野庵~冬のおしたく~ 戦利品

野庵で手にいれたバッグはこちら。











野庵には二人の鞄作家がいらして、実は今回参加した方のバッグにかなりやられてたんですが、

実物を見せていただくと、あまりにも繊細でエレガントで、あたしには似合わないのだ・・・orz

さらにうれしいことに、Hilokoさんのバッグは、現品限りということで破格のお値段に下がっていたこと。



そんなこんなで、普段着の着物で持てる大容量バッグを探していたところに、どストライクはまりました。

かえるも超イケてるし。なんかちょっとつぶれ蛙っぽいんですが。(笑)



世界にたったひとつのこの素敵なバッグ。

きっと大活躍してくれると思います。



その他、大好きな矢口加奈子さんの切り紙をデザインしたカードと、

絵師はとちゃんのブサイク(毬詠さんがそう言ったんだからね~)系ミニバッヂ2点をつれて帰りました。



さて、そろそろこのカテゴリ名から「単独」をはずそうかの。

ねえ、まよ姐?


スポンサーサイト

谷根千おさんぽ

今日はまよ姐といっしょに、和の小物を探しに野庵の展示会へ。



場所は谷中・根津・千駄木地区。ヤネセンっていいますね。

わたしにとっては、出身高校の近くで、その頃いちばん仲の良かった友人のおうちがあったあたりですから、とてもとても懐かしく親しみのある地区です。



千駄木の駅を下りて、なんだか見覚えのある不忍どおりをとことこ歩き、ちょいと角をまがった静かな住宅街に、千駄木空間というギャラリーがあります。



その前でかわいいパオンがお出迎えしてくれました。







そんじょそこらではお目にかかれないような和のお品を扱う野庵さんとは、今年の初夏からのおつきあい。

着物をとおしてのこんな出会いがとてもうれしいです。







野庵で素敵なバッグを手に入れたあとは、そのへんをあてもなく歩く歩く歩く歩く。

腹ごしらえは谷中カフェ。(別記事アップします。)
ここは、野庵の毬詠さんが打ち合わせに使っていらしたそうです。

さて、おなかもくちくなったので。
まずは千代紙のいせ辰で、ぽち袋や一筆箋を購入。
そのまま三崎坂を歩くと、妙な看板が!

それにしたがっていくとこんなギャラリーがありました。



ふわ~。お好きな方なら出られなくなるでしょうね。
かわいいネコグッズが山ほどあります。
なんだか和みました。

そして、またもとの千駄木空間あたりに戻ってきて、すぐウラのギャラリー金魚でこんなものを買いました。



ぽてぽてぽてとお散歩するのにはほんとにいい道です。
狭いので車も通らないし。

今度はまた違う道を探検してみたいです。

みかん狩り

娘の学校は、かつて園芸短大を持っていた。閉校して2年になる。



丹沢の麓には広大な校地が残され、一部はオーナー制のみかん山として運営されている。

年に一度、保護者向けにこの山を開放してみかん狩りができる。娘入学以来、皆勤賞なんである。(偉くもなんともない



青空にオレンジ色のみかん。

何度見ても心和むなぁ。



どの木が好みの味か、とっては食べを繰り返し、収穫したみかんは約3キロ(重い)、取り放題はほんとにありがたい。



あ、誤解のないように。

オーナーさんの木には手を出してません。オーナー無しの木が収穫対象です。



あたしもオーナーになろうかな~と思いましたが、そしたら木を選ぶ楽しみがないぢゃんか~

やっぱり学校のみかん狩りでいいや。

(^_‐)v

イルミネーション

最寄り駅にある公民館の今冬の装いです。






のだめ成分分析

「のだめカンタービレ」

テレビドラマも好調みたいですね。

もともとマンガで読んでました。



ら。こんなものを発見しました。

(昼休みにいったいなにやってるんだ>ぢぶん)



「のだめ成分分析」で検索すれば出てくると思いますよ~。





<本名での分析結果>

86%は気の迷いで出来ています

5%は千秋真一で出来ています

5%は峰龍太郎で出来ています

4%は奥山真澄で出来ています



<ハンドルネームでの分析結果>

たまねぎの79%はニナ・ルッツで出来ています

たまねぎの14%は野田辰男で出来ています

たまねぎの7%は峰龍太郎で出来ています



なんかよくわかりません。





結果が出たら、コメント欄で教えてね。


本日格闘中

久しぶりに注文したお魚せっと。



キンメダイはともかく、他のは格闘技ですわ。ヒレが狂喜凶器だ~



でも、新鮮で旨いからやめられない。今朝伊東に揚がった魚<・ ))><が、夕方にはうちに来てるんだもん。

ふつうの魚屋ではもう買えないよぉ。




劇団四季 オペラ座の怪人

息子の学校は意外に文化的な学校で、年に一度視聴覚行事として舞台をみせてくれる。

昨年は大地真央の『マイフェアレディ』だった。

今年は四季。中学生はライオンキングで、高校生はオペラ座の怪人。

いいなぁとよだれたらしていたら、なんと保護者への斡旋があった!

ええ、もちろん申し込みましたよ、オペラ座の怪人を!

だって、ライオンキングは観たんだもん。



汐留へ行くのは2度目なんで、お約束のように迷いました。てっちゃんだから電車は間違わないが、田舎もんだから降りてから迷うのだ。



さすがS席を張り込んだだけのことはあるなぁ。しかもツレ希望出さなかったせいか、通路サイドで、さえぎる頭のないお席をいただけました。



ミュージカルは映画や芝居とはまた違った楽しみがありますね。



大学の先輩♂ご夫婦と遭遇したのはご愛嬌。(お互い腰が抜けるほど驚いたが(笑))



余韻にひたって大江戸線に乗ってます。

本日のお昼

直行で客先でした。会議がちょうど昼で終わったので、駅ビルで一人ランチです。



ベトナムレストランで、魚介とたっぷり野菜のフォーをいただきました。生姜がきいてて、さっぱりとあたたか。

ランチタイムはデザート付。ココナッツのパウンドケーキでした。


倭の国を想い 月を見上げる夜

よしこさんが「着物が好き、和のこころが好き、日本のものが好き」と目をきらきらさせて、準備してくれた十三夜のイベントは、楽しいことがもりだくさん。



金魚絵師深堀さんのご指導をいただいて作成した、金魚キャンドルはこれ↓







指導がお上手ですから、絵心のないあたしが描いても金魚が泳ぎました!

ふうむ、筆を使うのはなかなか楽しいです。







次なるは、イベントにちなんで藤沢周平さんの「十三夜」朗読。

ただの朗読じゃない。アコーディオンの懐かしくてもの哀しい音色にのって。









すすきの穂が揺れるむこうに、十三夜の月が見え隠れ。





さらにさらにお楽しみはつづき、小鼓と長唄による邦楽のゆうべ。













望月太喜之丞さんと吉住小与ひでさんご夫妻による、歌詞に「月」がたくさん出てくる長唄のオンパレード。

お話は太喜之丞師匠ですが、これがまた軽妙で楽しい。

こんなに身近なところでお話つきの邦楽を聴くのは初めてです。

やっぱり三味線を習ってみたいなぁ。





そそ、忘れちゃならないのが司会の大至さん。









元幕内の力士さんです。巡業で鍛えた自慢ののどで相撲甚句を披露してくださいました。

写真が暗くてもうしわけないのですが、ほんとにかっこよくていらっしゃる。

やはりなにかを極めた方は、すばらしいオーラが出ています。



合間に外でお食事いただいたり、出店を見てうっとりしたり。

chapaさんのポストカードは、嫁入り先を考えながらの購入。



16時に始まって19時終了だったのですが、あっという間でした。

余韻を楽しみながら夜空をみると、きれいなお月様。

来る時にパラついた雨が嘘のよう。


十三夜 和のこころ主催イベント

着物がご縁でつながったよしこさん

着付けのお師範でいらっしゃるが、OL生活しながら和のイベントを企画しちゃう、ちょとかっこいい女子。

「野庵 着付けの会5月組」では、たいへんお世話になりました。



よしこさんが今回、金魚坂でイベントを主催すると聞きつけ、

これは着物で遊びに行かずにどーする、と。



もちろん単独で行ってはつまらないので、まよ姐も誘いました。



















着物  木綿紬。 写真では茶系に見えますが、実は紫がかったピンクです。
     ピンクの地色に、ポツポツと黒く紬糸が混じっていて、なかなかおしゃれ。

帯   木綿の名古屋帯。タイトルがついてて「とんぼがくるり」
    大好きな呉服屋さん「きくや」さんのオリジナル商品です。

なぜ木綿かと言えば。
金魚すくいでもしようもんならすぐ濡れてしまいますやん。
まあ金魚はすくいませんでしたが、木綿ってことで狭い店内ものんきに歩き回れました。

女子校文化祭

ふつう2日くらいある、各校の文化祭。

娘の学校は一日しかない。(しかも学校としては「文化祭じゃない」とノタマウ…)

ま、認識は生徒も保護者も来校者も『文化祭



今年は保護者のクラス委員を引き受けているので、一日拘束されました。担当はお汁粉鍋番。でも、途中から大声誘導隊(こっちのが適材適所)



娘の舞台出番見て、娘のクラス展示見て、目玉の高校ダンス部公演見たら、終わっちゃった。



それにしても、息子の学校から大挙押し寄せていたのはなぜ?

結構異性のきょうだいがこの組み合わせ(同じ親から生まれるとおつむの出来も同じくらいってか(笑))ってのがいるとは聞いているが、それだけでは説明のつかない多さだわぁ~



疲れたが、学校はそれなり楽しい。


FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR