新しい職場に関する覚書2(超長文)

契約に関する事柄はとても大事です。

今回、11月の22日から開始で12月末日までという短期契約になりました。
一応延長含みではあるけれど、確定ではない、と面談時にも言われていましたので、
11月末日までに当月の締め書類を送付した際に、
契約している会社には、今後の見通しをなるべく早く回答くれ、と伝えました。
その週は残り3日もあったので、週末までに、とね。

このように短い場合はどうか知らないけど、通常3ヶ月の自動更新な契約でも、
一応契約終期日から1ヶ月前には、次がどうなるかの通知があるのが普通です。
ですので、こちらとしては一応譲歩したつもりです。
しかしながら、はっきりした回答がないまま週があけました。
いくら打診しても、見通し、とか、見込み、とかなんで、
いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいいら。

そこへ、別のルートからアタシをご指名での案件打診が来ました。
(以前すでにお会いしているので、だいたいどんなヤツか知ってるからそういう話もくる)
当然、契約会社に対し、並行営業をかける旨通告しました。
するとこの期に及んで、正式回答を20日まで待ってくれというのです。

あのね。12月って最終週はほとんど動かないじゃないですか。(笑)
てことは、20日まで待って契約継続にならなかったら、確実に1月はぷーですよね。
そういうところを理解しないってどういうことなんだろう。

この時点で、もう断ればよかったんだよね。失敗した。

まあ結果的に、別ルートのほうも、営業・エンドユーザーとも動きが悪くて
ちっとも日程が決まらないまま時間だけが過ぎていき・・・。

結局16日に、予定より早く契約を継続する旨の連絡が来ました。
ご指名のほうは残念ですが断らざるを得ず。
(なぜなら、アタシ自身が、先に回答来たほうと契約するって言っちゃったから(笑))


弱い立場ではあるけど、なめんなよ、というつもりで今回は交渉をしました。
結果、この疑問だらけの現場・・・。
いや、現場にはあまり疑問はないな。
お客さんも悪いヒトではないし、環境もなかなかよろしいし、
疑問があるのは、元請けと二次請け(アタシが直で契約している会社)に対してだな。
非常にいいかげんで、かつ、契約をまったくきちんと扱うことのできない会社だと
アタシは判断しました。
次回は3月末までの契約になっているはず(まだ契約書をみていない)ですので、
もうこのまま終了してもいいかな、と思っています。


契約にあたっては、紹介してくれたエージェント2社を商流からはずす、とか、
契約書の写しを渡す約束になっているのがいまだに届いていない、とか、
とにかく、どうしようもないぐだぐだな状態です。
こんないいかげんなところと組むのは初めてなので、正直混乱しています。
また、人物としても、いろんな意味で疑念の生じる発言のある方もいらしたので、
とてもとてもとてもとても社会勉強になりました。

アタシは、こういうヒトにならないようにしよう、と。


余談ですが。
アタシの親しい人に、業界は違いますが、人材紹介のお仕事をしている人がいます。
彼と今回のこともいろいろ話しました。
まず業界が違うので、何社も絡むということがなかなか理解してもらえなかったのですが、
状況をきちんと説明して理解してもらったあとの一言は、
「信用して大丈夫なのか?」
でした。
たぶん今のアタシの気持ちもおんなじです。


契約および現場のことをここに書くことは二度とないと思います。
もともとそういうことをここには持ち込まないつもりでした。
ですが、あまりにも気持ちの整理がつかないので、
とりあえず書いてすっきりしたかったんです。
アタシにとっては、「書く」という行為がなによりも自分の癒しにつながるようなので。

職業間違えてんのかなぁ。


スポンサーサイト

新しい職場に関する覚書1(超長文)

半年の失業を経て、先月の半ば過ぎから新しい現場に仕事しに行ってます。
で、とりあえず1ヶ月たったので、備忘録的に総括しておこうと思います。

長いので、携帯の方はスルーしてください。


とあるエージェントを通じて面接の話が入ってきたのが9日。
翌日の午後面接だと言われたのであるが、
その日は実は午後から前結び着付の修了試験だったのを午前と勘違いして
了承した旨お返事してしまいました。(笑)
しかし、その時点で時間と場所が確定しておらず、不安なまま翌日・・。

着付け教室で時間間違えたものの試験してもらって、早めに終了し、
とりあえず15時の東急田園都市線沿線へ向けて移動開始するも、
中央線の車中でいきなり「本日キャンセル」の電話あり。
翌日11日の15時で仕切り直しということで。

このドタキャン時点で考えなおせばよかったんだが・・・。

さて、翌11日。
午前中に日本和装の展示会へ。会場に入る直前にまたもや電話。
15時を13時半に前倒し・・・。え。それじゃ会場に最後までいられないじゃん・・。
ま、お仕事欲しい身ですから、我慢しますが・・・。

そしてまあなんとか面接終わって。

翌12日の金曜日はなんにも連絡がないので、こりゃまただめだったんね~と
何事もなかったかのように週末を過ごしまして。

週があけて15日。
昼すぎだったか、決まったという電話とともに、
「明日から来られない?」
は?いくら無職とはいえ、それはあまりにも無茶な(笑)。
そこは丁重にお断りしてあさってからにしてもらいましたら、
先方の都合でやっぱり木曜日の午後でいいと。
しかし、正式契約は翌週からで、木曜と金曜は無給だというのです。

ここでもういちど考え直せばよかったんだが・・・。

まあとりあえず、無給でもいいよってんで木曜日に行きました。
今回は、個人事業主で社保加入は一切なし。
で行ってみたら、入館証がまだできてなくてゲスト扱いで入ったんだが、
ここの構造は、入館証がないとトイレにも行けないつくりでした。
午後いっぱいなので、どうにか我慢(笑)はしましたが、
もし翌日も証なしで朝からだったら、どうしようかとびびりまくり・・・。
結局、午後からでいいよ、となったんですが。
トイレ遠慮してたの察してくれたんでしょうかね。(笑)

そして、与えられた仕事の内容詳細は、面談で聞いたのとちょっと違う。
いや、だいぶ違う。
まあ、下僕として働くのはわかってるんだが、それにしてもかなり違う。

アタシはオープン系のヒトじゃないよ。
汎用系のヒトだよ。
そう言っちゃいました。

まあこの問題は翌日の会話で解消されたんですが。
ここからはソフト屋さんのお話です。
アタシの感覚では、「オープン系」というのはVC++とかJavaとかPHPとか
そういうのを使った開発だと思っています。
ところが、ここでのオープン系は、VBAのことだったのね。
アタシは、エクセルやアクセスの裏で組んでるVBAは、オープン系じゃなくて、
むしろエクセルとアクセスの付属品としか考えていなかったので、
このギャップにたいへん驚きました。

ま、そんなわけで、ショッパナから問題山積みなかんじで始まったわけです。

うだうだと続く。










入場前に


氏神様かどうか定かではないが、布多天神におまいりしてきました

やっとこさ再就職

今春4月末に失業生活にはいり、
半年以上経過してさすがにヤバいと思ってましたが、
どうにか仕事がみつかりました。

ワシらの職種は請負系なんで、
この年齢で正社員になれることはまずありません。
(そゆ意味で前回のが超絶怪しかったことは自明(笑))
今回も契約社員になって現場に送り込まれるわけです。
が、今回は商流の面でよろしくないものを孕んでしまいました。
これが凶にならなけりゃいいのですが…。

ま、とりあえず木曜日から現場入りです。
明日から来てちょって言われたが、
さすがにちょっと勘弁してもらって明後日を希望したら、
客先が都合悪いそうで、木曜日になりました。

いってきます。

続きを読む

業界狭すぎる

みなさまご存知のとおり(笑)半年前から夢職(ムショクと読みます)やってます。

なかなか仕事決まらない中、急に面接入ったので、目黒区に出かけました。
エージェント転がしののち連れて行かれたビル。
テナント一覧の社名にひっかかりながらもご訪問。

経歴についての確認をすすめるうちに、やはりご縁のあった会社であることが判明。

帰路。
面接会社へ連れて行ってくださったエージェントさんと話すうち、直近でお世話になっていたSIerとゆかりの深いかたであることが判明。


いくらエンドユーザーが限られるからって、世間狭すぎるでしょ
こんなに縁があって、なぜに仕事決まらんかねぇ
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR