5/21 薬草と染料

きもの師・きもの誂え師の勉強会は久しぶりです。

今回のテーマは、きものと薬草について。

純庵先生が持参したのは、大量の漢方薬。(笑)
いや、まじめな話、キハダとかカミツレ(カモミール)とかターメリック(うこん)とか、
ちょいと興味のある人だったら、ああ、それ漢方だよね~とすぐに出てくるものばかり。
それらはすべて、染料として使われていたのでした。

実際に染めたものをまとめた本を見せていただきましたが、
どれも自然な優しい色をしていました。
媒染にはアルミや銅、鉄を用いるそうで、
そういえばこないだ結城で染めたときも、茜にはアルミ、藍には鉄を媒染に使ってました。
鉄を使うと重く暗い色合いが定着し、アルミだと軽快な色合いになるようです。

これらの染料にも薬草にもなる草たちは、
実はどこの里山でもお目にかかれたものなのだそうです。
里山が失われてしまった今、なかなか実物を拝むことは難しいでしょうが、
それでも多摩の裏山にはまだみつかりそうな気がします。
しばらく暑いからかんべんだけど、
いい陽気になったら薬草探しの散歩でもしてみたいです。


今回は急な設定だったため、こぢんまりとした講座になりましたが、
もう何度もお目にかかったり、コミュでお話しした方だったりしたので、
とても居心地のよい時間となりました。

きものを通して知己が増えていくのもまた楽しいものです。

次回の講座はいつかなあ。
スポンサーサイト

草木染の浴衣地

先月末、結城で染めてきた浴衣地が届きました。


草木染浴衣地




おおおおお。
我ながらいい出来じゃ。


地の色は矢車、麻の葉は茜、中心は藍をさしてみました。
茜、ちょいとためらいがありましたが、やはり自然の色ですから、
そんなにきつい赤ではなく、とてもやわらかでしたから、
思い切ってチャレンジしました。

さっそくお仕立てに出しました。
(1週間うちで寝かせておいたけど(笑))

5/15 キモノでジャック in お台場

えーと、たまねぎはお台場というところに上陸するのは初めてです。
いや、ほんとは20数年前に上陸したことがありますが、その頃は今みたいな商業施設はなく、
ほんと、ただの台場だったんですよ。
なので、初めてと言っていいと思います。

今回のキモノでジャックは、ゆりかもめとお台場をジャックする~

今まではひとり参加で、現地にてお知り合いを探すの巻でしたが、
ついについについに、ツレができたのだ、ジャックに。
大学の同級生、あっこちゃんをまきこむことに成功しました。
あ。
あっこちゃんの写真アップ許可をとっていないので、本記事では却下します。
おかあさまが誂えてくださったという春らしい紬の着物で参加でした。



てなわけで、ゆりかもめはちょっとはぐれて皆さんから離れて乗車しましたが、
お台場ではうろうろうろうろと楽しみました。

お天気もよかったし、皆さんの着物の色がほんとに映えて、きれいでしたよ。

お台場1
お台場2

今回は、ちょっと人数も少なめで、そして、今まででいちばんカラフルなかんじだったかな。
きっと季節的なものもあると思います。
さすがにこの時期、袷ではかなりきついだろうし。
あ、でもあっこちゃん、袷の紬だったね。


そして、わたしはこんなかんじ。

わたくし


着物は前々から狙っててとうとう手にいれてしまった綿薩摩。
もう着心地いいのなんのって。
帯は、きの和装学苑の特製(笑)半幅。
前日におそわった結び方ででかけました。ふくら小雀だったっけ。もう忘れてる。
日傘があって、ほんとによかった。


帰り際には、お台場のシンボルを撮るのも忘れずに(笑)。

某フジテレビ

5/21 和もーどで特訓

来月のけいこ総見みたいなもん(講師合同研修という名前がついてる)にむけて、
手がなまらないようにほぼ毎週おけいこにかよってます。

というわけで、本日の結び方は松葉太鼓(だっけ?すぐ忘れる)

松葉太鼓

たれがななめになってたり、手先が羽根になってたり、
まあ複雑怪奇でございますが、結びあがりはかわいい。
ちなみに帯は学苑のポリ帯です。
気兼ねなくぐしゃぐしゃと畳んだりしわ寄せたりできるので、
けいこに身が入ります(笑)。
柄もなかなかおしゃれっぽくてよろしい。


そして、けいこの後はお楽しみタイムです。
和もーどには京都から援軍の部長(女性よん)がいらしてまして、
京のおばんざいを楽しむお昼タイムを企画してくれました。

部長手作りのおばんざいもあれば、錦からのお取り寄せもあり、
もうくいしんぼうたまねぎは、けいこ中からよだれじゅるじゅる。
(だって、におうんだもん)

おばんざい

もうおなかいっぱいいただきました。
おばんざい、いいね~。
健康的だし、からだにやさしいし。
野菜をたんと食べなくてはね。

とはいうものの、もはや東日本の野菜は危険水域だしなぁ。



トリオリベルタ in KAMOME

大好きなトリオリベルタ。
先月、10周年記念コンサートに行ったばかりだけど、
やっぱりちいさいとこでのライブにかなうものなし、ってんで
娘と行ってきました。

横浜の関内にあるちいさなライブスポットです。

KAMOME live matters

たぶん60人くらいしか入れないお店です。
今回もかなり高倍率の抽選だったようですが、
今までここのライブ申し込んでハズレたことはないわたし。
…実はかなり運がいいのかもしれないと、昨日初めて知りました(笑)。

こちらは食べ物もかなりおいしくて、
あたりまえですが演奏者の写真なんか撮れはしないので、
昨晩は食べ物を撮影してきました。


KAMOME-サングリア

おいしいサングリア。2月にスペイン行ってきた娘は、本場には及ばんというけれど、
わたしはじゅうぶん楽しめます。


KAMOME-キッシュ

ベーコンとオニオンのキッシュ。
以前あったほうれんそうと鮭のキッシュは絶品でした。
これはそれのライトバージョン。もちろんたいへん美味です。

KAMOME-ソーセージ


さらにソーセージの盛り合わせ。
二人でぱくぱく食べちゃいました。


ほかにもサラダとパスタ食べてるので、なかなか豪勢な晩飯。



開場18時で開演19時。この1時間でおなかを満たしながら待つわけです。
先月は大きいホールでしたが、ここは最後列でも息遣いまではっきり聞こえるし、
もちろん表情もはっきり見えるので、ほんとに臨場感たっぷりです。

いつものように前半は、耳になじみ深い映画音楽やジャズ系の曲。
ただ、いつもいつも同じではなく、少しずつアレンジを変えて、
リベルタはいつも進化しています。
あいかわらず冴え冴えとしているバイオリン、
エロい音色のサックス、
繊細で大胆なピアノ。

休憩をはさんで後半は、ピアソラ中心のタンゴ特集。
やはり新しいものを投入してきました。
ほんとにかっこいい音楽さがすの、うまいんだよなぁ。この人たち。
そして、するっと自分のものにしちゃう。
だから目が離せないんです。

終演はすでに22時近く。
いつも大サービスしてくれちゃうので、コンサートホールよりも曲数もおしゃべりも多いです。
ほんとうにKAMOMEライブは贅沢な時間です。


おなかもこころもいっぱいに満たされた夜でした。




連休前半のイベントその3

えー、うちの坊主は新宿にあるうなぎ屋さんでアルバイトをしています。

吉田屋

昔からあるお店なので、なんとわたしの記憶にもその名は確かに刻まれておりました。
んで、食べてみたいなぁと思い、いつも気学を一緒に学んでる仲間とお出かけしてみました。
あ、ついでにあっこちゃんのだんなさんも。
女3男1の、ちょっと妙な組み合わせです。

そして、女子はそろって写真の「吉田屋御膳」を。
だんなさんは定番のうな重を。


吉田屋55%吉田屋御膳


蒲焼をメインに、おいしいものが少しずつそろっている、女子にはたまらんメニューです。
うなぎのタレはうまいし、温泉卵は絶妙のとろとろ感だし、
おさしみもぷりっとおいしく、煮物の小鉢もとても上品なお味。
大満足。

というわけで、次回はディナータイムに突撃してみたいと思います。

同行者募集中。(ついでにおサイフになってくれたらうれしいなぁ)

連休前半のイベントその2

4/30に、朝5時起きで茨城県は結城に行ってまいりました。
目的はこれ↓
総絞り浴衣草木染体験
(携帯の方ごめんなさい。見えないと思う・・・)

前々からこの体験の存在は知っていて、いつか行きたいなぁと思っていました。
昨秋奥順さんにおじゃましたときにエントリーカードを書いてきたら、
ときどき素敵なご案内の郵便が届くようになり、今回もブログに掲載されるのとほぼ同時に
メール便が届きました。
これは結城に来いということだな、にんまり・・・・。
というわけで、参加しました。

技法が公開できないということで、体験中の写真はないのです。
ですが、完成品の公開はかまわないそうなので、反物が届いたらぜひ続編を書きたいと思います。

浴衣なので、木綿の反物を丁寧に折りたたみ、
草木染の染料で染め上げる、
工程を書いてしまうとそれだけなんですが、
世界にたったひとつの自分だけのものが仕上がっていく充実感は
たとえようもない濃密な時間です。
作業場の関係で、1日に6人しか参加できません。
とはいうものの、人気の色柄がありますから同じようなパターンになる人もいます。
それでも、やはりひとりひとりのものはパッと見分けがつきます。
個性が出るんですね。
そういうのを見ているのもとても楽しいです。


地の色:矢車(やしゃ、と読みます。現地行くまでずうっと「やぐるま」だと思ってた)
線の色:茜と藍の組み合わせ


ささ、みなさんどんなのができあがるか、お楽しみでござるよ。

う~む、わたしこれを着ていいんだろうか。ちょっと悩む(笑)

連休前半のイベントその1




4/29は、地域NPOのボランティアで、うどん屋のおかみさんをやってました(笑)。

このNPOは、「こどもげきじょう」です。よく親子で演じると思われるんですが、
実は正反対で、プロの舞台を鑑賞するための団体です。
もちろん、すべてが超一流というわけにはいきませんが、かなり質の高い舞台を見ています。
演劇だけでなく、音楽やバレエ、ミュージカルなどもあり、
子どもらが幼いころからずうっとお世話になってきました。

最近、子どもが高校生以上になってからは、
子ども自身が団体内の同世代とかかわる場としての性格が強くなり、
観劇などの機会はがっくり落ち込んでいます。
しかし、いままでお世話になったことや、これからの地域での自分の生き方を考えると、
ここと縁が切れることは望まないので、
こんなかたちで労働力提供などを(笑)。

市の管理する公園の一角で、会員向けの春の祭典つうことで、
ぶっかけうどん屋さんです。
冷凍うどんをゆがいて、めんつゆと薬味をぶっかけるだけですが、
太陽にじりじりと焼かれた体にはこんなたべものが意外に優しいです。
なかなか売れ行きも好調でした。

たぶん来年もまたうどんばばあをやると思います。
ええ、もちろん着物に割烹着ざますよ。


うどん
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR