ぼろぼろのよれよれ

お久しぶりです。

そして、このカテゴリが登場するのも超久しぶり。
いやぁ、今回はほんとうにぼろぼろのよれよれになりました。
てか、現在進行形なんですが。

そういうお年頃なんで、コーネンキってやつですね。
想定外な大量出血がありまして。
べつにどっか痛かったりほてったりしてるわけじゃないですが、
かなりの貧血状態になりました。
白血球は基準値のmaxを記録してるのにのぅ・・・。
(まあ、それはおいといて。)

血が足りないと地に足がつかなくて、つねにふらふらしています。
で、勤め先にお願いして3日間傷病休暇をもらいました。
明日から復活しなければ・・・。


コーネンキは、正しくは更年期って書きますが、最近「幸年期」と書いてる記事を見ました。
昨日、いつもの整体に行きまして、状況を先生にお話ししましたところ、
からだをみる限り、他に困った状態になってるところはみつからない、
だったら、積極的に出してしまって、からだの大掃除をしちゃいましょうよ、
と言われました。
そうなんですね、これまで溜めてきた澱を出すことができる大チャンスなんです。

先生は、女性にはそういうチャンスがあってうらやましいな、ともおっしゃってました。
おお、そういうとらえ方もあるのだな、と、
帰り道はなんだか安心して、バスに揺られてました。


なので、わたしは更年期と書かずにこれからもコーネンキと呼んでみようと思います。


とはいえ、貧血はつらい。
食べたあとはすべての血が腸に行くせいか、脳みそが寝てます。
歩いたあとはすべての血が首から下をめぐるせいか、脳みそが寝てます。
てか、いつも脳が寝てます。
やばい。明日からが思いやられます。


ん?そうか、あたしの脳みそいつも寝てたかもしれないわ、
いまさら言うまでもなかったか(てへぺろ)
スポンサーサイト

5月の日本橋きもの倶楽部

今月は、5/11土曜12日曜の開催だった日本橋きもの倶楽部。

今回から、正式に「チーム顔ツボ」の一員として、スタッフにカウントされました。
(前月もおひとりだけお客様対応させていただいたんですけど、身分は客(笑))
2日間で6名のかたの顔ツボを押させていただきました。
ほんとはどうだったのかな・・・
ブログまではるばるいらしてくださったお客様、
ぜひ鍵つきコメントで甘口辛口問わず、びしばしご感想くださいませ。

さて、どんな着物で出陣したかといいますと。

こちらは11日土曜日の着物。



あいにくの雨ということで、木綿の着物をチョイスしました。
着物:東郷織物の綿薩摩、勝手縞格子。もう生産されることはないそうです。
帯 :三橋京子先生の型小紋染帯、こちらも木綿。受注生産のものです。


つづいて12日、本日の着物。
昨日とうってかわっておひさまさんさん。気温も朝から急上昇だったので、
思い切って単衣にしちゃいました。




着物:玉虫工房の紙糸紬。地色はあわい桃色です。
   縦じまのようにみえますが、じつは白で横縞もはいってて、格子柄です。
   あれ、2日続けて格子だったか。きちんとしたかったのかな?
帯 :前日のB面。ぜんぜん印象が違うでしょ。

ついでに今日の襦袢。



わたしは特に猫派ではないのですが、日本橋きもの倶楽部には猫ファンが多いので、
サービスショットです(笑)。


イベントとしてはそれほど大規模ではないのですが、
出店内容はとても濃いです。
一度にたくさん手にいれることはできないけれど、
毎月ひとつずつ、お気に入りを増やしていく楽しみがあります。

今回のわたしは、えーと。
お値打ちのショール・ストールを3枚ゲット。
モノではないけれど、ボディケア1回。ネイル1回。(なんとネイルは生涯初の経験だよ)
愛用草履の補修。
チーム顔ツボの制服に制定された、黒留袖リフォームの半纏。

あ、思ったよりいろいろ買ってるじゃん。

半纏は、着物のときだけでなく洋服にも合わせられるので、
ちょっと違った着こなしの写真を撮れたときにアップしたいと思います。

来月は15日16日。
たまねぎは15日出勤かもしれないので、16日参加のみ決定です。
ぜひいらしてね。
場所・日時については、詳しくはご連絡くださればお知らせします。



結城で浴衣染め(5/4)

さてさて、さかのぼり中の日記、なんと1月までさかのぼらなきゃいけないんだが、
とりあえず記憶の生きがいいうちに書いてしまおう、5月編。

連日の着物関係です。

結城紬の奥順さんで、毎年実施されている浴衣地の絞り染め、
2年前に参加して去年は休みましたが、今年は行ってきました。
前回はひとり参加でしたが、今回は、地元の着物友であるまよ姐を誘って。
もともとこのカテゴリは「着物普及単独委員会」だったのですが、
まよ姐を引きずり込むことに成功したので、単独が外れたのでした。


さて、今年の染めはといいますと、こちら↓

草木染だよ

わたしたちは、二色染めのほうを選びました。

結城は茨城県。遠いと思われるかもしれませんが、JRの湘南新宿乗り入れができたおかげで、
新宿から小山まで乗り換えなしで行くことができます。
そこから水戸線で、結城までは2駅です。
そんなむちゃくちゃ早起きせずとも到着できるのです。

で、10時から作業開始。
染める前に13mの綿麻反物を絞らにゃならんのですが、その工程は、企業秘密なので
カメラ撮影は禁止です。
わかってみれば、なるほどそうだよね、ということなのですが、
それを考案するのはやはりプロの職人技なわけですね。
染め職人の稲葉藤五郎先生は、とても気さくな先生です。
そして、先生の技をシロートでもなるべく近づくように手順を考えてくださってます。
そこがすばらしいのよね、この染めワークショップは。


10とおりの組み合わせの中から、わたしは「胡桃×藍+槐(えんじゅ)」を選びました。
まよ姐は「マングローブ×藍+コチニール」
ふたりともぜんぜん違う色目(笑)。
わたしたちが仲良くやってるのは、中身がまったくかぶらないからかもしれません。


詳しい工程は、さきほどのブログでモニター作業のレポートがあるので、
興味のあるかたはぜひ読んでみてください。

んなわけでできあがって干してるのはこれ。

結城で草木染めmini


うーん。どうみても茶色と黄緑ですよね。
こういう色になる予定ではありませんでした(笑)
でも、アースカラーで、ちょっと個性的な浴衣になりそう。
そして、柄もほんとうはもっと花が咲くはずだったのですが、
なんかシマシマみたいになってしまった。
ま、いっか。

仕上げをしてくださったのち、わたしは仕立てを別でお願いするので、
反物くるくるの状態で我が家に届く予定です。
りゅーちゃん、わたしに似合うように仕立ててね。むふふ。

いつ来るかなあ。
楽しみである。




着物カーニバル3に行ってきました

昨日5/5はこどもの日。
じゃなくて、着物着るヒトにとっては「着物カーニバル」の初日なんだってば。

このイベントは昨年から始まっていて、半年に一度、着物関係のお店がたくさん集まって
開催されています。
初回がちょうど1年前の日本橋。これは行けなかった。
2回目は半年前の名古屋。ちょうど名古屋に行く用事があって、うまく調整して参加しちゃった。
そして今回の浅草。もうそれはそれは楽しみに待っていました。
(特に公式ページなくて、facebookの中にあります。見えないかたごめんなさい、リンクは↓)

Facdbook着物カーニバル3

実は、今回のチラシでたくさん写ってる着物姿の中に、わたしも紛れ込んでます。
前回の写真を使ってくれるんですよね。
なのに、チラシは手に入らず、ちょっと残念。まあダウンロードしたからいっか。
今回は撮ってもらいそこねたので、次のチラシには載らないです。

呉服屋さんの敷居が高いと思っているかたは、これに行くといいと思います。
全国から集まったコワくないお店(笑)ですから。
でも、顔や見た目がコワいかもしれない店主さんは結構いっぱいいる。
着物着てると、特に中高年男子!貫禄出過ぎるんだよ(笑)
中身はとってもジェントルなんだけどね。

呉服屋さんだけでなく、ものつくり現場のかた、小物作成のお店、悉皆さん、履物、着物の下に着る肌着、
ここに来ればとりあえず着物に関係しているものは、全部見られると思う。
そして、どこのお店のかたたちもとても親切で、いろんなこと教えてくれます。
こちらが尋ねたこと以上に詳しく、熱く、語ってくれます。

なにより素敵なのは、参加してくださってるお店のみなさんは、全員が全員、
ご自分たちがこのカーニバルを楽しんでる!
わたしたちお客様は、その楽しいみなさんから楽しさを分けてもらって、
そして、一緒にいる人たちとそれを共有できる。
その時間がとてもいとおしいなぁと思いました。

欲しいものはキリがない、といえばないんだけど、
あえて新しいものを買わなくても、着物好きな人と知り合って、世界が広がって、
そして、こんなイベントに行って、ちょと小物を買い足したり、
アドバイスをもらって今まで自分のしなかったコーディネートを楽しんだり。
洋服ではこういう楽しみは、わたしはなかったんだよね・・・。

チラシ たまねぎを探せ(笑)

カーニバルちらし

そして、楽しかったのがよくわかる、夜の宴会でのたまねぎ
公式宴会です。早くに定員に達してしまった、プラチナチケット(笑)

カーニバル宴会

カーニバル→宴会と時間も長いのと、季節的にもう限界が近いので、
デニム着物で行きました。
いやー、デニムいいわ。らくちんだし汚れを気にしなくていいし。
まさにふだん着物の王様です。
(女王様は綿薩摩だと思う・・・)




FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR