魔法のスパイス

久しぶりの腹満たすカテゴリ。(だよね?)

南インド料理店ケララバワンは、練馬の駅近くにあります。

ケララバワン

辛いもの苦手なはずなのに、こちらに来ると呆れるほど食べてしまう、不思議な美味しさのとりこになってます。

さて、昨日は、開店13周年のお祝い日、サッディヤにお邪魔しました。
お祝いなのに、なんにも持たずに(もちろん財布も持たずに)行ってもご飯食べさせてもらえる、という太っ腹な1日です。(要予約)
少し暑さの戻ったなか、みなさんお店の前で呼ばれるのを待っています。
お店の女主人でお友だちの理恵さんが待っててくださいました。
まもなく、お誘いしたお友だちのあやこさんとも合流。
5分も待たずに順番が回ってきました。

サッディヤのメニューです。



日本人のカレーのイメージだと絶対に出てこない冬瓜、なーんてのが入ってる。
これ、熟れないうちに収穫した固いやつ使うんだろうなあ、なんて思いながら、配給を待つ。

そう、お席には葉っぱの形のペーパーが敷かれ、そこに例のステンレスのバケツみたいな容器から、レードルで盛りつけられていきます。

完成品。



なんと色鮮やかなんでしょう!
左上にチャツネ、右上に煮物類、そしてご飯どどん。

その後、ご飯に2種のカレーを掛けてもらいました。



ど真ん中にとんがらし載ってるね。
(もちろん、食べられないのでよけます。)

辛いの、酸味あるの、甘いの(文字通り甘いです、辛さが弱いの意味ではなく。)、味にもともとバラエティがあるのに、さらにチャツネが3種もあって、もう混ぜ混ぜするのが楽しくてたまらーん!

ご飯もかなり大盛りなのに、あっさり完食です。


そうそう、お飲み物はお水とマンゴーラッシー。
それにデザートのココアっぽい見た目のもの。



このココアっぽい見た目のものは、口に入れるとやっぱりココアっぽいというか、チョコレートっぽい。しかし、豆豆しいものが入っていて、餡このような味もする。実に不思議で美味しいデザートでした。


いやー、お腹いっぱい。


そして、目覚めたときなんとなく熱っぽいような不調だったにもかかわらず、食べ終わる頃にはそんなのあったっけ?状態でした。
うーむ、これこそスパイスの力なんだろうか。何かが浸透していくような感覚。
好きだわー、このかんじ。

ケララバワンのみなさん、サッシーさん理恵さん、美味しくいただきました。
ごちそうさまっ!


せっかくかわいいオレンジのパンジャビ着ていったのに、写真なし(笑)。
そして、お腹いっぱいすぎて晩ごはんなし。






スポンサーサイト

おいしいものをいただくとき

食べログかい、というくらい、腹満たす記事はよく書きますが、いつもいつも贅沢してるわけではありません。
ここぞ、というとき以外は粗食です。
自分で作れるものなんて、凝ったものないし、素材も平凡だし、味つけもついついいつもの~だし。

てなわけで、昨晩のご馳走は桃のフレンチでした。



当初は着席でのサーブ予定だったそうですが、桃につられて参加者が増え続けたために、ビュッフェスタイルへの変更となったそうです。
ビュッフェのよいところは、自分の好き嫌いに合わせて、取り分ける量をコントロールできることですね。
(つまりその、気に入ったやつはおかわりできる、という幸せ!)

どれをおかわりしたか、アンケートでもとってみましょうかね。

ビュッフェスタイルであっても、オーナーマダムとシェフの心意気がたっぷりつまったお料理です。
桃は、福島から直送で「あかつき」という品種。
みっちりと詰まった固めの果肉と、優しい甘さが特長のようです。
この、ふんわりとした甘さが、どのお料理にもぴったりでした。
桃です、と主張してるんだけど、他の素材とも仲良し、っていうかんじかな。

最後にケーキがあると聞いて、甘いものが別腹じゃないわたしは、それを押し込む隙間だけ残して、いろんなお料理を楽しみました。
そのケーキは、もう桃桃しくて、ほんとに満足。

途中でいただいた桃のモヒート。
ミントの爽やかさと桃の甘さがこんなに合うなんて~という絶妙の配合。
帰れなくなるので、おかわりは控えました(笑)。

陸で海で素材を育てたり獲ったりひと。
それをお料理する人に繋げるひと。
さまざな工夫を凝らして加工するひと。
わくわくしながら食べるひと。

いろんなひとの顔が見えるから、美味しいものはさらに美味しくなる。

そして、一緒に食べられたらよかったな、と思うひとがいる。

そんなことを思いながら。

いかセンター

うちは今3ヶ所に別れて暮らしてるので、たまーに家族外ご飯をします。 
今日は3月末以来。

新宿のいかセンターってとこに行ってみました。



いやーん、この箸置きが欲しい!

予約すると、これだけは必ず食べなきゃならない、鬼盛刺身。



そして、いかあれこれ。
あっ!いかの刺身撮り忘れてる。

まあ、あんまり話すこともなくて、近況を聞いたり、愚痴を聞いたりするだけなんですけどね。
家にいたときも、全員揃うことはあんまりなくて、うちは、あっさりしてる家だなぁと全員が思ってます。
仕方ないさ、放牧家族だもの。

依存しないで生きていこうね。


しかし、いかって消化しないなぁ。
お腹がまだ膨れ上がってます。
明日の朝までに消化できるのかな?

夢にまでみたお好み焼き

昨晩は1年半ぶりに、広島お好みを食べに行きました。

地元にあった愛する九嶺が閉店して2度目の夏。
途中でついふらふらと入った店で後悔して以来、やはり九嶺マスターのおすすめ以外には行かない、と決めてから、早や1年近く。

さっさと行けよ、と思うでしょ?それがね、歩いて帰れるようなところだったのが、電車で帰る、となるとめっちゃハードルが上がるんですよ。
たかがお好み焼き、されどお好み焼き。
お好み食べて膨れたお腹をかかえて、、腹ごなしに歩いて帰る、というのが体にしみついてしまった幸せな4年間の記憶は、チャラにできません。

諸般の事情で夫に予約を取ってもらい、初めて行ったお店は、なんと、この暑い最中エアコンが壊れていました!
お好み焼きですから、目の前は熱い鉄板ですし。

でも、子どもの頃大阪府に住んでいたので、たこ焼きやお好み焼きを食べさせてもらえる子ども向けのお店は、もちろん冷房なんてあるわけもなく、汗かきながら焼けるのを待ってたし、高校生の頃しょっちゅうおやつ食べに寄り道してたお好み焼き屋にも冷房なんかなかった!

それを思えば、どってことねー。


はい、結果、どってことねー、とにこにこしながら帰路に着きました。
この1年半、時々、夢にまで出てきた広島お好み。
たいへん美味しくいただきました。

マスターの味が恋しいけど、でも、ここのお好みもとってもおいしかった。
焼いてくれたのは店主さんじゃなくて若いお兄さん。とても丁寧で、そして焼きかげんとか茹でかげんとかがしっかり身についてる様子の素敵なお兄さんでした。
厨房のお姉さんもきびきびして、気持ちのよいお姉さん。

作り手さんがええかんじだから、エアコンが壊れててもかまわないです。
いや、でも、できれば涼しいほうがいいけど。

祖師ヶ谷大蔵の剛毅。
きっとまた、近いうちに。




甘酒作ろう!

昨晩は、久しぶりに大好きな渋谷のLi-Poに行ってきました。

Li-Po(李白)

私は呑みすけでないので、なんでもないときになかなか行けないのですが、店主の美恵子さん大好き、お店の雰囲気大好き、窓から眺める渋谷の変わりゆく姿大好き。

そして、昨日のワークショップはこちら。

甘酒で作るトマトチキンカレー!

酒粕の甘酒も、米麹の甘酒も大好きなので、これは行かねば!
ということでいそいそと出かけました。

調理実習のようにセッティングされたテーブルで、まずは講義を聞き、甘酒の呑み比べ。



お猪口には八海山の甘酒。
グラスのものは、先生お手製の、餅で作った麹の甘酒。
うーん、どっちもおいしい!
酒粕甘酒はあっさりしていて、麹甘酒はほんとに甘い。

実は充電切れで、写真はこれしかありません。肝心のカレーが…(泣)

と言っても、ごく普通のトマトチキンカレーです。違うのは、煮込むときに水だけでなく甘酒が入ってることだけ。
カレーの味付けもS&Bのカレー粉ですから、特に変わった材料はありません。

出来上がってみれば、甘酒はどこいった??
八海山の甘酒だったので、すっかりとけこんでしまったようです。
甘いほうのものを使うと、マイルドなカレーになるとのお話でした。

もともと発酵食品はたいてい好きで、なかでも漬け物と甘酒は大好物。
ワンデイ断食するときも甘酒飲みながら、でやってたのですが、先生の指導メニューにも甘酒断食がありました。
おおー!うれしいじゃないか。

以前自分で作ったときは、実家の炊飯器を借りたり(うちにはないので、旅行中に借りた(笑))して、厄介でしたが、そんなんしなくても簡単にできると教わったので、作ろうと思います。

夏こそ甘酒で乗り切りたいので。

乾燥麹、どこで買えるかなー。
いつもの味噌屋さんにあるかな。



FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR