夏至の朝

昼がいちばん長い日。でも、記憶の中のこの日がお日さまさんさんだったというのはないように思います。

先日訪れた二見の浜では、夏至祭が行われたはず。夫婦岩の間から朝日がのぼるのを見ながら禊、という行事ですが、今朝はどんなお天気だったのかなぁ。

若かった頃は、暦とかお天気とかあんまり意識しないで生きていましたが、大人になるとなぜこんなに気になるのかなーと考えてみました。

私の場合。
お天気にフォーカスし始めたのは、子どもたちの行事がきっかけだったと思います。運動会や遠足、楽しみにしている行事が滞りなく実行されますように、といつも願っていました。
そのココロは?
お弁当何度も作るのいやだしー、延期とか中止になると子どもたち機嫌悪いしー、あたしも残念だしー。
(レベル低いですね、すみません。)

でも。そんなことがなくても、お天気を見ていると、ついでに暦にひかれるようになりました。
二十四節氣は、自然の動きを言語化したものでもあるし、自分の行動を区切る節目ともなります。
そのときそのときでやってることや感じてることがブレブレでも、コアさえしっかりしていれば、いたずらに流されることはないのだな、ということに思い至りました。

陽極まって陰に転じる朝。

迷うな。あたし。





スポンサーサイト

ホイミべホイミベホマズン

昔なら紙に書いていた日記のかわりに、Facebookというツールを利用してるわけで、お出かけネタや美味しかった食べ物などをアップしています。
他、さらに個人的な想いなども追記してブログに残してあります。

でね、それを見ていると、「いつ休んでるの?」と思うんですって。
平日、フルタイムで働き、しかも郊外から新宿まで通勤していたら、土日ぐったりしない?って。
(そしてきっと、喉元まで来ていたに違いない、ご飯外食?という言葉(笑))

土日、条件さえ整えばおうちにいたいと思うのですが、これがなかなかね。
諸般の事情で、土日の家族在宅率が以前よりじわりと上がっているので、であったればわたしは、外に出ないと氣が休まらない。どうせ出るなら、買い物なんかじゃなくて、心の栄養が欲しいなと思うので、イベント行ったりお友だちに会ったりコンサートや美術館だったり美味しいご飯だったり。
そして、楽しかったな、面白かったな、と感じると、独り占めしてたら申し訳ない(笑)と思っちゃうので、ついつい報告してしまう、と。

て、話ながら、ハタと膝を打つ。

あのね?
あたし、ずーっと走り続けてるわけじゃないよ?

ちょっと走ったら、ちゃんと立ち止まって回復して、それからまた走ります。
たぶん回復力もそこそこあるけれど、どうしようもなくダメージ食らうまで走り続けたりしていません。
そして、再度走り出すときに、走り方変えたりユニホーム変えたりしているから、まるで変幻自在に見えてるのかも、と思いました。

過去、どれくらい過去か忘れましたが、お体を分析してもらったことがあって、こんな風に言われました。
『間違っても、マラソンとかトライアスロンとか、長時間同じことを続けるようなスポーツしないでね、向いてないから。』
解剖したわけじゃないので推測ですが、筋電図とか肺活量とかその他いろいろの測定値からすると、白い筋肉優勢なんだそうで…。

体がそんなふうにできてると、魂というか、中身もそれに合ってくるのか、それとも中身がそうなので体が合わせてくれるのか、タマゴとニワトリみたいなものですが、ど外れた組み合わせにはならないのかもしれません。

そして、ホイミ!くらいで回復できるうちにお休みして、次行こ次、っていうのがわたしの行動スタイルなんだな、と深ーく理解しました。

はたから見ていてヤバいよ!と感じたら、強制的に止めて、ベホイミかけてね。

というわけで。





うちの車とわたし

昨晩、めっちゃ久しぶりに自分ちの車を動かしました。
あ、いや、車そのものはよく働いてるんだけど、わたしが運転する機会が少なくて。
我が家名義の車はこれが5代目。
スズキ→トヨタ→ニッサン→ホンダ→ホンダ。
その前の実家ので自分で転がしたやつだとトヨタ→三菱→ニッサン。
スバルとダイハツがないな…。他にもあったっけ。


相性はそれぞれあると思いますが、スズキのジムニーと、今乗ってるホンダのモビリオスパイクは、とても運転しやすくて好きです。
たぶん身長のせいで、車高の高い車が好きなんだと思いますが…。

で、昨日。
乗ったらなーんか違和感のある場所がひとつ。
どうしてもそこに意識がいってしまうんだけど、何かが置いてあるわけじゃない。なんだろう。

はっ?もしやそこはヒューズボックス?

しかし見渡す範囲の電気系統に不具合は見当たらず。全部ちゃんと動きました。

あー。めんどくさいからいちばん乗る人に丸投げしよう。
たぶんどこか切れそうなんだろうな。
ブレーキランプかな。なんとなく。

モビリオちゃん、そういうのは、いつも乗る人に訴えなさいよ、あたしじゃなくってさー。

気づいてもらえないから、名義人じゃないわたしを使うんだろうけど…。


またまた再会

続くときは続くもので。
またもや大学のぷちぷち同期会がありました。

九州在住者が出張で上京するよ、飲むよ、とFacebookに書き込めばたちまち10人集まる、驚愕の集客率。おひとり急なお仕事で欠席でしたが、それでも9人。
61分の9は多いか少ないかったら、あたしは多いほうだと思うのです。

みんなそれぞれ今をきちんと生きていて、オフィシャルもプライベートも忙しいお年頃ですが、ちょっと声かけて集まれるのは、やっぱり同じ時期に同じところで過ごしていた気安さなのかな。

前回も書きましたが、在学中しゃべったことないだろ、なはずの人が尽きることなく語り合うのを見てると、あの頃はシャイだったのか、それとも、なんとなく住み分けしてたのか、なーんてことを思いました。

学生時代なら30分くらいでなくなったであろう皿数を、3時間以上かかって片付けるあたり、やはり老い(笑)は隠せません。
そらそうだ、まもなく全員アラカンだもの。

年賀状だけやりとりが残ってる、なんて話も出て、質問の返事が1年後に返ってくるアナログな話とか。そういえばあたしもそゆ人がいるさね。
アナログな関係ほど、切るに忍びないというご意見も。まったく同感です。

ちょっとしわが刻まれたり、ちょっと白髪が増えたり、ちょっと重心が下に落ちたり、ちょっと横幅ワイドテレビ(死語)だったり、おっちゃんおばちゃん、楽しく過ごした夜でした。







時効だからいいよねー。
昔好きだった人ってさ。今会ってもやっぱり、どきどきするのね(笑)。


変化変容

先週




今朝




同じ花ではありませんが、ほぼ同一エリアなので、土が同じです。
ちょうど1週間で、ここまで色が変わりました。


インナーマッスルに支えられるコアのあたしは変わらないけれど、その外側には何種類ものアーマー持ってて、日替わり装着。

座敷わらしだったり
肝っ玉ばばあだったり
女衒だったり
金魚だったり
仕掛人だったり
お遍路だったり
インド人だったり
織子だったり
お母さんだったり
染子だったり

その場に欠けてるピースを埋めること。
そのために形を変えることは厭わない。
それがあたし。

らしいね。どうやら。


FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR