ぐだぐだとしてるが着物

しぃぶさんが恵比寿にいらしたときに、

奥の間から出してきてくれた琉球柄反物に

どきゅ~んと撃ち抜かれ。



昨日それが届きました。

前回の立て涌で着心地わかってるので、

早く着てみたくてしかたない。



ので、昼まで着ていたコットンハイネックの上から(笑)



帯は例の六寸





先日娘とおつかいに行ったときに

着物にあわせられるポンチョをゲットしたので、

ちょい羽織ってみました。



ふだん着物の真骨頂(笑)






スポンサーサイト

熊野へ行く鉄子の旅~その6~ 復路はとりたててなんもなし

10月29日水曜日。



諸般の事情がありまして、松坂名古屋間放棄(笑)

だって、近鉄のほうがお便利(笑)

それでも通しで買ったほうが安上がりという計算は、出発前におさおさ怠り無く。

名古屋からのぞみに乗り、新横浜で下車して元の町田駅に戻って、

周遊きっぷの旅は終了です。



最後に周遊券を使ったのは、いったいいつ・・・。

たぶん1988年?いや、1987年?

1985年の夏には、北海道ワイドを使った記憶あり。

札幌ユースのテレビで日航ジャンボ機の悲しい姿を見たのだから。

まさに帰京するために日航機に乗る日の朝だった・・・。



あの頃の周遊券は、一枚ぺろ~んとうすっぺらい切符で、駅の窓口ですぐに買えて便利だった。

今回は、ご近所にJRの駅がないこともあり、JTBに買いに行ったんだけど、

発行したことのないヒトには絶対に無理なんじゃないかなぁと思われる分厚いタリフが出てきて、

とっても驚きました。

また、昔の周遊券ほどに、往路復路にオトク感がないのも残念です。

まあ、急行列車がほぼ絶滅しちまってますから、しょうがないのかなぁ。

そんな中、西方向に行くときにはムーンライトながらがなかなか使えます。

大昔は並んで並んで、そして直角シートなので目覚めると背中が痛かったものですが、

今じゃ全席指定でリクライニングシートですから、超贅沢です!



一生に一度の南紀ゾーンになる予定でしたが、

熊野古道にどきゅんですから、きっとそう遠くない将来にまた

南紀ゾーンを買いに行くことになるのではないでしょうか。(笑)

あるいは、もっとお得なものを探す徘徊が始まるかも。



鉄道な方はここで完結です。

食いしん坊たまねぎとかスピリチュアルたまねぎを見て見たいかたは、

まだまだ続くので、どうぞお楽しみにね。




熊野へ行く鉄子の旅~その5~ ワイドビュー南紀

10月28日火曜日



那智大社に一泊して下山し、この特急に乗るまでに時間があったので、

海の観光船乗ったりお昼食べたりして、満腹満足でワイドビュー南紀に乗車。













紀伊勝浦始発なので、やっぱり1両しかない自由席でもラクラクです。

またもや海側に席をとりました。



通常の座席は、通路から一段上がっていてそれこそワイドビューで快適。

自由席車両のいちばん後ろは、バリアフリー対応になっています。

パリアフリー席は車椅子対応で、通路との段差なしに作られています。

でも、窓がとても広く取られているので、一段高くなくても景色を楽しむことができます。

広い自動ドアを出てすぐのところにある車椅子対応のトイレは、

通路に対して半円形のスライドドアで、デッキ全体のデザインとしてもすてきです。

こういった配慮は、なんとなくJR西のほうがきめこまかいような気がするのは気のせいでせうか・・・。

ワイドビュー南紀、おすすめ列車です。









前日に乗車した新宮駅がすぐの停車駅。ここが名古屋側の南紀ゾーン出入り口です。

いよいよ南紀ゾーンともお別れ。



いろいろあって、この日はお伊勢さんに行くことになっているので、

乗換えが便利な松阪で下車。

(距離的にお伊勢さんに一番近いのは多気と思われます)



紀伊勝浦12時46分発-松阪15時11分着。














熊野へ行く鉄子の旅~その4~ スーパーくろしお

10月27日月曜日。



内陸部を歩いたりバスったり舟ったりして、ようやく海側の新宮にたどりつきました。

今日の目的地は那智山なので、新宮から紀伊勝浦へ移動。

ここは南紀ゾーン内なので、大いばりで特急に乗れます。

ってか、距離的には各駅停車でOKな距離なのだけど、ダイヤ的に特急しか来ない。

ので、スーパーくろしおに乗りました。





進行方向前。











進行方向後ろ。











地元のかたは、新宮~紀伊勝浦を結ぶバスが30分置きに走っているので、

そちらをメインに使っているようです。



わずかに16分の乗車。14時35分新宮発-14時51分紀伊勝浦着。

海側の窓際席は、太平洋を楽しむことができました。










熊野へ行く鉄子の旅~その3.5~ おまけ JRバス栗栖川駅

紀伊田辺駅からのJRバスはここまで運行しています。



バスのターミナルでも「駅」なんだよなぁ。







JRバスには、もちろんゾーン券で乗れます。

(龍神バスと熊野交通バスも、路線により乗れます。)


熊野へ行く鉄子の旅~その3~オーシャンアロー

さて、大垣に到着。10月25日土曜日の朝6時52分。

よっこらしょと上部コンコースを利用して、隣のホームへ。

ここには大垣始発の加古川行き快速が待っている。

昔は、これに乗って大阪とか、いちばん遠いときは姫路まで行ったっけね。

今回は米原までの乗車。だってさ、京都始発のオーシャンアローに乗るには、

快速で行ったんじゃ間に合わんのよ。

てなわけで、米原からは新幹線に乗車する。

う~ん、大人の旅ですね(笑)。

一駅限りの新幹線、早い早い。わずか20分の乗車で京都です。

京都駅の売店で朝ご飯のお弁当をゲットし、オーシャンアローの発車ホームへ向かう。

指定席完売で自由席乗車だから、乗車位置を確かめて並ぶのさ。

禁煙の自由席は一両しかないので、間違えたら悲惨なことに・・・。

とはいうものの、行列の前から3列目。これなら好きな席を選べるよっ!

当然海側(進行方向右)をゲットです。

和歌山方面への特急は、大阪とか天王寺発なのですが、

これは京都始発なので、東から来る旅人でもとても有利に乗れる列車です。



発車早々、はらぺこたまねぎはさっそくお弁当を広げました。

新大阪までのちょうど中間地点くらいにあたる高槻は、小学生の頃に住んでいたまち。

お弁当をさっさと食べ終えて、窓外をきょろきょろながめるも、昔の面影いまいずこ?

わたしがうろついていた高槻とはぜんぜん違う・・・。

いつか、昔のおうちの前を歩いてみたいものです。



大阪から環状線を3分の1周くらいして、天王寺停車。

ここからは紀勢本線です。初めて乗る路線。

(わたしは鉄子といっても非常にダルなやつなので、全線踏破は一生できないに決まっている)

だんだん景色が変わっていきます。

都会から郊外へ。郊外から田舎(ごめんなさい)へ。

紀三井寺のご案内放送(いや、これはびっくりした。まさかJRがこんな放送してるなんて思わなかった(笑))

があり、やがて海が見えてくる。

もろちん、「右手に海が見えま~す」の車内放送もありました。

単線の線路はカーブしながら、海をみたり山間を走ったり、和歌山県内を進んでいきます。



そうだ、そういえば、先頭車両はグリーンでパノラマだっけ。

と思い出して、行って見ました。







なるほど、すぅばらしい展望車両です。道理でグリーン車なわけだ。

正直な感想としては、運転士さん、気ぃつかわんやろか・・・。

まあ、いつかグリーンに乗れたらいいなぁと思いました。



そんなこんなするうちに、京都から2時間半の旅終了。

本日の下車駅、紀伊田辺でオーシャンアローを降りたら、

27日の月曜日まで鉄子の旅はお休みです。

ここは、周遊きっぷ南紀ゾーン券の大阪側入り口駅です。


六寸帯デビュー

今週も備後絣、纏うてみました。

帯を、先日購入した六寸に替えてみた



こんな柄です。

色も、携帯写真にしてはほぼ元の色再現できてます。



今日は、巻くときは半幅に折り、

結ぶときはがばっと広げて派手にしてみました。(後ろ画像なし。ごめん)



で、どこに行ったかって?



1.朝ご飯食べにコメダ珈琲へwithまよ姐



2.地元帰ってきて、まよ姐も一緒に、

ままんの悉皆屋さんの大島紬&型染め展示会襲撃

3.娘とおつかいat聖蹟桜ヶ丘

着物にも合わせられるニットポンチョGET



4.フィットネスへGOGO!

ついにやりました




熊野へ行く鉄子の旅~その2~早朝のムーンライトながら

停車の制動でときどき目が覚める。

熱海0時50分とか沼津1時7分とかでは人が降りてるなぁ。

金曜夜乗車なので、週末帰宅組かも。

時間調整の長時間停車を含みながら、列車は進む。

4時に豊橋到着。ここが一番長い停車

ムーンライトながらの指定席は、実はここまでしか買えない。

ここから先は、いよゆる始発の通常快速電車扱いとなるわけだ。

別に、いったん降りる必要はなく、そのまま座っていればよいのだけど。

ただ、今回乗った車両は増結なのか、名古屋で切り離されてしまう。

わたしは名古屋では降りないので、さらに先まで行く車両に移らなくてはいけない。でも、それもまだまだ先の話。

名古屋到着の15分前、駅でいうと大高とか笠寺あたりから動けばいいかな、と思う。



豊橋発車は4時53分。停まっててゆれないから熟睡できるチャンス。

・・・で、動いたのも知らず(笑)、いつのまにか窓の外がほんのり明るくなって目が覚めた。

ここはどこ・・・。時計をみたら5時45分。

ほうほう、おおむねいつもの時間に目覚めたよ。すばらしき体内時計。

名古屋到着が6時6分なので、まさにジャストタイムだがね。

予定通り、大高通過を確認して、ぽっちゃりなおぢさんをふたたびまたがせていただき、

前方車両へ移動開始。

じわりじわりと前に進むも、連結部分でかなりの人数が停滞していたので進行断念。

この時間帯になると、始発電車として名古屋に向かう乗客多数で、停滞しているのは大半がジモティさん。

名古屋駅で、このお客さんたちをどっと吐き出し、その移動波に乗っかってわたしも前の車両に無事到着。

終点の大垣までは、あと40分だ。




本日のコーディネート

着物:備後絣おろしたて

帯:母のおさがり名古屋

羽織:小町でゲットした絞り。(なんと900円だった(笑))





備後絣はマイミクのしぃぶさんとこの作品。

B反市でアップされたとたん、どきゅ~んと一目惚れ。

で、仕立てていただいて先週届いたばっかりのほやほや。



仕立て上がりがまた素敵でさぁ。

お気に入りの一枚になりました。

いや、どれも気にいってるけど、3枚選びなさいって言われたら、これ入れます。



備後絣の渋谷産業、クリックしてみてね。

すてきな絣反物がいっぱいよ。








ケーキバイキング

新宿プリンスホテルのケーキバイキングに行ってきました。



メンバーは、前の会社の多摩支社で一緒に働いていた仲間。

3人で集まったのは3年ぶりくらいかな?



食べる

しゃべる

食べる

しゃべる



おくちが休まるヒマがありません(笑)





ランチをはずしてスイーツの時間にしたのですが、

チキンライスとか焼きそばとかピザもあって、

結構お腹も満たすことができます。

東京都内のホテルでやってるケーキバイキングでは、

一番安いってか、破格の安さだわ

予約でいっぱいなのも当然かな。



超オススメ








富士山!

通勤で乗るバス停へ行く途中に

富士山ポイントがあります。

当然、毎朝チェックするのだけど、

この秋は温暖化の影響か、

まだ一度も白い富士山を見てなかったです。

うすぼんやりと青い富士山…て、秋じゃないさ。



それが今朝。

数日ぶりのお日様とともに、

真っ白富士山です。





こんな日は元気に、

帰りにフィットネス行こう!

(9月に寝込んでから、平日フィットネスさぼってた)

熊野へ行く鉄子の旅~その1~出発





10月24日金曜日。

21時半頃自宅出発。小田急で町田へ。

予定より早い電車で、横浜到着は22時49分。

乗車まで1時間近くある。

車中で欲しくなるかもしれないので、お茶を買う。

自販機がいろいろあって、じっくり吟味して(笑)買ったらもうすることない。

ので、観光系のパンフレット棚をながめて、1枚だけ選んでからホームへ。

そんなに寒くはないので、乗車位置近くのベンチに座って、

パンフみたり、メール書いたり、ぼけ~とマンウォッチングしたり。

金曜の夜なので、えーと、いろんな人いるんですよ、ヨッパとかヨッパとか(以下ry)

遅くなっちゃってケータイでおかあさんに謝ってる女子とか、

駅まで迎えに来いって電話したら奥さんにキョヒられたおとーさんとか。



そうこうしているうちに、23時35分、ムーンライトながら入線。

指定席は窓側。いつも新幹線は通路側取るけど、まあいいか。

隣はぽっちゃりなおぢさんで、すでに夢の国。

ごめんなさいよ、とまたいで着席。

10分後に検札終了したので、わたしも夢の国へ。

(でも、夜行寝台と違って、煌々と明るい車内なのであった)








画像テスト





デジカメ画像をそのままではアップできなくて、リサイズしました。

(そんなことも知らないのよ、わはははは)



どのように見えてるか、ご意見くださいませ。



1.

見えるか見えないか



2.

PCからか、携帯からか



3.

サイズは適当か、でかいか、ちっこいか



よろしくお願いいたします。

それから熊野日記にとりかかります。




予告編~たまねぎ世界遺産の熊野古道を歩く~

今回の旅にさきだち、新しいデジカメをかいました。

で、本能のおもむくままにパシャパシャ撮りました。



アップロードせなあかんのに放置すること半月。

ようやく昨日、ソフトをインストールして、

撮った写真をパソコンに上げたので、

ぼちぼち熊野紀行を書いていくことにします。



だらだらいっぱい書きたいので、

鉄子編



 旅路編

に分割します。

お好きなほうをお楽しみ下さい。




結城紬里帰り

えーっと、花背負ってるのは、あの、その、

そう、商品隠し。





昨年暮れに初めて結城に行き、ずうっと憧れていた紬を買いました。



その後、着るチャンスを逃していたのですが、

ようやく陽の目を見ることになりました。



題して、結城紬里帰り訪問(笑)

お披露目オフ会だったわけですが、参加は3人とこぢんまり。



ちょうど、国民文化祭とやら(国体の文化バージョン)をやっていて、

蔵ざらえ市など催してました。

いやいや、眼福



結城紬は軽くてあったかくて最高です。

この素晴らしい技術がどうか末永く伝承できますように。




最後の学園祭

いや、ほんとは学園祭とか文化祭とか言ってはいかんと、

学校は言うのですが(笑)、やっぱり祭よねえ。



娘の学校に行ってきました。

今年が最後なので、申し訳ありません、なんにもお手伝いもせずにのんびり回らせていただきました。



さまざまな可能性を秘めた女子中高生たちの生き生きした姿に、

なんだかこちらまでパワーを分けてもらったように思います。



しかし、今日は寒かった

{{{(>_<)}}}

あたたかいほうじ茶の無料サービスが嬉しい1日でした。

戦利品の数々(笑)

上から



ベルベットのショール(柄)



江戸更紗のパッチンどめ



江戸更紗の印鑑入れ



半衿



端切れ(たぶんポリ襦袢の残りかな?帯揚げにしたいな、と)


















本日のコーディネート

木綿の反物職人に会いに行くんで、お気楽に。



着物:ほ乃香さんの木綿紬

帯:きくやさんのお裁縫柄木綿帯(すごいヘビーローテ(笑))








きもの日和に行ってきました

前から開催してるのは知ってましたが、

今年初めて出かけてみました。



意外とこぢんまりした会場だなぁ。

でも、出店してるお店はいろいろあって、なかなか面白い。



舞台では、トークショーあり、

たたみかた実演あり、ライブあり、

ファッションショーあり

まあ、なんでもありやね(笑)



ファッションショーちょこっとみました。正統派から思いっきり遊んでるのまで、コーディネートいろいろで、なかなか面白い。



私の目的はマイミクさんのしぃぶさんにお会いすること。

しぃぶさんとこの備後絣を見たくてね。

(実は今、一反お仕立てに回ってます(笑))



今回しぃぶさんは、月島の男着物店アッパースさんとこに間借りしての展示。

ブースを訪ねるお客様が、しぃぶさんから見たら思いがけないものに目を留めるので、少し悩んでおられたようで。



きもの日和は明日もやってます。

戦利品は帰宅後アップします。


FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR