新しい草履





アンサンブルと一緒に、ババが持ってるだけで履いてないという草履も、ありがたく頂戴して来た。私が履いてあげるぅぅてなもんで。



それで仕事始めの日(この日は終業後社長宅にお呼ばれだった)にもこの着物と草履で出陣。その日は、前坪のところから少し白い粉(あぶねぇ)が出るくらいで、特に支障はなかった。



そして、土曜日。また履いて出かけた。お教室に着いたときにはなんでもなかったのに、帰宅して足元をみたら・・・



鼻緒表面のエナメルがぼろぼろに崩れて剥げてます



たった2日の命でしたか・・・orz



困った困った。和服でお出かけしたくても草履がありません。

日曜日の朝いちばん、起きぬけでぼーとしていたらドアチャイム。
誰じゃいな、こんな朝も早よから・・・と思って出たら、宅配便のお兄さんの手には、
まさに草履サイズの箱!
あ、そうか、悪名とどろくセミナーで草履も注文したんだったぁ!
早速開梱して、足に合わせてにんまり。
とっても履きやすい草履です。私は足がちっちゃいので、問屋のおっさんが「絶対にMサイズを買うてはあきませんえ~」と言うてはりましたが、ほんまにそのとおりでした。S寸の台に変えてもらって鼻緒をすげてもらったこの草履は、私の足にぴったんこです。

届くの見越して壊れたんかいな、ババ草履。


みなさん、物は使うてナンボでっせ。しまっておいても増えたりしませんぇ。
使って壊れたら本望ですがな。
スポンサーサイト

渋谷ぶらぶら

娘がフルートを買いに行くので、渋谷にお出かけ。



何年ぶりかでセンター街より向こう側をぶらぶらしちゃったよ。オルガン坂とか。

で、大中って今でもあるのね。昔、吉祥寺に住んでいた頃大好きで、毎日のように行っていたっけ。

かわいいパンダの抱き枕がいて、『連れてって』って呼ばれたんだけど、さすがに恥ずかしかったので、パス。





今、すごく後悔している。






ランクアップ講習開始

さらに上をめざす?ってか、習得しきれてないので、引き続き着付けの講習に参加。今日からです。

でも、今までのクラスメンバーじゃなくて、別クラスへの編入の形になりました。ええ、ランクアップ受けるの、うちのクラス私だけだったんで。



お日様にっこりであったかかったし、午後クラスになったので時間に余裕もあるし、なにより荷物持たなくていいので、うちから着物で出かけます。母のタンスからかっぱらってきたグレー系の紬っぽく見えるウールのアンサンブルと、赤の幾何学っぽい縞の名古屋帯。



今日は、名古屋帯での角出しをならいました。ほんとは前もやったんだけど、きれいさっぱり忘れてた(笑)せっせと練習してマスター!(したつもり)



帰りに角出し結んで帰ろうとしたのですが、帯枕しまう場所がなかったので、やっぱりお太鼓にしました。



はあ、着物道は奥が深いぞ。


続 声をきくということ

中高生対象のしゃべり場実行委員をやってることは、前にも書いた。その委員会でのことを少し反芻したい。





前回のしゃべり場でちょっとした行き違いがあり、反省をすることになった。その話し合いの中で浮き彫りになってきたことのひとつは、大人間での意識統制がとれていないということ。

え?統制?

ちょっと待ってくれ。10人もの大人がいたら、統制は難しいんじゃないのか?めざすものはひとつかもしれないが、背景として持つ考え方は人それぞれだ。誰もが同じじゃない。それを一本化するのは無理なんじゃないの?と思った。



もうひとつ。中核となる人が、中高生の現実をあまり知らないかもしれない。とりわけ、その精神的なもろさを。

うちにいる二人を見ていて、当人もさることながら、その周囲にいる級友たちのあれこれを聞くにつけ、あまりにもデリケートであまりにも脆弱なことに、何度も驚いた。最近では慣れたけれど。それを踏まえた上で接していかないと、彼らは簡単に心閉ざしてしまう。閉ざすだけならいい。

簡単に壊れてしまう。それだけは絶対に避けなくてはいけない。そのためには、しっかり声をきかなくてはいけないし、大人の独善を回避しなきゃならない。

大人の度量が試されているな、と思う。




本日のお楽しみ



2006年最初のコンサートはこれ。



石田泰尚さんは地元在住のヴァイオリニスト。2年ほど前から、近くでコンサートがあるときにはなるべく行くようにしている。つまり、プチおっかけ。



今日はチケット代が比較的安かったのに、プログラム&アンコールてんこもりで、もう娘も私もおなかいっぱい幸せいっぱい。



次は来月のバレンタインコンサートです。

声をきくということ

地域の子どもたち(中高生)と話をする機会が増えている。

っていうか、そういう場を作る実行委員になっている。

そんな活動を半年以上続けてきて、最近こんなこと↓を思っている。

 
 
 
 
わたしは子どもたちの声をきいているのが好き。
話の内容もさることながら、
声にのっている気持ちのノイズみたいのを感じ取る努力をしているつもり。
強気な言葉と裏腹な不安感が感じられたりすると、
「大丈夫、そのまま言っていいんだよ、
きっと共感してくれる人がいるよ」
と 声をかけてあげたくなる。
反対に、自信なさげなことを言いながらも実は一家言持っていたり、
というのがなにげなく出ているのに気づいたときなどは、
「お、こいつなかなかヤルな」
と思う。
そういうところを伸ばして生きていく手助けができればいいなぁ、とか。

そんな中高生たちは、「自分がどういう自分か」ということよりも、
どうやら「自分はどう見られている自分か」ということのほうに
強く強くとらわれているような気がしてならない。
ほんとうは、若いときはそうなのかもしれないけれど。

自分は中学生のころから「私は私」という超生意気なヤツだったので、
人から見た自分、というのをほとんど意識していなかった。
私はあなたが必要、だから、ともだちでいて。っていう感覚だった。
今考えるとたいへんなジコチュウだけど。
でも、その当時必要だったともだちは今でもともだちやっているから、
その求め方がまったく間違っていたとは思っていない。

で、今は、と言うと。
「私からみたあなた」と
「あなたにとっての私」について一生懸命考えている。

たとえどんなことがあっても、
その人の心に寄り添える自分かどうか。

相手が誰であっても、耳を傾けられる自分かどうか。

それが正しいやり方でなかったとしても、
「あなた」がそれを求めているならば「私」は求めに応じたいと思う。
そこから先は、「あなた」と「私」の関係の中で変わっていく。

できれば正しい方向に。
でも、正しいかどうかは誰にもわからない。
人間関係は混沌としている。

ステップアップ講習会

4ヶ月講習会を修了すると、次の講習会が始まるまでの隙間を利用した『ステップアップ講習会(5回コース)』へのお誘いが来ます。もちろん受講料はまた無料で、当然ながらうち1回はセミナーだ(笑)。



私のクラスで参加即答したのは、…なんと私一人ですだ。あ~、いちばん暇な年代なのかも。同じ先生の他クラスは、ほぼ全員参加らしい。どうりで毎回先生が、「あなただけこのクラスとキャラが違う」って言うわけだ。



先生はほぼ同年代。着物歴はたぶん20年超だろう。体型とか雰囲気は私と違うけれど、メルアドも教わったし、師匠としてずっとついていきたいかな。うん。



着物道楽(いや、着物地獄の間違いか)まっしぐらかも。

とりあえず修了

全14回の着付け教室は、今日で完了しました。普段着も柔らかもんもどうにか着られるようになったし、名古屋帯も袋帯もちゃんとお太鼓に結べるようになりました。たぶん先生から見たら、とんでもなくぐちゃぐちゃなんだろうけど。



あとはとにかく何度でも着て出かけることだろうなぁ。今のシーズンは、道行きコートで隠して歩けるから、チャンスかも。



ちなみに、かよったのはアレです。検索すると『セミナーはやばい』(笑)とそこら中で書かれている日本和装の教室ですよ。今、天海祐希さんのCMをがんがん流してますね。



終わってみて思うのは、自分が消費者としての意識をきちんと持っていれば、セミナーは乗り切れるということ。買わないと決めればそれを貫けばいいし、買うつもりがあるならば事前にデパートなり呉服屋さんなりを覗いて、価格のリサーチをしておけばいいし。

実際、私は納得してお買い物しました。(清水の舞台から飛び下りた!)だって、一目ボレしちゃったんだもん…



これからなるべくお出かけは着物にしたいと思います。私と一緒にお出かけしてくださるリアルお友達の皆さん、私がを差し出したら、黙って写真撮ってね~



さて、カテゴリ着物を追加するか。


がんばれ大学受験生



今日からセンター試験。



だけど、この雪だ。禁句は封印。

ベストを尽くせ。


霜柱ふたたび  冬の最中に

今朝も快調に霜柱。

昨日は2センチ半くらいだったのに、今朝は4センチくらいに成長、しかもびっしり。

そんなに寒かったのかorz





だのに、エアコンが壊れてる我が家。







どうすんの、オレ!





(さらに給湯機&車まで挙動不審、いったいどうなってんのぉぉぉぉぉ)

霜柱

通勤で駅に歩く途中に畑がある。今朝はきれいな霜柱が立っていた。

(写真撮る暇はなかった、m(__)m)



幼い頃と同じように、踏んで歩いた。踏み込むとサクッと鳴り、足を持ち上げるとキシッときしむ音がする。



サクッ

キシッ

サクッ

キシッ



こんな音ならずうっと続けばいいのに。

畑の畔道は20メートル足らず。



行ってきます。




久しぶりの整体

月1回になってる整体。今回は5週間ぶり。ちょいと間があきすぎた感あり。



正月のこともあるし、仕事では仕様書なしのプログラミングが降って湧いてるし、ぼろぼろだろうな~と思ったら。



そんなでもないそうです。ちょと肩のあたりが詰まってる程度で。ある程度自分の体との付き合い方がわかってきた、そゆことらしい。



なので、ガスター20やめていいかどうか訊いてみた。先生のお答えは、やめても急に悪くなることはないから、肝臓への蓄積を防ぐためにはやめてみれば、だって。そうか、やっぱりクスリは肝臓に溜まるのね。今夜からキャベジン(医療機関用だよ)だけにして、食べる量のコントロールを少しだけ強化しよう。



ああ、また自制心が問われるのかorz




鎮魂の朝

午前5時46分。



息子が中学生になったこの春からは目覚まし時計が5時45分に鳴るけれど、去年までは何も鳴らさなくてもこの日のこの時刻には目が自然に開いていた。



なんらかの形でかかわったことのある方の幾人かが、この地震で犠牲になったり被害を受けたりした。忘れることのできない1.17。



私の住むこの関東も、確かこの時間はドンと揺れたはず。その日も目をさましたから。お昼近くのニュースで燃えるまちなみを目の当たりにして、流れる涙を止めることができなかった。当地に住む友人・知人から連絡が入ってくるようになったのは、3日くらいたってからだったと思う。それほどまで、暮らしを根こそぎ壊していった、あの地震。



あのとき、私の心も少し色を変えた。ありのままを受け入れる、ということがどれほど大切かを痛感したから。



今日もまた、同じ時刻に祈った。

「飲む玉葱」報告レポ

風呂上りにいただきました。



塩味抜きのオニオングラタンスープをりんごジュースで割った味。



ってか、



りんごジュースに、さらし玉葱の水を微量加えた味。



ってか。



怪しい味ですからぁ





いくら健康によくても、こんなもん毎日飲めるか。

十分休養した、と思う

また元に戻ります。

不定期更新でのんびりやりますね。



あちらのことは、もう私の手が出せる範疇じゃないんで、夫とその家族に一任です。ってか、ぶっちゃけ、



「おら、知らね」





逃走。

しばらく休みます

心のデトックスしないと、皆さんにお会いできません。



ちょっとの間、休憩します。

あ、『飲む玉葱』は飲んだら感想をアップします。でも、まだコワくて飲めない。(笑)

嫁が介護ヘルパーに変わる日

人生43年生きてきて、こんなに屈辱的な金を受け取ったのは初めてだ。2万円、日当に換算して5000円、起きてて一緒にいた時間で時給に換算して500円(をい、最低賃金クリアしてねぇよ)。だけど、これが10万円でも100万円でも、結果は一緒だったと思う。



丸一日以上たつけれど、義父の金の差し出し方を思い出すと、はらわたが煮えくりかえるような怒りでいっぱいになる。せめて、ありがとうかごくろうさまの一言とともに折り畳んで出されたら、こんな気持ちにはならなかっただろう。端っこを持ってなかばピラピラさせながら「とっときんさい」だからね。ヘルパーさんにだってあんな渡し方したら失礼千万だよ。



って、私ゃヘルパーさん以下の価値ってことだよね。情けない。



さらに情けないのは夫。今もって一言のねぎらいもありません。昨夜触られたらさぶイボがたった。



今日、役所開いてるんだっけ。届用紙とりに行ってこようかな。




渋滞

ここまでずうっと順調でしたが、ついにつかまりました。



今、富士川SAです。びっちり詰まって動きません。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR