花火報告

きのう、みりょんちゃんの日記がアップされました。

取り急ぎ、みなさんに報告します。

-------------------------------
201108271900

キレイで今まで私が観たどの花火よりも愛おしい花火が打ち上げられました。


南相馬市原町区萱浜で
震災で亡くなられた方、未だ行方不明の方138名(萱浜・雫地区のみ)の霊を慰める為に
138+α発の花火を打ち上げました。

1830 より集まり1人1人死亡・行方不明者の名前を読み上げました

自分の家族、仲間の名前を読み上げられると
会えない寂しさがつのって泣き出す方もいらっしゃいました

消防団員さんの中にも3名の方が
大切な家族を亡くされているので私もお名前が読み上げられたとき
我慢していたのですが泣いてしまいました

彼らの背中が震えていて寂しさが感じ取れてとても切なかったです。

読み上げの後は 1900からスムーズに打ち上げられました

一発一発思いを込めて花火師さんが作ってくださって
とても近くでみることができてとても大きくてキレイで尊い花火になりました

私は肉眼でみたいので画像に収めることはしませんでした
一つ一つが大切な花火ですから心のHDDに収めました

でもあまりにもキレイで重みのある花火だったので涙が止まりませんでした

花火のあとは来てくださった方のために食事を用意しました

たこ焼き、お好み焼き、焼きそば、スーパーボール、ビール、ポップコーン
私が炊き出しで今までお世話になっている方からはぶどう、アメリカンチェリー、プチトマト
私達はお稲荷さん、豚汁、チヂミ
を提供しました。

生まれ育った土地で家族を思いながら花火を観て一緒に食事をすることで
少しでも心が晴れてくれたら私達は嬉しいです

思い出にしてしまうのはまだ難しいですけど
笑顔で思い出話を出来る日が来るのを祈っています


今回のこの花火を通して私は人との絆の大切さを教わりました。
そして後にも先にもこの花火が一番キレイな花火だと思いました。


全国の、私の顔も知らない方からのご支援や温かい言葉をいただけて本当に感謝しております

そして何より花火が実現できて本当に嬉しかったです。

お礼を言っても言っても足りませんが
本当にありがとうございました!!

後日画像とともに集計報告をさせていただきます

まずは取り急ぎお礼と報告をさせていただきました。


本当にみなさんありがとうございました(>.<)



------------------------
わたしからもみなさんにお礼を。ありがとうございました。

でも、まだまだなにも終わっていない。
わたしたちのたたかいはずうっと続くのです。
スポンサーサイト

チェルノブイリ・ハート

映画をみてきた。

チェルノブイリ・ハート

チェルノブイリのあるベラルーシ共和国では、健常児の生まれる確率が15~20%だという。
最初それを読んだとき、逆か、と思ったが、(それでもとてつもない高確率だけど)
そうじゃなかった。
85%のこどもが何らかの障害を持って生まれる。
遺伝子損傷は、自世代だけでは終わらないということだ。

映像は、現地の病院や孤児院、そして生まれ育った土地を捨てざるを得なかった青年の姿を
淡々と送り続ける。
そこにはプロパガンダもない。
事実だけが語り続ける。

唯一のメッセージがあるとしたら。
同時上映のホワイト・ホースであれ以降初めて自分の家を訪れた青年の一言。
「俺の運命はこれじゃない」

あふれてくる涙を止めることができなかった。




これから全国の主要都市での上映があるようです。
札幌・青森・つがる・八戸・盛岡・仙台・山形・鶴岡・福島・いわき
横浜・川崎・高崎・長野・佐久・静岡・沼津・名古屋
大阪・京都・神戸・岡山・長崎・那覇

東京はすでに今日から上映で、銀座・渋谷・立川です。


この先、生きていくために、わたしはこれをみることを選択しました。




花火をあげよう

南相馬ベビー募金の際には、多くのかたにご賛同いただきありがとうございました。
ベイビちゃんたちは、9月10月に生まれるそうで、まだちょっと先。
安心して生まれてこられるように、みりょんちゃんがいろいろ手配してくれてるようです。

そして、今日はまたお願いだったりしてちょっと恐縮なんですが、
でも、これはぜひ実現したい願いです。
また、みりょんちゃんの日記を転載しますね。

---------------------------------------------------

今回は本当に本当にお願いがあって記事をあげさせていただきます。


20110311からずっと時が止まりながらも彼らは活動をやめることはありませんでした、
いや今もやめていません。

あの日から、5ヶ月になろうとしています、
彼らは少しずつ前をむき生活を取り戻そうとし始めました、
きっと被災かれた方もそうだろうと思います。

彼らは萱浜(かいはま)、雫(しどけ)の消防団。

普段はそれぞれに活動をしていますが
隣同士、助け合って今まで何人もの遺体を見つけてきました。

リーダーのUさんは6人家族
以前もお話させていただきましたが
ご自身のご両親、2人のかわいい子供さんを津波で亡くされました

お父さんと3歳の息子さんは未だにみつからず

毎朝隣の区にある仮設住宅から自宅に通って夕方まで
捜索と自分の地区をキレイにしている。

側溝掃除や今まで生えていないところにまで及ぶ雑草除去作業、、、

非常に大変です。
雑草と簡単に言ってしまいますが
長くても大人の膝丈くらいでも伸びたな~なんていいますが

震災後作ることのできない田んぼや津波で破壊してしまった基礎だけのお宅にも
生えて伸びた草は170cm超える男性さえも隠してしまう程です

どこから手をつけたらいいかわからないくらいです。
彼は、自分の家は後回しにして周辺のお宅の雑草除去を毎日丁寧に行っています

熱中症になってもおかしくありませんが強い精神力と支援者の皆様からの
度重なる支援物資で支えられていると思われます。


ある日のことでした、
萱浜、雫地区の犠牲者の為に花火をあげたいと言いました。
慰霊の意味もあり子供たちも大好きだった花火だから見せてあげたいのだそうです。

お祭りなどという気分にはまだまだなれないかもしれないけど
元気だよって知らせてあげるのも生きている人の使命なのかなって私は思う気がします。


その為に私達が準備するのは

花火138人138発。(死者、行方不明者含む人数分)

1発5000円であげることができます

138発をあげるためには私個人の力では到底無理です

皆様のお力がないとあげることができません

1口5000円として花火資金を集めさせてはいただけませんでしょうか?

5ヶ月間頑張ってきた彼がはじめて自分からお願いしたい事を言いました
彼と同じく5ヶ月間頑張ってきた団員さん達の中にも大切な家族を亡くされた方がいらっしゃいます
彼らも同じ気持ちでした

花火あげたいって言いました。

花火で彼らや地区の方々をつかの間でも笑顔にしてあげることができたら、、、


南相馬市を愛する方、復興へのお手伝いをしてください。

花火資金にご協力いただける方はメッセージでご連絡くださいますよう
よろしくお願いいたします(。-人-。)


-----------------------------------------------------------------

花火。
南相馬の夜空に大きい花を咲かせたい。
前回お力添えをいただいたかたは、その情報のままでOKです。
今回新たに、というかたは、たまねぎまでメールをください。
直メールをご存知の方はそちらへ。
そうでない方は、ここやmixiのメッセージでお知らせいただければ。
(少し反応が鈍いですが、最低でも週に2回はチェックしています。)







お盆の夏。日本人の心には多かれ少なかれ、亡き御霊へのおもいが去来する時期です。
迷わずに家族のもとへかえってこられるように迎え火を炊き、
ふたたび天に戻るときには送り火の煙にのってゆっくりとかえり。
花火もそんなおもいをかたちにしたものなのかもしれません。

私にもそんなひとがいます。
災害でうしなわれたいのち。
事故であえなくなったいのち。
病でたたれてしまったいのち。
私のたいせつな御霊さまにも花火を届けてもいいですか。

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR