらも騙るような人じゃないとおもっている。



昔のあたしなら、両方と関係を断っていただろう。
でも、今のあたしにはそれはできない。
だって、どちらもあたしにとっては捨てられないだから。

きっと真相は、あたしにはわからない、永久に。
藪の中で何が起きて何が進んでいるのか。
それぞれと関わる度に、この日の苦い記憶を呼び覚まされて、
何も知らないふりをしていくのか。


気持ち悪い。
自分に吐きそう。

顔ツボエステの修行

うーむ、このカテゴリでええんかなぁ、まいっか。

前回の修行&試験から、かなり時間が経過してしまいました。
試験はペーパーのみ合格、実技不合格で、
補講を予約してあったのですが、
例のふらふらぼけぼけ体調不良で流してしまい、
土日で選択すると8月まであいてしまうので、
がんばって平日三田に行くことにしました。
(若干仕事サボリですが、まあお目こぼしよろしく)

受講できない間にいろいろ考えたのは、

自分にエステを受けた経験がないのがそもそもイカン、でした。
嫁入り前の式場指定エステ1回と、
顔ツボ技術認定初回に工藤せんせいから受けた体験版。
これがあたしの全エステ歴です。(笑)
そりゃ、上達もせんわな。

それで、他の受講生がいるときに
相モデルしなきゃいかんなと思いました。
お互いに修行中の身だから、力加減とか下手くそ指摘とか
してもらった方がいいわけです。



ミホちゃんとお互いに顔貸しあって、
修行に励みました。
先生とミホちゃんからの指摘は、
やっぱり、お客様モデルさんより厳しくて、
より為になるものでした。


結果、なるべく早く試験!と先生から許可がおりましたので、
来週もう一度、三田に行くことに。

また本業サボリだー。
でも、ちゃんとやることやってるから、いいのだ。


どなたか試しに受けてみませんか、
あたしの顔ツボエステ。
合格&認定前なら無料ご奉仕ですぜ。

当たり運

晩ごはんを外食しました。
というのは、3月に最寄りの百貨店メルマガ登録キャンペーンがあり、
軽い気持ちで登録したら、キャンペーンに当選したのです。
賞品は、百貨店食堂街のお食事券、2,000円分。\(^o^)/

使用期限があるので、早めに使おうと出かけました。

折しもボーナスシーズン(あたしはボーナスないけど。)、
お買い物レシートで抽選ができるという、
百貨店恒例のイベント開催中。
食べたレシートと、メルマガ特典の追加分で、福引き3回。

おおお!

末等だけでなく、そのすぐ上位ではありますが
お買い物券500円分が2本!

こんなとこで運を使っていいのか?


あ。
昨年秋の西(出雲鳥取)効果か?
小さすぎる…orz

それとも、でかいのが出る予兆か?
だったら、楽しみ。うっしっし。

ヨモツヒラサカ

黄泉の国へ旅立つひとのことを考えていると、
あちらとの細いチャネルが開くのか、
とうに亡くなったひとのことを思い出す。

ほんのわずかのお昼寝の間に
代わる代わる訪れる人々。

あたしはあなたを忘れてはいませんよ。
掌に残る感触。
まだ連れて行かれはしないらしい。

こちらでやらなければならないことがあるようだ。
それはなんだろう。

どうか後ろ楯をお願いします。
背中を支えてもらったようなあたたかさ。

あなた方の力を。信じて借りる。

巽の次元層

ずっと一緒に勉強しているAちゃんと、巽の次元層採りを始めました。

<解説>
次元層採りとは、同じところに毎月お泊まりしてくる、吉方位訪問の方法です。
巽は南東の方角です。
また、巽は、ご縁の方位でもあります。



行き先は、横浜みなとみらいの万葉の湯。
予約もいらず、お風呂と寝床を確保できるので、
とても便利です。
寝床といっても、リクライニングシートですけど。





ゆっくりお風呂につかりながら、ここしばらくのことを考えていました。

一昨日、いつか会いたい、きっと会えるさと思っていたかたの訃報が届きました。
あたしとは同い年です。
悔やんでも悔やみきれない。一人でもぴょんと行ってくればよかったのに、あたし。


先週は、20数年ぶりの再会がありました。
長いこと会いたいと思いながら、探す方策もなく。
そしたら先方がちょっとした出来心で、私の名前でググったら、
Twitterのアカウントにヒットしたそうで、
そこからたどって連絡をくれました。


禍福は糾える縄の如し。

ちょっとずれてるかもしれないけど、
この言葉が頭から離れません。

これまで会ったひと。
これから会うひと。
二度と会えないひと。
一度も会えないひと。

それらが縄を綯うように、絡み合う。


これを考えるために、巽に誘われたのか。
そんな気もする。

会いたいと思ったら、ちゃんと動かなきゃだめ。
ぐだぐだ迷っていちゃだめ。

あたしに会いたいと思ってくれる人がいるなら、
会いに行こう。
あたしが会いたい人には、会いに行こう。


としをとったしるしなのかもしれない。






朝の観覧車は、たそがれてました。


うーん。カテゴリーずれてるな。

順番が違う

今日お亡くなりになったかたは、会ったことがない。
でも、そんなに遠くない未来にきっと会えると思っていた。
それくらい、私の持つ、人のつながりの中では近いところにいらした。
なのに、会えないまま、そのかたは旅立った。

まだ順番じゃなかったでしょ?
なぜそんなにあわてて行っちゃったの?





何度、こんな言葉を口にしただろう。
もういやだ。
大事な人や会いたいと楽しみにしていた人を失うのは。

星の海に船出する人を見送るのは、
心のいちばんやわらかい場所を針で刺されるようだ。


今宵の海が穏やかでありますように。

ちょっとメモしておくか

6月にはいってからの2週間、息子は通っている大学のカリキュラムで
施設実習に行ってました。
本人がめざすものは保育士なのですが、今回は障害者施設へ。
わずか2週間ですが、得るものは大きかったようです。


最終日に、入所者のみなさんにお別れのあいさつをしてまわったところ、
泣いてしまったかたがいらしたとのこと。
自閉的な傾向のある方だそうですが、息子とはなにかが通じていたようです。

「そんなときは、ならんですわって、手をつないであげるくらいしかないよね・・・」
というわたしの発言に、息子がびっくり。
どうやらわたしがそういう人種であるとは思っていなかったようなのです。
「オレ、同じことしたんだけど、おかんがそういう発言をするとは思わんかった!」

そうですね。そのあたりのわたしは。
学生時代に教職課程をとって、ちゃんと教員免許は保有してます。
(実務経験なく、更新講習も受けてないから、もはや腐ってますが。)
教育系の授業を受けながら思っていたのは、養護学校教諭を目指そうかな、ということ。
敷地隣にあった養護学校でのボランティアにも参加していました。
日常支援的ボラをしている場で言われたのは、
心情的には可能でも、身体的に難しいかもしれないよ、でした。
そして、教育実習に行き、よそのお子さんの将来に対する責任を持つのは、
ちゃらんぽらんなわたしには無理だと悟りました。

そういったことは、子どもに話したことはありません。
たぶん、娘も、わたしにそういう心的背景があることは知らないと思います。



このところ、ふと思います。
わたしの中にあったそういう想いが、息子の保育士志望というかたちで
実現したのかなぁと。
ひとこともそんなこと言ってないのに。

だとしたら、これはやっぱり血なんですかね。


まだ、男性保育士は、新卒で職に就いて定年までまっとうした人はいません。
パイオニアに近い部類です。
敢えてそれを選んだ息子に幸あれ。

金魚、生まれる

調布の、白い布から。

金のうろこの赤い金魚。

青光する黒い金魚。

誰でも心の中に水槽がある。

一匹でも二匹でも。迎えて。

揺らぐ心、映して。







調布市文化会館たづくりの展示室で、来月まで深堀さんの展示があります。
この布ペイントは、エントランスホールでのほかのイベントがないときには
展示されています。
イベント情報

本日のコーディネート

天気予報が、午後から強い雨になるというから、
ポリを着たのに・・・。




着物:古い東レシルックで絹が30パー入ってるとラベルに書いてあった小紋
    意外にやわらかくテロンとしていて、着心地はいいです。
    すでに何回かおうちで洗濯しています。
    ただし、やっぱりポリやで暑い。
帯 :今日、これは米沢織だと教えていただきました。
    4月にうちの子になった帯です。いまの季節にぴったりの素材感です。

6月の日本橋きもの倶楽部で遊ぶ

今月も、チーム顔ツボの一員として日本橋きもの倶楽部に参加してきました。
と言っても、今日いちにちで4人の方に施術しただけで、
あとは自分の遊び状態でした。すんまへん。


チーム顔ツボ一期生の幸佳さんと一緒に。



幸佳さんは毎月お茶席を担当していらっしゃいます。
毎回、素敵なお菓子を用意して、おいしいお茶をいただきます。
今回はバタークリームの洋菓子を準備してくださってて、
ご本人は不安な気持ちだったそうですが、
これがまた抹茶と合う!とてもいい組み合わせだな、と思いました。

え?そうなん、アタマね、自分結い和髪を体験しました。
ていうか、良江せんせいに結ってもらったんですけどね。
次回から自分でやってみたいです。

というわけで正面のでかい写真を。

20130615和髪

ちょうど幸佳茶屋にいらした京都の問屋さん「なかの孝」の
中野社長とご一緒に写っていただきました。
うしろはこんなです。



とても素敵な色の鹿の子が今日はあったということで、
超ラッキー。
これからも和髪結うならこんなのがいいわね、
と良江せんせいに選んでいただきました。

そして、今日の戦利品。大物です。
ベトナムから来たポリプロテープ網の籠バッグ。
でも、お値段はぜんぜん大物じゃないよ。
カラフルな楽しさに一目ぼれしちゃいました。
通勤に使いたいよう。



18時に倶楽部終了、当然髪結ったまんま、電車で帰ります。
馬喰横山の駅そば、東日本橋の交差点からスカイツリーが見えるので
撮ってみました。が、なんじゃいな、こりゃ。大地がゆがんでましたね。



また来月、ツボ師参上するから、みなさんいらしてね!

初夏のライブコーディネート

少しむしむしする陽気だったので、見た目涼しげなコーデに。



着物:大島紬
帯:博多(awai さんの福袋でゲットしたもの。)
帯締:藤岡組紐店の四分紐。(でしたよね…)


着物の柄アップです。




目立たずひっそり系のコーデでした。

HARUNO on STAGE



めっちゃ楽しいー






お召し替え

人生の宝物

長いこと、会いたいと思っていた人と会うことができた。

この年になってみて思うけれど、生きてきた財産て、出会ったひとたちだと思う。
出会って、同じ時を共有し、離れてしまっても、もし再会できたら、共有したものはいつまでも消えることなく、そのひととあたしをつないでくれる。

無駄な出会いも無駄な時間もない。

今まで出会ったひと、すべて、あたしの宝物。
大切な。
抱きしめて眠る。

映画みて悩む

多摩シネマフォーラムのイレギュラーイベントで、
『モンサントの不自然な食べ物』をみてきました。
モンサントの主力商品がラウンドアップという除草剤であり、
それを売るためにラウンドアップ耐性の種を遺伝子組み換えで作り出している、
ということは知っていました。

それがどう影響してくるのか。
特に、従来種と交雑してしまった場合が、かねてから気になっていたことです。

今日、映画をみて、その解を得ることができました。
想像以上に恐ろしい結果だった。
その瞬間、映画のタイトルが頭の中で
『モンサントの不気味な食べ物』に置き換わってしまいました。

ぜひ機会があったら、ご覧いただきたいと思います。


今日は、上映後、枝元なほみさんと高橋一也さんのトークがありました。
枝元なほみさんはお料理研究家、
高橋一也さんは有機農法や在来種の保存育成をしているかたです。
口にはいるものの安全とはなにか、
今、わたしたちができること、すべきことはなにか、
とても考えさせられました。
主婦の端くれとして家族の食卓を預かる者としては、
避けて通れないのが食材選び。
元々かなり関心があって、なるべく安全で美味しいものを求めていますが、
それだけで満足してちゃだめだなー、と深く反省。

TPP 反対!絶対反対!

布の美展

午後からぷちお出かけ(リハビリだ)で、鶴川に行ってきました。

場所はこんなところ。

可喜庵

こぢんまりとした茅葺屋根の古民家です。



こちらで、「布の美展」が今日から4日間開催されています。



以前、仁平さんの工房に伺って作品を見せていただいたことがあります。
仁平さん独特の世界があって、とても好きです。
今回は、他の布とのコラボレートということで、楽しみにしていました。
しかも隣の市で、自分の地元みたいなものだし。

鶴川の駅からとことこゆっくり歩いて10分はかからないところに、
可喜庵はありました。

中野みどりさんの草木染紬
西川晴恵さんの天然繊維織物
仁平幸春さんの糸目友禅

それぞれが自分を主張していながら、ふうわりと溶け合っていて、
それはそれはやさしいアンサンブルを奏でていました。
ピアノ三重奏団みたいな。

仁平さんの染め帯、中野さんの紬、西川さんの織帯、
とても気に入ったものがやはりあって、いつかうちの子にしたいな、と思いました。
(とはいえ、おいそれと「うち来る?」と聞けないんですけど(笑))

その中から、おサイフにやさしい西川さんのピンクッションを連れて帰りました。
チャコール系の濃淡いらくさ糸で織られたもので、下に敷いた紙は名刺大です。
染めの材料は、たまねぎだそうです。うほほ~い。





こういう展示会に行くといつも思うんだけど、
わたしは実は布というものがとても好きなんですね。
もちろん着物も大好きなんだけど、それを越えて、「布」そのものが好き。
糸を染めたり織ったりして、元の姿からかたちを変えた、布。
身にまとったり、身の回りの小物になったり、いつもいつもそばにある、布。

今日は、そんな自分に気づいたり、
しばらくぶりで見る緑に包まれた多摩丘陵の景色に心癒されたり。

少しいたんだからだとこころを休ませるお出かけになりました。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR