整体5回目

めでたくワンクール完了いたしました。(盲腸騒ぎで当日キャンセルをかましたので、2日遅れた)



で、次の人が待っていなかったので、先生にあれこれお尋ねしてしもうた。5回やると、いいところ(なにも手をかけなくてもいい、という意味)と悪いところに身体がはっきり分かれてくるんだって。で、わたしの場合悪いところは、整体的部位で言うと骨盤と首。ヘ?首?



むちうちの既往症があるのではないですか、というくらい首悪いそうです。へぇ。脳みそからっぽだから頭軽いんだけどなぁ。なんでかなぁ。骨盤は、言わずと知れた下肢の古傷に原因があるそうです。膝や腰に歪みが出ないで、遊びの大きい骨盤に行ったのは不幸中の幸いってやつか。



とにかく自分の身体にはなみなみならぬ興味があるので、これからもネホリーナハホリーナするつもり。



今回はゆれ戻しがあるかも、と言われましたが、すげぇ鼻水です。ほとんど水状態です。



<追記>

現在月曜日。やっと止まってきたかも・・・。(でもまだ出る)
スポンサーサイト

合唱コンクール

娘の学校は、中学・高校それぞれに分かれて合唱コンクールがある。中学の部に出かけた。初年度は通しで聴けなかったが、その後はちゃんと結果発表までみてから帰っている。



毎回思うことだけど、1年生はまだまだ声がこども。でも、2年、3年と学年があがるにしたがって、大人の声になり、表現が多彩になってくる。それをみるのがとても楽しみ。



<今年の感想>

1年と2年の間、じゃなくて、2年と3年の間にマリアナ海溝級の深淵があったぞ。



そして、娘のクラスは賞を逃しました。ま、妥当な結果です。

病人発生

今朝起きてきた娘。腹が痛いと言う。顔を見ると・・・あれ?なんだかおかしい。「痛いところはいつもと違うんじゃないの?」と聞くと、そうだと言う。

明日は木曜日。ここらの開業医は全部休診だ。今日のうちに行かないとマズイかも。



で、センセイのお見立ては急性虫垂炎。

近隣の基幹病院を紹介されて急いで行ってきたが、結局はただの腹痛だと診断された。

でもね~。かかりつけのセンセイのほうが信用できるかんじだったな。だんだん痛くなってきてるっていうし。

今日はちょと娘から目が離せない。

火の粉



著者:雫井脩介

出版社:幻冬舎



サスペンスホラーです。

「罪を憎んで人を憎まず」っていうけれど、結局は人が怖いんじゃんかよぉ、っていうお話。



裁判官梶間は、一家惨殺事件の犯人と目される男の裁判に際し、男も背中に傷を負っていたという理由で被害者であると判断して無罪を言い渡す。数年後、その男が梶間家のお隣に引っ越してきて・・・・。



人が怖いというのは、ただ単に罪を犯すような人が怖いというのではなく、感度の鈍った人の怖さでもある。この話では、特に男性の感度が鈍く、なんとはなしに「定年後の男性が地域に身の置き場所を見つけにくい」というところへ直結してしまった。地域社会のように利害がからみにくい人間関係だと、とどのつまりは安全か否かになってくる場合もあるのでね・・・。うちは今、住民環境はとても恵まれているのだけど、地域全体でみると不審者が多々出没していて危険きわまりない。そういう方向にアンテナを立ててると、もし危険な隣人がいたら、とてもじゃないけどやってらんなぁいって感じだな。



とにかく、この話はかなり怖いです。ぞぅっとしたい方にはおすすめ。借りてきて、一気に読んじゃいました。

藤田紘一郎先生

寄生虫ハカセとしてご高名な先生が、地元コミセンの講演会においでくださいました。先生のおなかには、サナダムシの「キヨミちゃん」が住んでいます。キヨミちゃん、そろそろご臨終が近いらしいですが。



先生の叫び・・・「清潔はビョーキだぁ」

(同名のご本もあります。)



そうよそうよ、そんなにキレイ好きじゃなくたって生きていけるのよぉぉぉ。

語りかける中学数学

著者:高橋一雄

出版社:ベレ出版



えーと、これは私の本じゃなくて、昨日「数学なんとかしたい~」と訴えた息子のために買った参考書です。

表紙にはとても魅力的なお言葉が。



・「覚えるべきこと」と、「理解すべきこと」の違いに気づく。

・豊富な「誤答例」で間違いの理由がわかる。




そしてきわめつけが

・数学の基本はすべて中学数学にある!



そのとおりなんですわ。はい。

で中身です。一般的な参考書の場合は数学に限らず、説明の文はすべて紋切型で冷たいそっけない文章ですわね。ところがこの本は違います。話し言葉なんですよ~。たとえば・・・



これをしっかりと、何度もぼろぼろになるまで読んで考え方を理解してくれれば、数学など恐くありません。大丈夫!信じてついてきてくださいね!



なんと力強いお言葉・・・・どこかで見たような・・・。



そうだ、これは!!!!!



かつてあたくしがやっていた「赤ペン先生」の言い回しとそっくりじゃあ~りませんか!!!そうだったのか、道理で親近感があったわけだ。あの頃あたくしを困らせていた受講生、どうしてるんだべか・・・。



さて、この参考書、わたしも拾い読みではなく一から読みすすめることにしました。

コメントって、とても大事なもの

ALBA姐さんのところからのトラックバックです。



わたしのblogを読んでくれている人は、あんまりネットの中を放浪しないタイプの人が多いと思う。だから、ここからどこかへ飛んでいくこともないような気がするし、そもそもどこか飛んでいきたくてもその道筋もないわけで。それに関しては正直、スマンと思う。(いまのところ独り言blogだからね)



だけど、これから先、DUOBLOGに来たことをきっかけにして世界を広げていってくれるなら、必ずや「ブログってなんじゃ?」を考えなくちゃいけないときが来る。そんなとき小難しい本を読むよりも何よりも、ALBA姐さんの経験に裏打ちされた、わかりやすいこの記事が絶対に役に立つ。



わたし自身はもともと掲示板を持っていたこともあって、自ブログコメントでいきたいと思っている。でないと、これだけしっちゃかめっちゃかなカテゴリでモノを垂れ流しているので、本人ですらワケワカメになってしまうのは間違いないからね。ってか、このとっちらかったアタマでは、クロスコメントなんかしようものなら、自分の足跡捜せないだよ~。



てなわけで、姐さんのブログ、死ぬほどおもろいから読んでくれ。お気に入りに入れてあるぞ。

整体4回目

5回でワンクールということで、残すところ後1回だが、先生は冴えない口調。大きい歪みが取れると、もっと深いところのな部分が浮かび上がるらしい。ちょっとやそっとでは取れなさそげな疲れが背中に溜っているそうで…はああ。体そのものはラクになってきてるのになぁ~

不思議なできごと

通勤には朝だけ東急バス(あっ、社名出しちゃった。いいのか?)使ってるんだけど、今日乗ったバスはカードリーダーが壊れていたらしく、運転手さんがバスカードのお客さんには「次回お支払いください」って言って乗せてくれた。

もちろん私ゃプレミアムたっぷりのバスカード愛用者だからありがたく乗せていただいたけれど、現金のお客さんはきっちり210円払うんだよね。

「次回」って、明日の朝乗ったとき「昨日の分ね」って2回分引いてくれるよう自己申告するのか?いや~、しないやね~。



うーむ。今日は一日このことでない脳みそを悩ませるのかな。



あ、ちなみに、今までカテゴリは「電車大好き」だったけど、私はてっちゃんであるだけでなくバスちゃんでもあるので、カテゴリ名変更します。

「電車バス大好き」

そのうち都電とか渡し舟とか増えるかもしれない。

またまた吹奏楽

親バカですみません。すぐに影響されるんです。



まよ姐の伝手で入場券を手に入れて、航空自衛隊の中央音楽隊のコンサートに行ってきた。



ファミリーコンサートと言うだけあって、子ども連れもた~くさん。とても和やかな雰囲気だけど、音楽隊は決して気を抜かない!素晴らしい演奏で、息子も私も魂抜かれました~



それでも未だにリフは、息子の吹奏楽の曲。こりゃ重症だわ。ツイン・オークス、いいなぁ。(一昔前にはやったツイン・ピークスの誤植じゃないよ、念のため)

吹奏楽部~文化祭の華?

バザーのお手伝いに入ると身動き取れなくなると思い、吹奏楽部の演奏は土曜のうちに済ませたのだが、日曜も予定時刻に完売したので、元締めが「行っておいで」と送り出してくれた。ありがたやありがたや~



日曜はさすがに満員で、わずかながら立ち見も出た!プロは同じだけど、日曜だけ高3の助っ人が入ったりして、少しバリエーションもあるのがかわいい演奏も2日目の余裕っていうか、前日よりぐんと良くなっている(親の欲目?)ので、聴けてよかった

そゆわけで、プロ2曲目のフレーズがエンドレスで脳内回転中なんですが。どうにかしていただきたい

祭りの後

息子のの文化祭が昨日今日。お手伝いも含め2日とも登校してみた。



まず感じるのは、この学校のたちのソツのなさ。っていうか、本音と建前の使い分けの見事さ。悪く言えば小ズルイとも言えるが、そう言い切ってしまうにはあまりにも純。うまく立ち回ることが生きる全てになっているわけではない。そのピュアさはずっと失わないでほしい。



お手伝いのうちあげは延々4時間!まあこれもいいんじゃな~い?いろいろなものが見えた2日間だった。

なぜだぁぁぁ

来年の1月にあるコンサートに行きたくて、今日から発売のチケットを手に入れようと、さっき「チケぴ」と「イー」にいそいそ出かけた。



カンのいいあなた。ふたつ書いてある時点でもうわかるよね。初日枠とっくに完売でした。いったい何席確保してるのかなぁ。



たぶんまだいっぱいあるんだろうけどね。

明日、息子のガッコの文化祭に行くので、帰りにホールに寄って購入してくるつもりです。

全席自由3000円は安いな。うん。うしし。

auの回し者です

今日は休暇だったので、第二最寄り駅へ出かけた。こっちのほうが開けていて、銀行もあれば百貨店も商業ビルもある。断然おもろい。



姪のプレゼントにする絵本を選んだり、銀行で残高の少なさに号泣したり・・・。それと、そろそろ機種変しないとヤバイ状態(7月に修理したばかりなのに、また同じ症状が出始めた)になってきたので、auショップものぞいてみた。先日届いたプレゼント券も忘れずに持参。



で、バーバパパのストラップをゲットいたしました。最近手にいれたキャラものでは一番かわいいです。やるな、au。



次の機種は、たぶんアレだな・・・。もうS社はイヤです。それに、ここもあるからやっぱりWINにしなくちゃ。ところで、なぜに「WIN」なんだろう?Windowsを思い浮かべてイカンがな~。

健全な肉体に狂気は宿る

著者 :内田樹(たつる、と読む)&春日武彦

出版社:角川Oneテーマ21新書



今年の6月に初めて内田先生の本に出会った。ってか、これと同じく対談だったんだけど。(「14歳の子を持つ親たちへ」という過激なタイトルだ)

この先生の身体論というのだろうか、とにかく身体の言ってることに耳をすませて生きていけ、というメッセージが、自分の中にすっとん、と納まってしまい、そうだそうだ、それでヨカッタンダ!と妙に安心してしまったのである。

で、引き続きまた読んでみたが、これまたすんばらしい語録集であって、ほとんど私はウチダ教の信徒になってしまいました。



身体が困っていないときは、アタマが困る。身体が弱っているときには、そっちを治さないと生きていけないからアタマは困ってる場合じゃないので精神の歪みが鎮まっていくっていうのは、すんごくよくわかる話で。

たぶん唐突に(でもないか、結構肩こりに苦しんでるから)整体に行こうと思ったのも、着付けを習いに行こうと思ったのも、根っこはおんなじで、すこし身体がゆがんできてるからまっすぐになりたかったのかも。身体からのメッセージを受け止めたら、自分のやりたいことはこれだった、と。



いやぁ、わかりやすいです。

ウチダ先生、一生ついていきます。

東京の大学で教えないかなぁ、ウチダ先生。

(神戸女学院じゃスクーリングにも行けないぜorz)

スタジオフレスコ多摩店

10月10日をもって閉店だそうです。

何度も名前を変えたりして生き残ってきたが、ついにつぶれるか。



近くて車もいっぱい止められて便利だったに・・・。

(なにしろテーブルの数より駐車場の台数の方が多い)

出口調査

選挙のたびに「出口調査ってホントにやってるのかなぁ」と思っていた。テレビ局が適当に予想してるもんだとばかり。



しかし、昨日出口調査をしている某国営放送のあんちゃんを見た。ホントにやっていたのか。選挙権を得てから20年余、初めて見た。今まで疑ってすまんかった。

コーヒーもう一杯(1)

著者 : 山川直人

出版社: エンターブレイン



こないだ友人から紹介してもらったコミックです。

(トラックバック参照)

7月の新刊として出たのはもう一冊あるんだけど、とりあえずタイトルのうーんと魅かれた方を注文してみました。



出版社の新刊案内には「漫画界の吟遊詩人」って紹介されてるんだ。それがぴったんこかもしれない。画風も作風も。私はコーヒー飲まないんだけど、それを大好きな日本茶に置き換えて考えたら、あ~もう一杯飲みたいな、っていう感情がぽわんと浮かび上がってくる、そんな読後感です。



山川君と直接話したことないんだけど、(顔しか記憶にない。しゃべったことないから声もわからん。)なんかとっても懐かしく思い出しました。



中学生の子どもにも読ませました。ふたりとも「いいね~」でした。きっとあと20年くらいたって読んだら、もっと「いい」と思うはずだよ。



もう一冊も注文しよう。

泰尚

昨日の夜は地域サークルのハハ飲み会で、泰尚に行った。

ここは、もう長年我が家の胃袋を楽しませてくれているお店。

看板としては「うどんの泰尚」なんだけど、夜になると魚系の肴を美味しくいただけるお店である。



地元民ばかりで行ったにもかかわらず、初体験の人が何人もいて、(しかも私より古くからこの町に住んでるだぁよ)びっくらこいた。



昨日のうまかった料理ベスト3

 1.釣りサバの刺身

 2.なすの揚げ出し

 3.ここの定番、いわしのさつま揚げ

食べたかったけど遠慮したメニュー

 1.生カキ

 2.おまかせ寿司

値段と数の問題でおます。





肉食の方にはさびしいかもしれないけど、猫な自分にとっては超しあわせなお店。

安積校長

栄えあるトップバッターは、知ってる人しか知らない、安積校長のお言葉で~す



何かを極めた人は、自由だね



ミラノスカラ座公演終了のあいさつにて
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR