日本和装中級コース‐第11回以降

先月の桐生行き以降、

な~んかバタバタしてたし、

オリンピックやってるし、

会社とトラブってるし、

et cetera





で、更新をサボってました。

すみません。





タイトルの『日本和装着付け教室中級コース』

本日最終回を迎えました。



セミナー以降、今日を含めて4回。

うち1回欠席。

先週はペーパーテストがあったりもしましたが、

なんとか無事に終了です。





このクラスは着物に対する意識が高いという評価を先生からいただき、

引き続き『特別復習コース(全8回)』を組んでいただけることになりました



ここまで、かな~り自分勝手に着ていたので、

ちょうど見直すのにいい時期でした。

おまけに今回、関東巻きも習得(したのか?しつつあるのか?)というラッキーもあり、

引き続き同じ先生、同じメンバーというのも嬉しく、

参加させてもらうことにしました。





着物は着てナンボ。

着られるようになったらなったで、

あれこれ欲が出てきます。

キレイに着たい

カッコよく着たい

楽チンに着たい

毎日着たい



究極は、毎日、なんも特別な意識なく、着物で暮らすことかなぁ

ま、今の仕事じゃそれも難しいけど。





問題は、セミナーをどう乗り切るか

次回は絶対買えない(たぶん失業してる(笑))の確定だから、

いたたまれなくなるかも



ま、鉄の心臓ででんとかまえるか





んなわけで、また毎週末着物着られます

皆さんが見たことないような、

銘仙やらマジョリカお召やら着て行くぞ(笑)
スポンサーサイト

桐生 如月の会

2月11日に、桐生市民会館に行ってきました。



この会は、桐生の着物学院の主催です。

第1部がきものファッションショー、

第2部に純庵先生の講演会、

第3部に春富から芸妓の美恵雛ちゃん、舞妓の小ふくちゃんと女将さん、

それに三味線の重森三果さんがお越しになるという

超もりだくさんイベント。



なかなか京都行かれへんし、

織之助さんにもお会いしたいし

ってんで、東武特急で出かけました。



撮影禁止だったので皆さんにご紹介することができなくて残念。

ファッションショーはさまざまな着こなしが楽しめました。

白無垢からの早変わりや、

ビロード地(に見えたんだけど)の鎖骨見せきもの

ミニ丈きもの(夏に話題になったアレとは大違い!)

などなど、きものをよく知り、愛してる方のデザイン発想なんだな~と思える演出でした。





2部はおいといて(笑)



3部!

約半年前の衿替えの会でお目にかかったときにくらべ、

美恵雛ちゃんも小ふくちゃんも

一段と大人っぽくなっていて驚きました。

特に小ふくちゃん。

この前はまだ幼い感じだったのに…

10代後半の女の子はきらきらと変化しますね。



また素晴らしかったのが、重森さんの新内。

桐生と京都を結ぶ白滝姫の伝説を、

新内に仕立てての本邦初演を聞けたのは

ほんとに幸運です。



約3時間、あっという間に過ぎてしまいました。

ああ至福





さらに、お話はできなかったのですが、

ブログで仲良くしていただいてるまめぴーさんにお会いできました。

雑草ノートさんとご一緒でしたね。(お名前はよく存じ上げてまして)



道中は、妖怪さんとご一緒。

妖怪さんは、着物だけでなく鉄道趣味も一緒なので、

お出かけが実に楽しいお友だちです



てなわけで、雨も降ってましたが

心は日本晴れ~



織之助さんの奥様にも大変お世話になりました。



ああ、心の栄養満タンです。





あっ。

写真ないけど。

後でアップもしないけど。

きくやさんで仕立ててもらったウールのアンサンブルに、

きくやオリジナルコットン名古屋帯『今夜は夜なべ』

で行ってきましたー



おまけ。

帰りに最寄り駅の階段で、下駄の歯がもげました

一本歯の下駄ってね~結構歩けるよ。

でも、立てないの。バスで吊革持ってても大変(笑)


日本和装中級コース第10回‐着物セミナー

着付け教室も終盤ですね。

んで。4ヶ月コースにはセミナーが2回ある、と。



今回は着物セミナーです。

新宿の日本和装新宿局事務所隣にある展示場へ。

大島紬美術館の松下さんと

菱屋善兵衛(西陣の帯・お召しメーカー)の中平さんが

お話をしてくださいました。



どなたが講師なのか前もって知らせてくれてたら、

いろいろ調べて質問も用意できるのにね。

(もちろんお値段もね)



実は、菱屋善兵衛さん。

以前から小袖(卒業生に送ってくれる季刊誌)で

気になっていたメーカーさんでした(笑)

帯だけかと思ってたら、お召しも織ってはったんや~





今回、ちょこっと実家と自分の所蔵を調べて、

白っぽい系の袋帯がなく、

また、母がそゆのを欲しがってることを知ったので、

探してみようと思っていたのでした。





結果、リバーシブルのシンプルで上品なものが気に入りましたが、黙ってて(笑)

実際に中平さんにマキマキするお召しと帯を選んでもらったら、

その帯が出てきた

通じたんかね





かなりお勉強してもらって、

うちの子っていうか、

母のタンスの子っていうか、

ま、多摩に来ることになりました。



織っていただくので、2ヶ月ほどかかります。







その他、お買い上げなしでマキマキしてもらったのは、

白地に青い大きい花柄の夏大島。

飛び柄でなく、全体に柄のある着物が好きな私には

かな~りツボでした。

織元さんも展示には持って来るけど、

着装は初めてするわ~と言って

柄の出し方をあれこれ試してました。



しかし、夏大島はあかん。

毎回洗わなあかんから。



他の皆さんもいろいろ着装して、いろいろお買い上げでしたね。





そんなセミナーに着ていったのは

着物:想屋さんのお召し

帯:とみやさんのリバーシブル帯を馬場間道側で

帯締め:伊賀組み紐

こないだ日本髪見学会の前に寄り道して衝動買いした(笑)








FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR