心臓が痛い、その後

さて昨日書いた心臓の続きです。
痛かった日に実施した血液検査の結果を聞きに行ってきました。
もちろんこの1週間、同じようなことは起きず、すこぶる平穏に楽しく動き回っておりました。
ので、恐れているのは例によって高コレステロールのことと、初めて検査項目に入れてもらった甲状腺関係の結果です。
(ほんとのこと言うと、これが受けられるからこのクリニックにしたというのもある。)
そもそも、高コレステロールは甲状腺機能とも関係しているそうで、血をとる前に正直に既往として申告したところ、ぜひ追加しましょうと勧められたのでした。

で、結果。
高コレステロールは確かにあって、それも前回の定期健康診断でも言われたとおり、中性脂肪じゃなくて、LDLのほうでした。長らく高トリグリセライド症だったんだけど、やはり年齢的にも変わりつつあるようです。がっくり。
そして、問題の甲状腺。
甲状腺そのものが出してるホルモンは一応正常範囲内なんだけど低レベルで、甲状腺刺激ホルモンが高レベルという結果でした。(それってたぶん橋本病的な…)
それが高コレステロールの原因であることも考えられる、というので、経過をみることになりました。



1ヶ月間、通常の高コレステロール対策とともに甲状腺対策の食事制限がはいりました。
禁忌の食べ物は、昆布、ひじき、茎わかめ。
あ、あのー。
「それ全部好物なんですけど…」
とおそるおそる申し出ると、
「毎日食べてます?」
と訊問(笑)。
味噌汁のだしを昆布でとって、出し殻は食べちゃう、毎日3センチ角くらいのを2つ。
すかさず先生、「それだ!」

ああー。orz。
「今日からやめましょう!」
くすんくすん。
「だしとるのもダメですか?」
「だしはいいよ、いいけど、昆布食べるのやめてください。」
「わかりました。海藻類はダメなんですね。」
「いや、海苔とかわかめはいいですよ?」
きらーん( ・∇・)
「肉厚なのがダメ?」
「そうですそうです」
「それならできると思います!」
漫才みたい(笑)

てなわけで、昆布とひじきと茎わかめご法度になりました。
あ!とろろ昆布もダメなのか!
むーん。

しばらくがんばって数値の改善が見られるかどうか、あたしから見えないとこで賭けでもしててください。
ちゃんと報告しますので!






スポンサーサイト

心臓が痛い←初体験

神様ロードの記事が続いていたので、シバラク遡及日記になっています。
ご理解よろしくお願いしまーす。

ちょうど1週間前のことでした。
午後お仕事中。

あれ?なんだこの、胸の奥の方の違和感?
ちりちりっとする感じでした。

何が起きているのか確認しなくちゃ、と深呼吸をしようとしたら、あれ?息が入っていかない。
ごくりと唾を飲み込もうとしても、首のあたりが詰まっていて、おりていかない。

そのときには、胸の痛みは左右全体にひろがっているようで、どこが痛いとはっきり指し示すことができなくなっていました。

落ち着け落ち着け。まずは動かずに。

ご存じのかたはご存じですが、わたしの仕事は座りっぱなしなので、常に安静状態のようなものです。体が横になっていないだけ。

パソコン打ち込んでるふりをしながら、実際には思考力も低下していたので、単純なコピーペーストを繰り返しつつ。
体をずうっと上から下までスキャンするように点検していくと、奥歯が痛い。

やばい。

実は数年前に、歯が痛いと半年ほどぼやいていた知人が、心筋梗塞でなくなっています。
そのときに、歯痛も首つまりも、前兆として出ることがある症状だと知りました。

ほほー。これは医者行きですね。
コピペの裏窓で市内の夜受診可能なクリニックを探しました。
目下、かかりつけ医の更新を考えているので、それに耐えるところを選定するべく。条件は徒歩でも行けるとこ。
年齢的にもいろいろ出てくるので、内分泌系を看板にかかげているクリニックに行こうと決めました。

そうこうしているうちに、全ての症状が、潮がひくようにすうっとおさまっていきました。
ちりちりっとしてから約30分くらい。
歯も胸ものども全部解消し、まわりのざわざわもはっきりと感じ取れるようになりました。
あ、実は耳もおかしかったのか、とこのとき気づきました。
話しかけられることも少ないので、まったくわかってなかったのです。

定時終了後、走らず急いで初診で飛び込み、血圧、心電図、レントゲン、尿、すぐには結果でないけど血液、と一通りの検査を受けました。
結果の出るものについては、全く異常は認められず、ひと安心。
血液検査の結果は、今日聞きに行きます。

たまたまではありますが、高校の先輩や同級生に医療系の人が多く、常日頃から早期受診や予防に関する情報がはいってくるので、『やばいと思たら医者行こう』は合言葉のように脳内キャッチコピーになってます。

『やばいと思たら医者行こう』
『我慢は禁物すぐ寝よう』
『痛み一瞬後悔一生』

うーん、なんか違うか。

ファイトエアロ

木曜日はエアロビクスの日。
サボってばっかりだけど、でも、2週続けて休まないようにはしています。

この30分枠は微妙な時間帯らしく、何度もインストラクターが変わってます。
デイタイムが終わった直後の枠だからかな。


そして、目下のプログラムはファイトエアロ。ところどころに格闘技っぽいのが混じるやつです。
10月のセットは、後ろの敵を蹴る、の動きでした。
片足で立って(当たり前だ(笑))、足裏全面で後ろへ向かって蹴り、反動で戻ったら前でひとつ踏んでからもう一発後ろへキック。
この動き、めっちゃバランスとりを要求されました。
蹴ることで重心を前後に動かされるからですね。

日常生活でこういう動きかたはしないから、よろけるまでいかないけど、真ん中がずれてると次の蹴り出しや踏み込みが甘くなる。
他のこと考えてる暇はない、とにかく体に集中する。

先日の5rhythmとは正反対かもしれません。
体を動かすのは同じでも、アタマと体を解き放つのか、アタマで体をコントロールするのか。

わたしには、どちらも必要です。
アタマばっかりでもカラダばっかりでもだめだめー。

そんなわけで、今日の脳内BGMはこちら。

カクトウギのテーマ

エアロビクス~ぜいぜい

週に1本だけ、エアロビクスのクラスに出てます。
この春からは、ファイトエアロ30ってことで、たまにキックとかパンチとか入るやつ。
ジムには、それ以外だと岩盤浴でしか行ってません。あと、たまーに別館ででっかいお風呂。(日帰り湯と勘違いしてるかも(笑))

このジムには、できたときから行ってるので、途中母体が変わったけどたぶんもう10年くらいたちます。
きっかけは、高脂血症でクスリを処方されそうになったからでした。
待ってよークスリの前にできることやらせてよー的抵抗で、じゃ!運動するから!と。
当時は、いっこも運動してませんでした。ハードな徒歩札所巡りもしてなかったし、ちょっと早足で歩いてたくらい。
子育ても小学生になるとほとんど体力いらないので、じわりと体重が増えはじめていました。

ま、結果、特に数値は改善されなかったけど、かかりつけを変えてあまりうるさく言われなくなり、運動もほどほどにやってればいいよーてなご指導で、今に至る。(高脂血症については、あれこれ紆余曲折ありますが、それは別の機会に譲ります。)

ディスコにしてもエアロにしても、ものごっつ他人様からは意外に見えるらしく、たいてい驚かれます。
じゃあさ、なんのスポーツだったら、あたしらしいのよ?ご意見待ってます。

話がそれました。

インストラクターさんも何度も変わり、最初は週に2クラス出てたのが1つになり、それでも辞めずに続けていられるのは、飽きにくくて続けることに抵抗のない性格のおかげかと思っています。
ま、たまーに合わないインストラクターさんもいるんですよ、リズムの取り方がどうしても合わなくてヤダ、って。
でも、クラス出なくなるほど合わなかったのはお一人だけでした。
会えるならもう一度来てほしいなーと思うインストラクターさんもいらっしゃいます。

ここにきて、年齢もゴーゴーズになり、無理がきかないなぁと思いつつも、週に1を2に増やしたいな、という色気もあります。また体重がじわりと来てるからね。

それにはネックがあって…。

仕事帰りに1本出て帰宅すると、家人の作ったご飯になってしまうことです。
もう残り少ない人生なので、不味いものは食べたくないのが人情じゃありませんか?

そんな悩み(?悩みなのか(笑))をかかえつつも、汗だくになりながらちょっとニブいステップ踏みながら、ジム通い楽しんでいこうと思います。

褒美を取らすぞ→あたし その1

ご褒美第1弾。

木曜日の夜、脱兎のごとく職場を飛び出して向かうはサロンふるもん。
いつもの無重力コースではなく、スペシャルなコースを予約したのでした。

そのコースとは…。





顔に美容鍼、足はツボ押し。
上からも下からも快癒の施術を受けられる、夢のようなコラボコースです。

昔、背中のはりが酷くて鍼灸に行って以来、たぶん20年ぶりくらいの鍼。
痛くないことはよーくわかってるので、わくわく。
むしろ、足つぼが痛くて動いちゃったら鍼打ちにくいよね、ってほうが心配です。

お顔どうしたいですか?というお尋ねに、そらぁお年頃ですからほうれい線が、と答えましたが、それよりやっぱり歯列矯正でフェイスラインも筋肉の使い方も変わってるので、それを調整してもらいたい、と欲張りなお願いを。
すると、おおもとはやっぱり肩胛骨回りでした。

顔に鍼刺す前に肩や首をほぐしてもらうとあら不思議、首が長くなったような…。
そして鍼。知らない間に50本くらい刺さってました。なんだかほっぺたとかまぶたがぽかぽかして気持ちいい。
それは血行がよくなったからなんですって。
一方、いつものように恭子さんは足裏をがしがし押す押す押す。何度かきゅーきゅー泣きました。

約1時間の施術後。



なんとなくあごのラインがスッキリしたような気がします。
体はもう確かに変化があって、立っているときの楽ちん感がありました。
もちろんいつもの恭子さんコースもすばらしいんだけど、今回のはまたちょっと違う感覚です。
なんと言えばいいのかな、体表面じゃない部分に効いた、というかんじ?


ときどき受けられたらいいな、このコースも。
もうね、体を劣化させないための工夫がほんと大事。年とるってそういうこと。






FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR