WINばんざい

すみません、auのマワシモノみたいになってますが。

今日、機種変しました。だって、毎日何度も画面がぐちゃぐちゃに崩れてしまうんだもん。今日なんて、昼ごろ15分くらい電源切ってやっと復活するくらいなんだもん。



で、もうぶちきれて機種変しました。ここをサクサク見るためにもWINは必須。いや~、なんだかしらないけどwebが出てくるの早いね。今までがADSLクラスで今度は光なみ。(PCでしかたとえられない、おばか)



そゆわけで、これからもDUOBLOGを楽しみます。



って新しい携帯からの投稿じゃないのか>ぢぶん
スポンサーサイト

日本の端っこ

日本の東西南北の端っこはあたりまえだけど4つある。そのうち北の端っこしか行ったことがない。北海道にこれだけ行ってて、東の端っこ行ってないのかよ・・・。



その北の端っこについて。

基本的にわたしの北海道旅行は移動手段を国鉄、もとい、JRとバスに頼っている。(最初は国鉄だったんだよなぁ)当然のことながら宗谷岬にもバスで到達した。いや、しかし、この到達したという感覚の、あまりのなさにぶっとんだ。前にもちょっと書いたけれど、道がなにげなくカーブしてるだけなんだよね。きっと自分で運転して来てたら、うっかり通り過ぎちゃうんじゃないかと思った。



もしかするとそのせいで、何度も道東にも足を運んでいるのに、東の端っこに行くのを避けてしまったのかなぁ。でも、誰がどう読んでもあの地図ならどん詰まりだぞ。



宗谷岬に行ったときは、大学のクラスメート♀がいっしょだった。彼女も「???感動しないねぇ」とつぶやいたのをよくおぼえている。結局似たものどうしで旅をしていたわけか。



どなたか、わたしたちの「北の端っこ」に関する間違った認識を正してください。

どうする、車

うちの車は3台目だ。いずれも中古で購入した。



初代は、家族が増えて手狭になったので手離した。下取りはマイナス査定だったが・・・。幸いにもこの車を欲しいと言ってくれる青年がいたので、もらってもらった。



次の車は、団地の駐車場でぶっつけられて全損。廃車の憂き目にあった。古い車なのでそんなに出せないという某損保会社に対し、こっちに何の落ち度もないのに車が買えないくらいの金額しか出ないとは何事だ、とキレてやったら、当初査定額の2.5倍出してきた。保険会社なんてそんなもんだ、と貴重な体験をした。



そして、今の車。こいつは、購入時にわたしはいっさい選定に関わらなかった。ってか、関われなかった。同居人がとある業者さんとネットオークションでやりとりしてたんで・・・。家に来て運転席に座ったときのなんともいえない違和感。体に合わない車があるってことね。わたしは女性の標準体よりも小さいので。

体に合わないだけでなく、どうやら運転方法もあまり相性がよくないらしく、同居人よりも先に不具合に遭遇することになりました。ことの始まりは、今年のGW直後。雨の降る夕方。交差点で右折待ちをしていたら、急にエンジン音が変化してバッテリーランプがぺこぺこ点滅した。
「うぎゃ~」
ってんであわててニュートラルに入れてアクセルを踏み込むと、ランプは消え、何事もなかったかのようにエンジン音も安定。その後、出先で停めて用事をすませて帰宅。今度は自分ち用のスペースに入れるためにバックするとまたもや同じ現象。なんか怖いなぁ。

とりあえず同居人には報告。でも、次に同居人が乗ったときにはそういうことは起きなかったのね。で、放置されたんですが、梅雨時当然雨ががんがん降るわけで、そゆときに乗るとほぼ確実にそれが再現される。交差点で動かなくなったら怖いので、緊急時以外はなるべく乗らない、と宣言したのが
6月末日。

そうこうするうちに、ついに同居人も同じ現象を目にすることになった。実のところ、この車はすでに前々回の車検直後に電気系統に異常を起こして路上でストップしたことがある。
それなのにどうして放置するんだ>同居人。
命を乗せて走るのにかまわんのか>同居人。
同居人のことはまあいいや。いずれにしても、すごく不安定な状態の我が家の車。ただ、エンジンの回転数をかなり上げて走れば問題ないってことは実験でわかっている。(実験したのはあたしだ、どうしてヲマエがやらないんだ>同居人)

そんなわけで、昨日も山梨県は韮崎まで、この車で往復してみた。渋滞するとぺこぺこオレンジペコだった・・・orz

どうすりゃいいんだ。ちなみに先週、メーカーと関係ない修理工場で自己診断プロ実施してもらった。異常なし、と出た。いったい何が起こっているんだ、うちのプリメーラカミノ。

謝肉祭のご馳走



え~、そういうわけで本日ぶぅふぅうぅ農園では、年に一度の謝肉祭でした。メニューは、パエリア・豚もも丸焼き・豚汁・鉄板焼き・八ヶ岳山ろくの高原野菜と果物たっぷり・りんごの焼き菓子・十穀米のおにぎり・ピザ←ここまでは誰かが作ってくれる。








そして、さらに自分で作って楽しむものとして炭火焼きパン登場!そこらへんの棒切れに生地を巻きつけて、炭火でじっくり焼きます。(白いのはキリタンポでなくてパンなのだ)こんがり焼けたら、豚肉ウィンナのゆでたてを穴につっこんで、ホットドッグのできあがり。



そゆことで、夕飯がいらなかったのであった。そりゃそうだよな、12時から延々と16時近くまで食べっぱなし。

豚さんに感謝


こんにちは。ぶぅふぅうぅ農園から、かわいい子豚の写真をお届けします。この子は、まだ離乳のすんでない生後たぶん2ヶ月以内の子豚。「ぶぅちゃんぶぅちゃん」と声をかけたら、かわいいポーズをとってくれたので、すかさずシャッターを切りました。

子豚たちは母豚のそばでわらわらと集まって暮らしています。基本的に離乳がすめば、母豚と一緒のブースから自由に出入りできて、豚舎から出て外で遊んだりしています。



で、えーと何ヶ月かたつと屠殺場に連れて行かれて・・・やがてスライスされたりブロックのまま冷凍され、我が家にやってくるわけです。基本的に肉(とりわけ脂身)はあまり好きでない私ですが、ここの肉は別。以前どっちの料理ショーでも取り上げられたことのある、放牧豚です。味わい深いお肉になります。

こんな豚肉はなかなか食べられない、ちゅうほどおいしいので、若干ずれておりまするが「腹満たすもの」カテゴリに放り込んでみました。

ハロウィン





昨日から、隣の駅周辺で西洋の祭りやってます。お近くの方、明日までやってますんで、ぜひお出かけください。明日は天気いいみたいだし。



おととしはこども劇場だけでひっそり楽しんでいたんだけど、なぜか去年から商店会もタイアップで、街全体で大々的にかぼちゃを並べるようになったんだぁ。で、その理由をよく考えたら、行政主導でやっていた祭りを財政難のためにイッコつぶしたからだ、とわかった。だからってうちらの祭りに勝手にのっかってくるなよ、と去年は思っていたんだけど、今年も盛大に街がかぼちゃだらけになり、たくさんの子どもたちが「トリックオアトリート」って言いながらお菓子もらいに集まってくる様子をみると、これもアリかなぁと思うわ。



わたしは、去年に引き続きちょこっとお手伝いさせてもらいました。ほんの少ししかお役に立てなくてスマソ。

そだ、記録記録

今日、会社をサボって(いや無断ではない、ちゃんと断ってある)メガネを作りに行った。

自分のをつくろうと思うと、いつも子どもらが「治療勧告書」をもらってきたりフレームを破壊したりして、もう5年以上もの間作り損ねてきたのである。



で、わかったことは。



まだ老眼じゃない



ああ、うれしい。

ユースホステル

たまにはALBA姐さんみたいに分析でもしてみよう。



のべ宿泊数(スタンプがあるもの)→53

経験値(つまり泊まった場所の数)→32

最多の宿泊数→7



地域別だと

北海道→33

東北→14

中部→4

中国→2



だってさ。ご先祖様の血がさわぐのかね、北に向かうのは。

(おかしいなぁ、中部地方の血もかなりコユイのに。)



ちなみに、独身時代と結婚後の比率は49対4ですた。

最果の島 利尻・礼文

今のところ日本の最北端は宗谷岬だけど、ちょと昔は礼文の船泊だったとか。(確かそう聞いた)それは、宗谷岬がなだらかなカーブだから、とかいう理由じゃなくて、島特有のドン詰まり感から来るものだろう。

利尻礼文には一度しか行ったことがないけれど、とても印象に残ってる。たぶん、自然そのものを強烈に感じとったからだと思う。



夏の礼文。花が咲き乱れる8時間コース。今も若い人たちはあの道を歩いているんだろうか。



あの夏は記録的な(当時)猛暑だった。出発の朝はすごく暑くて、この暑さゆえに歩き通せるのかどうか心配したけど、結局途中から大嵐になって、ウエンナイの茶店のオバちゃんに「この先行っちゃならね」と言われたんだっけ。



あのとき一緒に歩いたサンチャン、ヒデンカ、どうしてるかな?リーダー、私は今も元気に生きてるよ。たくさんの人の顔がまぶたをよぎる。



ところで、問題の宿ですが。その頃キチ●イユースと言われていた超有名な桃岩荘、私は泊まってません。敢えてハズしました。なぜなら旅で出会った人皆に、「おまえそこ行ったら一生出て来られなくなる」と言われたからです。

どゆ意味だorz


自分がいちばんわかってない

カラダねた、2発。



先週の水曜日、間1週あけての整体に行ってきた。

背中をちょこっと触って先生いきなりズビシっ。

「ちょっと食べ過ぎの兆候が出ていますね。それも2、3日前」

あの・・・。たしかに3日前の日曜日に上海蟹食べてます。

どうしてそんなのバレるんだらふ?





そして。

昨日は地域運動会だった。行く気はなかったんだけど、午前中買い物からかえって来たところを団地の理事長夫人につかまった。

「人が足りてないんだから、抽選券もって行ってきなさい!!!」

去年名誉の負傷したから、競技は選ばせていただきます。デカパン競争だけ出ました。この距離ならぜんぜんOKってんでマジで走り、アンパンならぬせんべいも口でゲットしました。

抽選は銅賞があたりましたが、これがゴルフ場のネーム入りタオル。食えないどころかバザーにも出せずに「どうしょう?」

そして今日は・・・。

ふとももの裏側が痛いです。激痛です。椅子から立ち上がるのが困難です。



結局自分の体を一番わかってないのは自分だという結論に達したのであった。

北の大地

「きたのだいち」と一発で変換しようとすると、人名みたいになってしまうのねん。



北海道には何回行ったんだろう?

合計にして100万円以上投資していると思ふ。

やっぱりすすめてもらったときに、美瑛に300万で家を買えばよかったと、激しく後悔している。

とは言ふものの、このトシになると、あんなに寒いところでは暮らせないかもしれないなぁ。



それにしても、駅で寝たり民宿やユースを利用していたのに、100万円か・・・。移動のバス代がいかに高いか、だな。

確か当時「三大高いバス=阿寒バス、斜里バス、北見バス」とか言ってた記憶が。

知ってる人、教えてちょんまげ。

じゃあ、これだな

最近あんまり本読んでないが、せっかくDUOがトラックバックテーマに「おすすめの本」を出してくれたので、ここ数年読んでいちばん笑っちゃった本をご紹介します。



著者:篠田節子

タイトル:斎藤家の核弾頭



近未来系ですが、ありそうでなさそうなシチュエーションなんで、軽く笑い飛ばして読めていいですよ~。



篠田節子さんはどちらかというとしっかり読むタイプのものを書く作家ですが、これはかなり違う毛色です。篠田読みでも読んでない人が多いって聞いたんだけど。どうなんでしょうか?

感染





著者:仙川環

出版社:小学館



小学館文庫小説大賞の第一回受賞作なんだそうですが、同名の映画が話題になってしまって、埋没したらしい・・・。



わたしの大好きなバイオ系。

テーマは臓器移植(それも子どもの)とウイルス。

現在日本では、子どもは国内で臓器移植することができず、外国に渡って臓器移植手術を受けるケースが後を絶たない。この小説でも、心臓移植のために海外に渡った子どもが変死する、というショッキングな事件を皮切りに、次々と妙な事が起こる。



ネタバレにならないように感想を書くのが難しいんだけど、とにかく医療に関しては、失敗が許されない。和田移植の不明朗さのために日本の心臓移植は何十年も遅れてしまったわけだし・・・。この本に出てくるケースも、切羽詰ればそういうこともアリなんだろうなぁ、だけど、切ないなぁ。



命の尊厳、について改めて考えさせられた。

と同時に、自分がドナーカードを持つということについても深く考える必要があると思った。今は持っていない。

せめて死後の腎・角膜に○をつけて免許証に貼付しようかと思う。

牡丹園~中華街大作戦~

上海蟹食べてきますた





ゆでる前。認定タグがついている。が読めないからよくわからん。






ゆでる前の腹側。右の蟹がメス。(たまご抱いてる)






おいしそうに茹で上がりました。!(^^)!



で、オスメスどっちを食べたかと言ふと・・・。

たまごに栄養のとられてない(と思われる)オスをいただきました。

着付け教室

何を思ったのか、唐突に着付け教室に通い始めた。(月初から)

ちなみに、わたくしのことですから、月謝のかかるようなところではありません。ときどき折込広告で入ってくる「4ヶ月無料着付け」ってやつです。



もともと和服が好きではあったが、自分では長じゅばん→着物をぐちゃぐちゃに巻きつけるまでしかできず、着る時には近所に住む母を呼びつけるか、または一式持参して実家に行くかして、「帯しばってちょ」の世界だったのである。しかし、半年前、坊主の卒業式に和服で行こうといつものように母を呼びつけるも、なんだか歩いているうちにぐざぐざと崩れ始め・・・。そうなんである。母も歳をとって、帯を締め上げるには力不足になってきたんである。したがってこの先和服を着て出かけるには、常に着崩れの危険と背中合わせ。そんなんでは出かけた先で楽しむこともできまいて。



それと、どうも体をまっすぐに矯正するに和服は最適らしく、(いや、そんなことをきちんと思ったわけじゃない、なんかとにかく着付け習いたいと思っただけ)とりあえず申し込んでみたら、定員に入れたらしい。



今日で3回目、やっと帯を巻きつけるとこまで来た。しかし外に出られるほどかっこよく巻きついてない・・・。持っている着物も帯も宝の持ち腐れにしないために、がんばらにゃ。

着物はどうにかなるが、本日学んだ帯結び(名古屋帯でのお太鼓結び)ソッコーで復習しないと、今夜寝たら忘れるに決まってるorz

正楽

経堂はラーメン屋(含む中華料理屋)が多い。

駅からとことこ歩くとたくさんみつかる。

中には「東京うまいラーメンベストなんとか」に入るような店もあるみたいで、そこは12時開店の直前から行列してる。

(前に一度食べた。感想としては「あ、そう」ってかんじで・・・。何度も行きたくなる店じゃなかったのよ、私はね)



で、前々から気になっている店がいくつかある中のひとつに入ってみた。

こゆときはたいていノーマルな「らーめん」とか「塩」とかを頼むんだけど、どうしても目が吸い付いて放れなかったメニューがひとつ。「もやしらーめん」

頼んでみました。



おおお、ふつう、炒めただけのもやし(&野菜)がのってませんか、もやしらーめん。ここのもやし、



あんかけだ。



炒めるときも、麺と同じスープで炒めてあるので、とってもおいしかったです。麺とかスープとか、「バカウマ」ではないけれど、とてもバランスよくていいかんじでした。



ベストなんとか行列店よりもこっちで塩とか味噌とか極めるほうがいいや。その次は「からから亭」だな。



書いてアップしたつもりだったのに、なぜかなかった。

しかも、記事がないことに気付くのに4日もかかっている。

ばかも~ん。

恒例の生鮭&イクラ



毎年生協で買います、鮭まるごと一尾。

解体する前に写真撮るの忘れたorz



たぶんもう10年以上買い続けているので、手際も良くなった。イクラも自家製タレで作るんだよ~さっきちょと味見したよ、マジうま~



やっぱり手作り食品は、自分好みの味付けにできるので、いいな。明日の晩はイクラ丼だ。うしし。

雨天順延

今日は息子の学校の運動会だった。雨が降った。当然実施不可能で・・・。明日に延びた。

この学校、ここ数年まともに運動会をやってない。現在中学に在籍している子には運動会の経験がない。いったい誰が雨男なんだろ?きっと校長だと思う。



明日も雨らしい・・・。

校長、カメックスに似てるんですけど。雨呼んだら困ります。

メール投稿(写真添付)

ケイタイから写真をつけて投稿したかったので、やってみた。



PCで確認・・・・へぇ。こうなるのか。写真の位置を変えたかったら、PCで編集すればいいのかな?それはまた後日実験することにして、今はこのまま放置だ~
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR