看板が来た!

別件で立川に行きましたので、かねてから提出せよ、といわれていたものを持って
和もーどさんをお訪ねしました。
提出物とは・・・。

着物姿の証明写真(笑)

そうです、例の前結び講師の申請に必要なんですわ。
たぶん講師資格証明書かなんかに顔写真がいるんでしょうね。
無職だったから、履歴書用の証明写真ならちゃんとCD-ROM化してもらってたけど、
さすがに着物では撮らないよぉ。

てんで、しかたなく着物着て撮ったんですが、なかなか届けることができなくて。


和もーどさんは早くも年末モードに入っていて、総出でたな卸ししてました。
そこへ写真持ってふらふらふら~と行きましたら、
マネージャーがうれしそうにでっかいものを持ってきてくださいました。

あああああああああ
アタシの名前が入ってる、講師の看板だぁぁぁぁ。

そうなんです、きの和装学苑で講師資格取ると、高さ1メートル以上の竹製看板が
作っていただけるんです。

今日はお稽古もなく、ご指導くださった先生もいらしてなかったので、
看板を持ち帰ることはやめました。
やっぱり先生から手渡ししていただきたいですもの。

マネージャーは、自宅の玄関に飾りなよって言うんですけど・・・。
うち、どんづまりの5階の団地だし(笑)、
看板雨ざらし(なぜか団地の階段なのに雨とか雪とか降り込む)にするのは忍びないので、
どうすべよ・・・。


まあ、たぶん着付け講師になるとしてもずっと先になりそうですが、
これはこれでとってもうれしいです。
まだ写真もなにもありませんが、速報てことで、ご報告しました。

あんな暗い記事がいちばん上じゃ、お目汚しですからね。
スポンサーサイト

新しい職場に関する覚書2(超長文)

契約に関する事柄はとても大事です。

今回、11月の22日から開始で12月末日までという短期契約になりました。
一応延長含みではあるけれど、確定ではない、と面談時にも言われていましたので、
11月末日までに当月の締め書類を送付した際に、
契約している会社には、今後の見通しをなるべく早く回答くれ、と伝えました。
その週は残り3日もあったので、週末までに、とね。

このように短い場合はどうか知らないけど、通常3ヶ月の自動更新な契約でも、
一応契約終期日から1ヶ月前には、次がどうなるかの通知があるのが普通です。
ですので、こちらとしては一応譲歩したつもりです。
しかしながら、はっきりした回答がないまま週があけました。
いくら打診しても、見通し、とか、見込み、とかなんで、
いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいいら。

そこへ、別のルートからアタシをご指名での案件打診が来ました。
(以前すでにお会いしているので、だいたいどんなヤツか知ってるからそういう話もくる)
当然、契約会社に対し、並行営業をかける旨通告しました。
するとこの期に及んで、正式回答を20日まで待ってくれというのです。

あのね。12月って最終週はほとんど動かないじゃないですか。(笑)
てことは、20日まで待って契約継続にならなかったら、確実に1月はぷーですよね。
そういうところを理解しないってどういうことなんだろう。

この時点で、もう断ればよかったんだよね。失敗した。

まあ結果的に、別ルートのほうも、営業・エンドユーザーとも動きが悪くて
ちっとも日程が決まらないまま時間だけが過ぎていき・・・。

結局16日に、予定より早く契約を継続する旨の連絡が来ました。
ご指名のほうは残念ですが断らざるを得ず。
(なぜなら、アタシ自身が、先に回答来たほうと契約するって言っちゃったから(笑))


弱い立場ではあるけど、なめんなよ、というつもりで今回は交渉をしました。
結果、この疑問だらけの現場・・・。
いや、現場にはあまり疑問はないな。
お客さんも悪いヒトではないし、環境もなかなかよろしいし、
疑問があるのは、元請けと二次請け(アタシが直で契約している会社)に対してだな。
非常にいいかげんで、かつ、契約をまったくきちんと扱うことのできない会社だと
アタシは判断しました。
次回は3月末までの契約になっているはず(まだ契約書をみていない)ですので、
もうこのまま終了してもいいかな、と思っています。


契約にあたっては、紹介してくれたエージェント2社を商流からはずす、とか、
契約書の写しを渡す約束になっているのがいまだに届いていない、とか、
とにかく、どうしようもないぐだぐだな状態です。
こんないいかげんなところと組むのは初めてなので、正直混乱しています。
また、人物としても、いろんな意味で疑念の生じる発言のある方もいらしたので、
とてもとてもとてもとても社会勉強になりました。

アタシは、こういうヒトにならないようにしよう、と。


余談ですが。
アタシの親しい人に、業界は違いますが、人材紹介のお仕事をしている人がいます。
彼と今回のこともいろいろ話しました。
まず業界が違うので、何社も絡むということがなかなか理解してもらえなかったのですが、
状況をきちんと説明して理解してもらったあとの一言は、
「信用して大丈夫なのか?」
でした。
たぶん今のアタシの気持ちもおんなじです。


契約および現場のことをここに書くことは二度とないと思います。
もともとそういうことをここには持ち込まないつもりでした。
ですが、あまりにも気持ちの整理がつかないので、
とりあえず書いてすっきりしたかったんです。
アタシにとっては、「書く」という行為がなによりも自分の癒しにつながるようなので。

職業間違えてんのかなぁ。


新しい職場に関する覚書1(超長文)

半年の失業を経て、先月の半ば過ぎから新しい現場に仕事しに行ってます。
で、とりあえず1ヶ月たったので、備忘録的に総括しておこうと思います。

長いので、携帯の方はスルーしてください。


とあるエージェントを通じて面接の話が入ってきたのが9日。
翌日の午後面接だと言われたのであるが、
その日は実は午後から前結び着付の修了試験だったのを午前と勘違いして
了承した旨お返事してしまいました。(笑)
しかし、その時点で時間と場所が確定しておらず、不安なまま翌日・・。

着付け教室で時間間違えたものの試験してもらって、早めに終了し、
とりあえず15時の東急田園都市線沿線へ向けて移動開始するも、
中央線の車中でいきなり「本日キャンセル」の電話あり。
翌日11日の15時で仕切り直しということで。

このドタキャン時点で考えなおせばよかったんだが・・・。

さて、翌11日。
午前中に日本和装の展示会へ。会場に入る直前にまたもや電話。
15時を13時半に前倒し・・・。え。それじゃ会場に最後までいられないじゃん・・。
ま、お仕事欲しい身ですから、我慢しますが・・・。

そしてまあなんとか面接終わって。

翌12日の金曜日はなんにも連絡がないので、こりゃまただめだったんね~と
何事もなかったかのように週末を過ごしまして。

週があけて15日。
昼すぎだったか、決まったという電話とともに、
「明日から来られない?」
は?いくら無職とはいえ、それはあまりにも無茶な(笑)。
そこは丁重にお断りしてあさってからにしてもらいましたら、
先方の都合でやっぱり木曜日の午後でいいと。
しかし、正式契約は翌週からで、木曜と金曜は無給だというのです。

ここでもういちど考え直せばよかったんだが・・・。

まあとりあえず、無給でもいいよってんで木曜日に行きました。
今回は、個人事業主で社保加入は一切なし。
で行ってみたら、入館証がまだできてなくてゲスト扱いで入ったんだが、
ここの構造は、入館証がないとトイレにも行けないつくりでした。
午後いっぱいなので、どうにか我慢(笑)はしましたが、
もし翌日も証なしで朝からだったら、どうしようかとびびりまくり・・・。
結局、午後からでいいよ、となったんですが。
トイレ遠慮してたの察してくれたんでしょうかね。(笑)

そして、与えられた仕事の内容詳細は、面談で聞いたのとちょっと違う。
いや、だいぶ違う。
まあ、下僕として働くのはわかってるんだが、それにしてもかなり違う。

アタシはオープン系のヒトじゃないよ。
汎用系のヒトだよ。
そう言っちゃいました。

まあこの問題は翌日の会話で解消されたんですが。
ここからはソフト屋さんのお話です。
アタシの感覚では、「オープン系」というのはVC++とかJavaとかPHPとか
そういうのを使った開発だと思っています。
ところが、ここでのオープン系は、VBAのことだったのね。
アタシは、エクセルやアクセスの裏で組んでるVBAは、オープン系じゃなくて、
むしろエクセルとアクセスの付属品としか考えていなかったので、
このギャップにたいへん驚きました。

ま、そんなわけで、ショッパナから問題山積みなかんじで始まったわけです。

うだうだと続く。










本日の着物

今日は、日本和装初中級コースの第6回目。
お題は『おしゃれ衿入門』

てことで、手持ちの半衿を何枚か持って行きました。





他には、セミナーで白半衿に型染めをした方や、
今日のために半衿を初めて購入した方がいらっしゃいました。


私は結構遊び着物なので、
半衿には早くから手を出したほうかも。



着物は、冬よく登場させてるカラフル紬に
帯は、お稽古から持ち帰った袋帯。




寒いのでベルベットのコートを着ていきました。


クリスマスバスby京王


今年も京王バスはやってます

小学生以下ならお菓子ももらえます(笑)
欲しい…
整体行ってきたら腹減った



マイミクさん迎撃

大好きな力丸たんが伊勢から上京してきましたので、
都心に繰り出しました。

迎撃隊長はLYUTA。さん、隊員は178Rさんとあたし。
ええと、あたしたちはmixi内の「着物★キマリゴト撲滅委員会」なるコミュの
メンバーだったりします。
ま、ようするにシキタリと関係ないところで着物を楽しんでしまえってヒトたちですね。

広尾に行くのって、もしや大昔に有栖川公園(正式名称はもっと長い)に行って以来か。
通過は結構したんだけどね。
そして、位置とってみたら港区だったりして、おお~、都会(笑)。

セガフレードで赤を一杯やっつけてから、
178Rさんとお別れして、隊長おすすめの焼き鳥「ことぶき」へ。
こちらは、広尾というイメージをがらがらと打ち崩す、
とっても庶民的大衆的な焼き鳥屋さんです。
ふだんあまり肉食をしないたまねぎですが、
焼き鳥どう、と聞かれてイヤといわなかったのは、
カラダがニクを欲していたのか、それともおいしさを予感していたのか、
いずれか定かではないのですが、喜んでお供つかまつりました。

諸事情(笑)により、おうちであまりレバーを食べられないので、
まずはレバーをたれで焼いてもらいました。
すげーうまー。とろとろー。満足ー。
これと椎茸串と厚揚げとホッピーで腹一杯になっちゃいました。
やっぱ炭酸は腹膨らむな。

隊長が奥方様のご帰宅に合わせて退場したあと、
力丸たんと二人であれやこれやと四方山話。
結構世代は離れておるのですが、
(だって、もし早くにこども生んでたら、力丸たんくらいの子がいてもおかしくない)
なんだかこの女性がわたしは大好き。
キャッチボールでたとえるなら、
お互いに投げる球の質がおんなじくらいなんじゃないかと思います。
そやで、気をつかわんでも一緒にいて楽しいのです。

ほろほろとアルコールの余韻を楽しみながら、
彼女の泊まるホテル最寄駅にてお別れ。
そのあとの電車の中で、ハナシやらレバーの味やらを反芻しながら、
シアワセな気持ちで帰宅いたしました。

あっ、レバーの味を反芻したのは、もちろん記憶の世界よ!

あやしい人物

あたしのことです(笑)

帰り道に音楽聞いていたら、涙が出た
何度も聞いたことのある歌なのに

心の隙間をすうっと流れて、ふさいでいく


少し折れかけていたかもしれない、あたし


もう大丈夫

個紋学入門編

昨日は、立川の和もーどに洋服を着ていきました。
そ、着付け教室でなく、和の塾でもなく、
「開運!個紋学」というお勉強会に行ってきたのです。

実際には気学ではないのですが、気学の要素も取り入れているので、
このカテゴリにつっこんでみました。

講師はサクラ先生。
サクラ先生はなぞの魔女です。
生活習慣病予防士でありながら、カラーコーディネーターでもあるし、
はたまた今回のような人間関係に関する知識も豊富だし。
あたしもこんなんなりたいんですが。


で、個紋学。
みなさん結構おなじみの動物占いもこれと同じ統計分類学を利用したものです。
あれは12分類だけど、それをさらにまとめると3つに分類できます。
その3つの分類は、もうそれはそれはヒトの本質があまりに違うというもので、
分類が違ったら、別の国のヒトくらい、言葉が通じないんですって。(笑)

自分だけでなく家族のぶんを調べてみたらば、うち、あたしだけ違う国で、
残りの3人が同一国でした。
どうりで仲間はずれなわけだ。

そんなんわかると、ひとづきあいをあきらめから始めることができていいですよ(笑)。



わたしは、実は職場ではこういうの絶対調べないです。
仕事するメンバーを選べるわけじゃないですから。
そして、それによって人に対する処遇を変えることもできないしね。
たぶん初めから、違う国の人だと思って接してるような気がする・・・。
それはそれで正解だろうなぁ。
誰とも仲良くならないのがモットーだし。

(だって、仲良くなったの、そこを去る直前だもんね、さくちゃん(笑)
だから反論しちゃダメよ)

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR