私のあんよ

今日、専門医に診てもらいました。



リンパ浮腫であると思われる…

対症療法しかなく、

それは患部圧迫により、

溜まったリンパ液を強制的に

戻してやること



従って、しばらくこんな姿で暮らすことになりました

(;>_<;)ビェェン




スポンサーサイト

敏腕セールスマン

この記事はPC対応です。

ケータイからお読みのかたはごめんなさい。



ああ、タイトル?アタシのことではありません。

そんなサイトがあるんですよ。





ハニホーの敏腕セールスマン





で、やってみた結果がこれ。





アタシを売り込む能書き





ふううううん。あっそうなの、てなかんじです。(笑)



りあるたまねぎを知ってる人は、おおいに笑ってください。


とまと大福

和の塾にはお茶菓子がついてます。



昨日のお茶請けは「とまと大福」



え?いちごじゃなくてとまと?







こんなんです。大きさはいちご大福とおなじくらいだから、

中身はミニトマトと予想がつきますね。



京都のなんちゃらいう有名な和菓子屋さんの、期間限定品だそうです。

(名前忘れました。てか、メモすらしとらん)



割るとこんなかんじ。









お味は、トマトの酸味がとても心地よく、それでいて甘さ控えめのあんこが

お口の中にひろがり、

まさに夏のお菓子、というかんじでした。

好きです、これ。





お茶は、純庵先生おすすめの「桑茶」

あっさりしていて渋みがないので、どなたでもおいしくいただけますね。

お蚕さんになった気分(笑)。




前で結んでぐるりと後ろへ。

無職中にモノにしたい、前結びのお教室。

7回目が終了して、こんなのができるようになりました。

ってか、ほとんど先生の口述どおりに手を動かしてるから、

ひとりでできるかどうかが問題ですが・・・。









「開き角出し」という結び方です。



ちょっと羽根を下に下げて、地味に見えるようにアレンジしてもらってますが、

実際にはもっとゴージャスです(笑)

というのも、これは、振袖用の結び方でござんすから、

若いお嬢さん向きなんですね~。



アタシらは、ふつうの角だしでええねん。



それも教わったが、はて、ひとりでできるか。

復習しとかにゃ。



うむ、写真を見てわかる。

前結びの難点は、まわしたあと、背中に斜めにしわがはいりやすいんやな・・・。





このあと、和の塾でもりだくさんの講座。

 1. ちーちゃん先生の「5歳若く見える色選び」

 2. 手仕事屋 暁さんの「自分で結う日本髪」

 3. 純庵先生の「棉と綿のお話」



どれもこれもとても楽しく面白く、んで、タメになることばかり。

参加者のみなさんとお話もできて、一気にマイミクさんが増えました。

(最近ブログを直接お教えしないで、mixiで増殖させてます・・)



着物経由で世界がひろがる。






スキン変更しました

携帯・PCとも、ずうっと同じスキン。



携帯にいたってはたぶん4年くらい同じかと(笑)。



さすがに変えようかなって思って探しにいったら、

おもろいのがあったので。

季節感のあるものは、楽しいですよね。



携帯のLISMOくん、長いあいだありがとう。




医療難民?その後

ご心配をおかけしております。



昨日、かかりつけの先生にご相談してきました。

最初に紹介状を書いてもらった病院は、心臓血管外科のみの病院なので、

とにかくそれを見て欲しいひとが殺到するところ。

したがって、トリアージでいくと、

おそらく優先度の低いほうになってしまう確率が高いような気がします。



診察前に、自宅でいろいろ調べてから行きました。

で、自分としてはある大学病院に行ってみたい、と希望をしました。

そこは、最初の段階で先生のおすすめの中に入っていたところです。

下肢血管系の症例をたくさん扱っている病院なので、

こちらをお願いします、と伝えたところ、

「うん、こんなに待つんじゃね。それがいいよ、こっちなら今月中に

診てもらえると思うよ」

とおっしゃいました。



そんなわけで、とれた予約が7月26日。

やはり1ヶ月前倒しになりました。もう2週間ないし。

早くすっきりできるといいなぁ。



というわけです。





6月中旬の、むくみ発生当初にくらべると、むくみの度合いはだいぶひいてきてます。

漢方薬を飲み始めて10日以上経過しているので、

その効果も出てきたかもしれません。

また、むくみに効くらしいハーブティーを分けてくださった方がいらして、

これが効果なくても、わたしのくちに合うお味だったので、

だいたい2日で1リットルくらい飲んでいます。

そんなのもきいてるかも。



でも、まだふつうの靴履けないんだよぉ。

カジュアルなサンダルか、ゆったりなおばちゃんウォーキングシューズで

面接に行ってるおおばかもんです。










いきつけの本屋さんて素敵

着物系の老舗雑誌(美しいキモノとかきものサロンとか)は

持って帰るのも読むときも重くてしんどいので、

あ、あと、立ち読みも重すぎて無理なので、いつも表紙だけ見てます。



そんな老舗の「美しいキモノ」を作っているアシェット婦人画報社

社名にもなっている看板雑誌の婦人画報8月号に、

やはり京友禅老舗の岡重の生地で作られた扇子と扇子袋が

特別付録としてついているという情報。



見たときにすぐに発売日を調べておけばいいのに、

ちょっとほったらかしにしておいたら、

もはやすでに品薄という情報。



うぇぇぇぇぇん、と泣きながら、うちから見える商店街の本屋さんに駆け込み、

「もうないですよね、うぇぇぇぇぇん」

とあきらめて帰宅したのが昨日。



そして、今朝、出かけてしまった後の留守番電話に!

「婦人画報1冊、見つけてきたから取りに来てね~」

立川からの帰りに何軒もまわってやっぱりなかったのに、

ううう~ん、本屋ネットワーク(ってあるのかな)を駆使して

見つけてきてくれた模様。うれしい~。

ああ、感謝感激して受け取ってきました。



それがこれ。









写真へたくそでごめん。

扇子袋は全部で42種類もあるそうです。

扇子は、秘蔵の小梅文様だとか。(この柄で小紋の着物欲しい・・・)



これからの夏のおでかけに活躍してもらいます。






海老わんたん麺

立川に前結びを習いに行き始めて3週間目に突入しました。



午前中に教わってそのまままっすぐ帰ればいいんだが、

ちょっとうろついたりすると、わたしのおなかとアタマはすぐに電池切れ。

今日もちょっと本屋のはしごなどしていたら、あっというまに

バッテリーが危険信号。



そこで。

エキュート立川の改札内イートコーナーで食べてみようと決めました。

立川にお勤めしていた頃、改札内って、電車に乗らないなら定期券で

入っちゃダメって書いてあったので、気になりながらも

一度も食べる機会がなかったのです。



んで。

店名がすごい(笑)「雲呑好」にしました。

わたしのことかい、ってかんじ。(わんたん大好きですから)



ふつうの海老わんたんって、きざんだ海老が肉わんたんに混じってるですが、

ここのわんたんは、海老まるごと入ってる。すげー。









ちょっと感動したので、つい撮影。

しかし、撮るつもりでなかったので急いで撮ったら、やっぱり調整きいてないね。



もっとおいしそうなんですが。



八王子寄りの改札を入って右側(北口方向)にあります。

隣はかにチャーハンの店。これも捨てがたかった(笑)。






そんなもんなのかなぁ~医療難民?~

なかなか解消しないまま、今日でほぼ1ヶ月経過してしまったので、

ここに書いてみようと思います。



からだに異変がでたのは、おそらく6/12の午後だったと思いますが、

その時点ではまったく気づいていませんでした。



翌日6/13。

お出かけしようとして、細身のウォーキングシューズをはこうとしたのですが、

左足が妙にきつくて断念。

ゆったりめのものをチョイスして出かけました。

紐とファスナーが甲についているタイプのものですが、

どういうわけか左足だけ何度も紐がほどける。

まあ、特に痛みもなく無事に帰宅してきました。



晩御飯もすんで、食卓のいすの上にアヒルすわりして、

なにげな~く足をさわったところ、ぱんぱんにむくんでいる!

それも、左足の甲だけ。

若干赤みがかってはいるものの、痛みもなく、

そりゃ指で押すと圧迫痛のある場所はあるけど、

ぺっこらへこんで戻ってこない。

見た目はまるであかちゃんのあんよ。

こりゃおおごとだ。



昨年からかかるようになった近所の病院。

幸いにも担当の先生は循環器が専門のお医者様。

なので、月曜日の朝一番で電話をしていきました。←これが6/14。



その時点ではとくに検査もせず、「特発性浮腫」かも、という診断で、

利尿剤を処方されました。

この薬がいまいちあわなかったのか、それとも悪化する時期だったのか、

週末にいままでないむくみかたと、めまいがひどかったため、

つぎの月曜日にも受診。(ほんとうはもう1週あとに予約がはいっていた)



血液検査の結果、炎症もなく、多少貧血で多少高脂血症なのはいつものこと。

薬をチェンジしてもらってさらに様子見。

特発性浮腫にしては、症状があわない、という話も聞きました。



毎週月曜日に診察してもらって、こまめに薬の量やら種類やらも変えてもらって、

(その点、この先生は非常にまじめかつマメです。信頼できるところです。)

しかしながら、先週。



「うちではこれ以上詳しい検査をしたりできないから、

専門病院を紹介します。」

というお話になりました。

で、多摩地域でその科ではいちばんという評判の病院の予約を

とってもらうことになったのですが、これがなんと、『8月30日』



うっそ~命にかかわる病気だったら、死んじゃうよ







もんもんと悩んで1週間。

むくみの度合いがすこし小さくなったとはいえ、

普通の靴はいっさい履けないことに変わりはない。



ので、今日また行ってきます。

いちばん早く予約のとれる血管外科にまわしてもらうことにします。

失業中になんとかしちゃいたい。





一生あかちゃんのあんよでビーチサンダルはいて暮らすのは無理。


着物ネタもいれとかなくちゃ

7/3土曜日、麹町に出かけました。

目的は。



日本和装きものミドルマスター検定



なるものを受験するためでございます(笑)



もともと4ヶ月無料着付け教室をメインにしていた日本和装ですが、

ここ数年、修了生をとりこむことに非常に力をそそいでまして。

(そりゃそうだ、着られるようになって着物を買いそうな客層を

みすみす野に放つのはもったいない(笑))

ランクアップ教室とか、中級コースとか、いろいろ打ち出してるんですが、

その施策のひとつに「日本和装内お免状制度(わたしが勝手に名づけた)」が

あります。

4ヶ月無料着付け教室を卒業すると、自動的に「基礎マスター」になり、

「ジュニアマスター」「ミドルマスター」「マスター」と

昇進していく制度です。

今回、中級コース修了者には、ペーパーテスト免除でミドルマスターを受ける

資格が与えられましたので、

お教室から6人がチャレンジしました。



盛夏にやるなよな・・・。

だってさ、お稽古事やってるわけじゃないヒトは、格式のあるところに行かないから

盛夏は麻とかポリとかでいいじゃん、って思ってるのよ、わたしは。

汗だくになるたびに何千円もかけてメンテナンスしなきゃならないのは

普段着にはなりませんよね。



で、小千谷縮着ていくつもりだったんですが、

わたしの小千谷はこれこれ(6月21日の日記参照)ですから

やはり先生からNGくらいまして(笑)、

もう少しおだやかなポリでございます。

着物の説明をしなくちゃいけなくて、ポリとはいえないから、

ちょっとあれこれ言い訳をしていたら、

最後に「これは染めか織か」と聞かれて、うっかり迷ってしまいました(笑)

だって、麻織物風の生地に染めてあるからさぁ。



こんなんで落とされるんなら、どうでもいいぜ、ミドルマスター





ってか、利用できるものは利用しつくす、くらいのつもりでいるので、

それなりに勉強できる日本和装です。

いろんなイベントに行ったり、ネットで検索したりしていると、

ビジネスモデルについても学ぶことができたりして、

ここはその格好の教材ともいえます。



いま、人材募集しているみたいなんで、履歴書送ってみよっと(笑)

あ?趣旨が違うか?






立川で豪華昼食





昨日は、立川の和もーどへ出かけました。

まだ前結び講習2回しか受けてないのに、修了証書用の写真を撮りに(笑)

気が早いっちゅうねん。



講習は全部で12回、通常はみなさん週1回ペースらしいですが、

たまねぎは失業中になんとか終わっちまおうと考えてるので、

週に2回入れてます。

着物の着方とかちゃんと覚えないといかんのだが、

大丈夫だろうか・・・。

ちなみにここは、紐とか伊達締めとか使わず、

コーリンベルトみたいなぱっちんのついたゴムベルトを

長襦袢、着物に各2本ずつ使います。

たまねぎみたいに、あばらが浮きかかってる人にはちょいつらい・・・。



で、プロのカメラマンさんにひとりひとり写真を撮っていただいたあとは、

お食事会が設定されていました。

失業中で金欠の身ですから、一瞬悩んでしまったのですが、

中華と聞いたからにはもうおなかがぐう。

予想通り、エビチリもあったし。



(実は、家に痛風持ちがいるために、えび・かに・貝類は食卓に出せない。

ところが、たまねぎの大好物ばっかりなんだよな、これらが・・・。

ストレスのたまる食生活なんですよ(笑))



みなさん着物ということで、円卓とりわけではなく、

御膳弁当ではありましたが、かなりのボリュームで楽しめました。

この写真以外に、スープとデザートがついてました。



内容は着物の話もあるけれど、

やっぱり写真が食べ物だから、このカテゴリだよね(笑)


FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR