デビューしました

11月6日、友人のハーモニカ吹きマッキーと組んだデュオで、ついに人前で演奏しました!



マッキーはもうすでにいろんな方と組んで、いろんなとこで吹いてるんだけど、わたしはお教室の発表会しか出てない(最近はね。)から、果たしてどうなることやらと思ってたのですが(笑)。
まあね、コワイモノシラズって言葉はわたしのためにあるのかもしれません。

自分の気持ちをまとめると、マッキーの好きな曲をマッキーに気持ちよく吹いてもらえるように伴奏できたら、あたしは満足だし楽しいし、気持ちいい。

あはは。恋愛と一緒かも。


蛇足ですが、ハーモニカについて。
ハーモニカと言っても、あたしたちが小学生だったころ持ってたあれとはちょと違います。
マッキーが吹くのは10ホールハーモニカ。俗にブルースハープと呼ばれてるやつです。
そして、ブルースハープのかたがよく吹くジャンルはジャズだったりフォークロックだったりで、マッキーが吹きたい日本のポップスやってるかたはあんまりいないらしい。
人と同じじゃないほうがいいなぁ、というのは、あたしもそうで(笑)。

てなわけで、今回着物でピアノ弾いてみましたよ。



アンマッチもいいでしょ(笑)

たぶん、マッキーからクビを言い渡されない限り、あたしはマッキーと組んで、楽しく演奏したいと思ってます。
またやるときには皆さんにもお知らせできるようにがんばりまーす!





スポンサーサイト

天河熊野神様ロード~番外おまけ

ひとつ余計にお泊まりしたのは伊賀上野。
アルバム的にお写真をば。


伊賀鉄道のイベント列車。



上野市駅前のメーテル。



夕暮れ。




まちかどワンショット。



辻を曲がると急にタイムスリップしたり、電柱埋め込みなんて新しいことしたら結局昔の風景に戻ったり、時間軸を複数持ってるようなまちです。

もう少しじっくり探索してみたい。
和菓子屋さんもいっぱいあるし。


天河熊野神様ロード~その7

ふうちん師匠とは、この日まで一緒。
わたしは1泊余計に沈殿して行くのです。

朝からまたもや、ゲストハウスで仕入れた情報に基づいて美味しいものを食べ(詳細は7.5を待て。)、やっぱり食べ物の神様にはに感謝しようよということで、外宮さんにお参りに行きました。
さらっとまわったあと、自分的願望で、朝熊ヶ岳へ。

伊勢志摩スカイラインという有料道路が通っていまして、山頂には金剛證寺というお寺さんがあります。また、そばにはまたしても龍の八大龍王社もあるようで…。
龍王社さんはちょっとショボいかんじのコンクリお社でしたが、お寺さんはとても立派でした。
なかでも、明星堂というお堂にとても心ひかれました。




いちょうの黄色とお堂の丹がとても映えて、秋の気持ちよさを満喫です。

お寺さんの先の展望台にも立ち寄りました。



もっと冴えた日ならこの方角に富士山が見えるらしい…。
眼下に広がる海岸線は、とてもきれいでした。
さあ、山を下りて、二見へ!
龍神さまに会いに。



先日の台風で、しめ縄が切れてしまったそうで、仮の綱が1本だけ掛けてあるとのこと。本来は5本だそうです。
知らんかった。

興玉さんのいちばん奥の龍神社で、この旅最後の龍神さんが待っててくれました。
最初に聞こえたのは「ようお越し」の声でした。
そのあと、なんちゃらかんちゃら言うてはったのは、いままで会ってきた龍神さんたちとの会話だったようで、近況報告っぽくて面白かったです。
変わる、変動、という言葉が何度も出てきました。

神様ロード、車を借りた松阪に戻って終了。距離は700を超えました。
欲張ったようでいて、全て整った行程だったように思います。
傘が必要になることもなく、穏やかで守られた旅路でした。

智ちゃん、ふうちん師匠、ありがとう。
行く先々で出会ったかたがたにも、感謝でいっぱいの旅。


最初に会った龍の川で締めましょうか。
(あ、食べ物とおまけが続く。)




天河熊野神様ロード~その6.3

あれ?6.5の間違い?と思った方。
すすすすみません、あまりにも素敵なお風呂に出会ったので、新たに『.3』というカテゴリを作ってしまいました。

お宿のゲストハウス、ユメビトハウスのオーナーさんに教えていただいた銭湯にやってきました。

その名は「旭湯」。

もうね、とにかく↑のリンクをクリックして驚いちゃってください。
あたしは、撮った写真をのっけておきます。




お風呂場は昔ながらのタイル張りで、カランはそれなりたくさんあるんだけど、シャワー付いてるのが4基しかないとか、普通富士山の絵が描いてあるはずなのになぜか立体の二見夫婦岩があるとか、懐かしい電気風呂とか、もうパラダイス銭湯としか言いようがないよう!

何が残念って、みえ食旅パスポートが使えたのに持ってなかったことと、ご朱印(!をい、ここ風呂だよ?)がいただけるのにご朱印帳持ってなかったことが、もうかえすがえすも残念でたまらぬ。

次、伊勢泊まるとき絶対持っていくからね、みえ食旅パスポートとご朱印帳。

え、次っていつよ…みえ食旅パスポートの期限は2019年3月31日です。
余裕じゃん。けけけ。


天河熊野神様ロード~その6

そんなわけで、ふうちん師匠とふたり、早起きして本州最南端の潮岬を目指すことになりました。
出発時点の空は、ほぼ真夜中でほぼ満月。



ぶっとばす地元車をやり過ごしながら、約1時間かけて潮岬に到着。開いていない展望タワーの真下には、キャンプ広場。
そこで、日の出を見ようと思ったのですが、水平線のすぐ上に雲が立ち込めているので、海から昇るお日様は拝めない決定。
ですので、赤らんでいく空を楽しんで帰路につきました。



途中、大島に渡る橋を見て。



もちろん、渡って少し島を走り、右手に朝焼けの海を見ながら太地に戻ってきました。

朝ごはんを済ませ、居心地のよい巣のようなNiecheともお別れして、海岸沿いを北上します。と言っても、バイパスを使うのでトンネルがめっちゃ多いです。インターチェンジの間をトンネルで繋いだような道です。本来は紀勢自動車道になるはずなのでしょうが、無料化施策でバイパス扱い。いつか有料になることはあるのでしょうか。

で、前日の新宮でいったん終わって下の道になり、ごく普通のバイパスで熊野市まで。
目的地はまず、花の窟神社です。
ここも神倉さんのようにご神体が大きい岩です。そこにしめ縄を掛ける「綱掛け神事」が見てみたいなぁと思いました。





海岸線に続く奇岩の景勝地、獅子岩と鬼ヶ城もとても面白い。





熊野のお土産うつくしい海と風を楽しんで、おやつも食べて、次なる目的地までは、バイパスと一般国道を走り継ぎます。

お伊勢さんが今の場所に定まる前にあったという、瀧原宮。
実は、外宮さんよりも内宮さんよりも好きなところです。
どうしてもふうちん師匠と智ちゃんをここに連れてきたかったのです、クルマでの旅だからこそ。



参道の杉並木、手水かわりの川は宮川の上流。水底のどんぐりはまるで水が無いかのような。


そしてもうひとつの離れた別宮さん、伊雑宮。
この日で帰京する智ちゃんの時間を見計らいつつ。
御神田の稲刈りはすんでいましたが、広がるたんぼの美しさは、変わりませんでした。



少し傾いた日を受けたたんぼは、なんだか安心する風景でした。


智ちゃんはこのあと、伊勢市駅でお別れ。
ふうちん師匠と私は、今宵のお宿に入る前にもうひとつ欲張って、月夜見宮にお参り。

瀧原さんに行ったから、もう、外宮さん内宮さんはおまいりしなくてもいいかねーって言いながら、本日の移動終了です。

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR