氣学プラスα

大学の同級生を師匠として長らく気学を学んで実践してきました。
や、これからも続くんだけどね。
ただ、やればやるほど九つの性質をさらに補完するなにかがあるんじゃないかと思って、ずうっと気になってました。
師匠だってもひとつ、紫微斗数ってのを勉強してるしね。

占星術とか四柱推命とかは複雑すぎてもはや勉強したくないし、大家もたくさんいるし、まあ、この歳になれば周囲にいろんな達人がいるから、そういうかたに頼ればいい。
実際、気学をやってるかたも複数出会えてるし、数秘のかた、バースカラーのかた、その他もろもろ、素敵なお友だちがたくさん身近にいらっしゃいます。
いざとなったら、教えを乞うまでもなく、助けてくださいってお願いすればいい。

じゃあ、っていうことで。
あんまり普及してなくて、自分の気持ちにフィットするものに出会いたいなぁと、ちょうど2年くらい前から思い始めてました。
そんな中で昨年偶然知ったのが、宿曜、というもの。

なんとなくこれは気になるな…と思っていたら、サイキックなお友だちがこれを学んだと知り、新たにオラクルカードが作られるという情報をシェアしてくれました。
カードのラフデザインを見ると、なんとも言えない優しさと華やかさの同居したピンク。
オラクルカードを1組手元に置きたいな、という気持ちも高まっていたので、カワイイやつをお迎えしようと決めました。

で、届いてからほぼ毎朝カードひいてましたが、やっぱりもう少しべんきょうしたいなと思って、勉強会行ってきました。
あんまり予備知識突っ込まないで、素で行ったんだけど、それがよかったみたいで、これはなかなか自分の性格的に合ってるな、と。(統計すき、分析好き、そこそこ細かいの好き、漢字好き、などなど。)

ざくっとまとめた書籍を手に入れました。著者のかたが午前中の講師でしたので、本を見りゃわかるだろ、だったらやだなぁと思いましたが、いやいや、やっぱり長年実践してこられたかたなので、ちょこっと盛りがなかなかいいかんじです。該当しそうなところ開いても、それは書いてないやん!的。

午後は、午前のかたのお師匠さんで、オラクルカードの使い方ワーク。
おおーこんな風に使うのか。いままでメッセージカードのようにひいてましたが、ちゃんと知りたいことを具体的に問うほうがカードも力を発揮するとのこと。
いままで瞑想会のときは、大魔女がそばにいて上からのメッセージを翻訳してくれてたからぼわっと尋ねても平気だったけど、自分でやるならこんな風にすればいいんだね。(←スピど素人(笑))

結果、ここんとこしばらく悩んでいたことは、するするっとつながる答えが出てきて、なるほどーと納得。

よく考えたら、気学師匠以外にこういうのをちゃんと勉強するの初めて。
やはり練られたプログラムは美しいですね。出席者の多くがすでに講師のかたの講座を受講してるようでしたが、わたしは昨日一日で、基礎編はじゅうぶん学べたかな、と感じます。
しばらく自分のことや、自分のまわりのかたとの関係性などを調べて分析して、それでも足りないとこが出てきたら、また勉強しに行こうと思います。


というわけで!
たまねぎが嫌いじゃなかったら、あなたの生年月日を教えてください。
まずは自分のまわりにどんなかたがいらして、どんなふうにわたしを助けてくださってるのかを紐解いていきたいと思います。
そのなかでお伝えしたいことが出てきたら、こっそり、ね。
(⌒‐⌒)


スポンサーサイト

土産物を喰らふ

続けて気学ネタです。
土用なので、つい暦を見ながら妄想しているせいか、思いつくのは関連事項ばかり。
脳内回路がいかに単純にできているかの証明でもあります。



先日、ちょっと日が経ってしまったけど、と言われつつのお土産物をいただきました。
そっち方面に行くのならこれ食べたい、と軽いノリでお願いしたら、買ってきてくれたのです。
もともとそのかたにとって良い廻りでのお出かけだったので、きっとごきげんも麗しかったのではないでしょうか。

で、そういうときのお土産物って、ちょっとしたものであってもとてもパワフルなかんじがします。
食べ物ならより美味しいし、置物ならでっかく見えるし、布製品なら手触りや柄が好みどんぴしゃりだったり。

よいときによい方位へ行くと、きっとその運気を内包してるんでしょうね。
本来の土産物ってそういうものなのかもしれません。


自分が方位採りに行くとき、自宅へのいちばんの土産は現地で採水することだったりしますが、近日中に確実に会えることがわかってるかたには、やはり土地のお菓子をお持ちすることが多いです。
有名なものが無難なのかもしれませんが、あまり知られてなくて美味しいものを探すのも、旅の楽しみだったりします。
(と言いつつ、年末のお伊勢さんときみたいに自分だけ食い倒れてることのほうが多いんですが…)

自分だけホクホクしてないで身近なかたへのおすそわけ、を心がけてお出かけしようっと。
あまり事前に騒がなくて申し訳ないんですが、行く前に『みやげ~!』と叫んでください。リストに掲載させていただきます。


てなわけで、おせんべいぱりぽり。
いやこれ、あんまりぱりっとしてないんだけどね。





土用期間は心静かに

土用と言えば丑の日に鰻を食べる…。
あれれ?それは夏の話で。
ですが、実は土用は各季節ごとにあります。今は春を迎える前の、冬の土用です。
17日から立春までの半月余りがその期間に該当します。

土の氣が支配する時期。尽きたものを土に還し、新たな芽を育む→季節の変わり目を感じとる、そういう意味があるそうです。なので、昔からこの期間は土いじりをしちゃいかん、と言われていましたね。
人も同じで、根っこを動かすようなことはしないほうがいいらしいです。
らしいですが、50ん年の過去2回この期間中に引っ越しをしてますね…。(笑)まあ、知らなかったんだからしかたないよ。それでも、この程度には生きてこられてるので、しらずしらずのうちに人生は凹凸補い合ってるものなんだ、と思っています。

で、冬の土用が終わると春がきて、新しい年の始まりです。太陽暦でのお正月に続き、太陰暦の新年がくるので、冬の土用期間はいつもお得感でいっぱいです。
12月末のどたばたと違い、ゆったりした心持ちでもう一度新年を迎えることができるのですから。

この季節はいつも、今年はなにをしよう、どこへいこう、と妄想を練りまくっています。

今年のわたしは、南西方一択、迷う余地なしなので、行きたいところは既にかなり絞り込まれています。
遠い方から、沖縄、奄美、九州(主に南半分)、四国(こちらも主に南半分)、紀伊半島、伊豆。
なかでも、沖縄奄美と、紀伊半島(熊野三山と山奥のあちこち)をターゲットにして、練り練りしています。

師匠の肝煎りは沖縄になる予定なので、自分では紀伊半島をメインに据えようかと。
とはいえ、沖縄も暴走して離島三昧という手もあるし、と妄想はとどまるところを知りません。

誰か止めて!という、心静かな(←大嘘)土用を楽しんでいます。


運のいい人とは

寄り道生活、なかなか順調です。

運氣をあげるための行動ですが、どうやら初日からすでに廻ってきていたようです。


蜜月ブログ

しらないうちに運のいい人認定されてました。左側、久留米絣がわたしでーす。

この日は若い友人と都心にお出かけして、その帰りでした。
乗る路線が下北沢を通るし、今日はラスチャンアンダーザスカイだよね~って軽いノリで。

おかげさまで、ほんとうに爽やかな5月の風を楽しみ、ビールそんなに好きじゃないはずなのにとても美味しいビールが呑めて、氣学さんぽ初日の高いハードルである2時間滞在があっという間。
しかも、初日をねらって行ったわけじゃないのに、条件全て満たしてる。

なるほど、行こうと思った時点で、整っていたわけですね。

氣学を学んで実践するようになってから、こういうことがよく起きます。
反対に、イヤなことややりたくないことは、しなくてもいいようになることが多くなりました。
心の持ちようと言ってしまえばそれまでですが、生活の一部として取り入れても、なんの重荷にもならないし、ちょっとしたアクセントにもなるかな、って思います。


うーん、こうなったら、なんとか都合つけて、盤が一周する10日間、コンプリートしたくなってきた。


今日からしばらく寄り道

久しぶりに方位の話でも。

人それぞれ吉となる方位は違いますし、生活への取り入れ方や考え方もさまざま。
私の場合は、無理しない、我慢しない、を二本柱にしてやってます。
そうして続けていると、行くべきでないところに行く話ってのは来なくなるものなんですが、たまに、理性より感情が勝ってしまうようなダメダメ移動をしてしまうことがあります。

そんなときは。
行きたいのは我慢しない!
そうなる前にちゃんと貯金できてる!
と、かなり自分に都合よく解釈します。

が、それでも手薄だったり、あかんわぁということはあるものです。
そこで伝家の宝刀、打消し。

あかんとこ行ったのをチャラにする術があるので、それを使います。
今回も、自宅から東方向でなんとかならんかなー九十九里行きたいなーと思っていました。

すると。
昨日お出かけの帰りに寄り道した場所、時間、なんとなく合ってるじゃないですか。しかもお神酒ならぬ、ビール飲んでアルコール消毒までしてるし。


というわけで、7日間の毎日詣でをすることにします。
初日の根下ろしが済んでいれば、2日目からは5分でOK!
シャッターの下りた店の前で、Twitterでも流し読みしてたら、すぐに時間もたつでしょ。


うちの師匠の流派なので、他とは違うかもしれませんが、まあ、いいとこ取り、気分次第ということでお目こぼしください。






FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR