伊雑宮

次に向かったのは、海に近い伊雑宮(いざわのみや)です。

ここも内宮の別宮です。



こちらは宮は一つで、やはり天照大神の御魂がまつられています。



一般にはイゾウサンと呼ばれて親しまれているこのお宮の横には、

磯部の御神田という田んぼがあり、神宮のお米を作っているそうです。

お田植え式は毎年6月24日なのだそうですが、

この温暖化の中、しかもあったかい志摩でそんな時期まで田植え引っ張って大丈夫なのかしらん。



さて、こちらのお宮は、鳥居から正殿までが短く、こぢんまりとしてとてもあたたかい雰囲気のお宮です。

時折近くを走る近鉄電車の音も聞こえ、なんだかとても身近なかんじがしました。



所在地:三重県志摩市磯部町上之郷










スポンサーサイト

瀧原宮

別宮いちばん初めは、瀧原宮です。



正しい参拝順序は、おそらく外宮内宮→遠くの別宮だと思うのですが、

日程と所在地を考慮すると、

伊勢市よりさらに進んだ土地に位置するお宮から訪ねたいと思い、

まずは内宮の奥宮とも元宮とも言われる瀧原宮を訪ねました。



天照大神が伊勢を居所と決める前に、滞在したと言われる宮です。

瀧原宮と瀧原ならびの宮があり、どちらも内宮の別宮です。



深い森に包まれた宮の領域は、一の鳥居をくぐった瞬間から空気が違いました。



ぴしっとした緊張感と、守られている安心感。

外宮内宮とはまったく異なる種類の感覚です。



森の奥へのびる参道を進むと、このお宮の御手水場は自然の流れをそのまんまでした。

雨上がりで、水面から川霧が立ち上り、それはそれはなんとも荘厳な景色。

いつもは境内で写真を撮ることなど決してないのですが、

この景色だけは、デジカメにおさめさせてもらうことにしました。

後日アップします。



瀧原宮→ならびの宮→若宮神社→長由介神社と、同じ敷地内に立つお社に参拝しました。



ならびの宮に参拝したとき、そこに神様のいらっしゃる強い気配を感じました。

たくさんの感謝の気持ちは天照大神の御魂に伝わったでしょうか。



かなりロングドライブ(下道を走ったので)にはなりましたが、

訪ねて良かったです。



所在地:三重県渡会郡大紀町滝原








お伊勢さん別宮めぐりの背景

今回のお伊勢もうでは、ちと違います。



今まで行ったことのない、別宮(べつぐう。わけみや。)を訪ねてみたいと。



お伊勢さんは、伊勢市内の外宮と内宮をあわせて、『神宮』ですが、

外宮にも内宮にも分家のような別宮があります。



別宮が14、その他に摂社、末社、所管社があり、

全部合わせると125社になるそうです。

それはあまりにも多くて難しいので、

せめて別宮におまいりしたいと思いました。



友人もぜひ、と言ってくれて、この旅が実現しました。


呉服の日に

無理やり着物着ました(笑)



土日、お伊勢さんにもうでるので、

金曜日呉服529の日に三重に向かいました。



途中名古屋で友人と合流したので、

に着替えて晩ご飯に。

ついでに、ミッドランドスクエアのスカイプロムナードへ。



着物の写真はないので、名古屋市の夜景をお楽しみください。



ちなみにコーディネートは。

着物:備後絣の琉球柄花織り風

帯:歩和留福袋の幾何学模様名古屋(3月ランチに締めたもの)






TRIO LIBERTA in KAMOME

昨夜は母と娘と親子3代で、横浜は関内に繰り出しました。



今月2回目のリベルタです。



前回KAMOMEに行ったのはいつだっけ?

息子と二人でした。

そうだ、娘は受験生だかはお留守番させたのだ。

今回は息子中間試験でお留守番です。



KAMOMEは、ライブスポットとしても素敵ですが、

なにが素敵って食べ物が美味しい

行く前からメニューのことばかり考えてました。



さて、少し早めの時間(と言っても開店20分前)に着くと、

すでに人だかりしてて、整理券の配布があるとのこと。

待ってたら、お店の通用口から整理券持って現れたのは、

なんとリベルタの真ん中立ち・石田さまではないか!

メンバー自らとは。

ありがたくおしいただく。

(しかし石田さまの姿…あまり人に見せてはいかんのでは?もちろん書くのも自粛)



KAMOMEの定員は64。

もらった整理券番号はその真ん中くらいでした。



お店に入ると、もうそれなりの席は埋まっていたので、

座ってて食べるにも聴くにも快適そうなテーブルをチョイス。

見るにはいまいちでしたが、食べるには良い(笑)

演奏が始まるまでの約1時間、しっかり腹ごしらえタイムです。



おなかがちょうど満たされる頃、3人が登場。

第1部は、映画音楽シリーズ。

どれも耳になじみのある、美しい曲ばかり。

アレンジがまたさらに曲のドラマティックさを増幅させ、

まるでリベルタと聴衆が映画の中にトリップしたような気分になりました。



第2部はピアソラシリーズ。

前半とはがらりと音色も変わり、ピアソラの世界が広がります。

リベルタメンバーもお酒飲みながら、ノリノリ悪のりあり(笑)

コンサートホールとは全くちがう楽しさです。



もともとタンゴは、ステージのある酒場で流れてたはずだから、

これがあるべき姿なのかも。



アンコールタイムには、私たちは初の中岡さんボーカルもあり、

約2時間半の演奏、あっという間に終わってしまったかんじ。





再来週は、息子も連れて、

また食べに行く聴きに行くんだ~

360度時計回り

朝、YOSAとマッサージで体の疲れを癒やしたあと、

心に栄養欲しくて、上野に来ました。



国宝阿修羅展



待ち時間を実況してるサイトで確認すると、

朝一番よりは午後のほうが待ち行列が短いようです。



午後2時に到着すると、表示は30分待ちになっていましたが、

実際には15分で入館できました。





阿修羅の背中。

絶対見たい!

興福寺さんに行っても、背中見えないもの。





そして、タイトルの見学ルールを守り、

最前列でぐるりと回ってきました。



右のお顔も左のお顔も、正面から見せていただくことができるのです。



遠い遠い時代から、阿修羅の目は何を訴えているのか。

胸の奥の見えない部分に、阿修羅の視線が突き刺さりました。








歯医者その後

自宅最寄りのショッピングモールに入ってる、かかりつけの歯科医院は、たくさん歯医者さんがいるので、飛び込みでも対応してもらえる



問題はアタシの先生がいるかどうかだ。



う~む。

予感は的中。担当の先生はお休みだった。



でも、穴のあいた歯でほったらかしてると、マジで虫歯なっちゃうからね。





診てもらった結果、詰め物は虫歯が進行して外れたのではなく、セメントが経年劣化したためでした。

隙間もなくぴったんこはまるので、新しいセメントでくっつけてもらって、修理完了です。



ふう。

他にも虫歯は無く、歯石もついてないので、一発終了となりました。

めでたしめでたし。


よれよれながら週末

結局月曜日のみの欠勤で、ウイルスとおつきあいしながらの勤務を乗り切りました。

なにしろ今週なかばから来週までは、休むわけにいかんので。



代替えのきかない仕事なんてない、というのはアタシの持論ですが、積み上げてきた仕事の最終段階では、さすがにそれは難しいです。



まあせめて、来年他の人が担当しても大丈夫なように、文書だけは作りましょう。





んな状態でひたすら待った週末。

実は今日も出勤の確率が60パーセントくらいありましたが、幸いに昨日一旦収拾したので、これはなし。



で、まずは整体!

先生があまりの状態のひどさに嘆く嘆く(笑)

とりあえず回復させてもらうと、あら、目がよく見えるわ?



今は歯医者に向かってます。

よりによってこんなときに詰め物が取れるとわorz

昨日グミ食べてたら、めっちゃ固くて、あら、グミちゃうかった…てな。

しばらくサボってたから歯医者行きにくいな。



午後は坊主の高校の保護者会です。

5年間のうち3年半同じ担任って、どうよ(笑)

でも、ハハはこの先生好きだから、まあいいや。



あ~飛び込みで歯医者。診てもらえるかな~


ウイルス感染

木曜日から我が家は汚染されてます



木曜日の朝に娘が発症

土曜日の夕方から息子が発症

日曜日未明から私が発症

症状は連続嘔吐と軽い下痢。



白くないのでロタじゃないですが、

ウイルス性胃腸炎と診断されました。

(たぶんノロでもないっぽい。じゃあなに?)





今日もごろごろしてます。

ふえんふえん。



しかし、仕事の重要日を外しててほんとに良かった。

今日なら休めるってかんじだったから。







世間は、新型インフルエンザで大騒ぎ。

かかりつけのお医者さんでも、待合室で待つ間、紙マスク二重着用を指示されました。

あ~苦しかった。



他の人みていたら、正しく着用してる人、いなかったよ…

意味ないじゃんorz

きくや東京西支部ミニオフ会

勝手に支部を作ってみました。



急遽このミニオフが成立したのは、

大阪在住(したがって、きくやさんのリアル上得意さま)である

『港のともこ』さんが、東京に来るとの情報によります。





集まったメンバーは、登夢さん、まよ姐、たまねぎ、合計4名。

まよ姐以外は名前が『ともこ』で、

なんという偶然。



工事中でガサガサと落ち着かない調布駅北口に17時集合。

ロータリー前のちとせやにて、お茶。

のはずが、見たらやたらと食べたくなったのはバターもち。



登夢さんと港のともこさんは面識がありますが、まよ姐と私は初対面。

にもかかわらず、話がめっちゃ弾むのは、

きくやさんの後光か。

18時になり、河岸をかえて『気らく亭』へ。

以前、着付け教室の仲間と何度か来ました。

リニューアルしたそうなので、どんなもんかいなと。



着物4名で行くと、ずいぶんいろいろお気遣いいただきました。

後ろの2名席を荷物置き場にさせていただいたり、

煙のこなさそうな席を選んでいただいたり。

でも全員、木綿またはポリってことで、

ランクとしてはTシャツなんですけどね(笑)



メニューはだいぶ変わってましたが、相変わらずどれもこれもうまい!



腹いっぱいで、ちょこっと飲んで、一人2510円というこのリーズナブル価格!

いいでしょう



21時の時点で、腹いっぱいでも話し足りない4名は、

駅反対側のファミレスへ。

腹いっぱいのはずなのに、全員甘味を注文(笑)

もちろんペロリと完食。



てなかんじで、ひとときもお口が休むことのない

東京西支部例会は終わりました。



あ?いつ例会に変わった?


TRIO LIBERTA in SHINYURI

お隣川崎市新百合ヶ丘にて。

現在『しんゆり音楽祭』開催中です。





昨日、大好きなトリオリベルタのコンサートに行ってきました。



場所は、昭和音楽大学のユリホール。

この大学は長らく厚木にあったのですが、都心回帰?の波に乗り、

3年くらい前だかに新百合ヶ丘に移転してきました。



リベルタのメンバーのうち2人は、この大学の出身。

もちろん厚木時代です。さぞやうらやましかろ…



さて、ユリホール。

クラシック用のホール設計なので、残響長めです。

果たして、ジャズやタンゴメインのリベルタに合うか?





なんて、心配無用。

まるでこのホールでやるためにアレンジしたかのような、包まれる響きの中で2時間の演奏を楽しみました。





次回のリベルタは、ライブハウスです。

これまた楽しみ。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR