FC2ブログ

好っきやねん大阪~会いたい人

今回の旅は、無理をお願いして買い物してもらったものを受け取りに行くのが目的でした。

大きさがわかるから、この写真でいいや。
機内持ち込みサイズのコロコロです。



阪急コラボミッフィーちゃん。
夏の真っ盛り販売開始に、このマルーンカラーでいいのか(笑)と思いつつ、ミッフィーちゃんの白がより映えるかわいさにずきゅーん!
ミッフィーラブと電車ラブを一挙に満たしてくれる愛いやつ。

そして、そんなわがままを聞いてくれるお友だちがいる幸せ。

さらには、試験前のために空けてあった休息日をつきあってくれる、着物つながりのお友だち。

土曜日はおふたりに会えて、ほんとうに楽しい1日になりました。
えーとね。12時間くらい連続でしゃべってたよあたし。

あたしがいちばん驚いてるよ!

スポンサーサイト

好っきやねん大阪~週末のおご馳走

土曜のランチタイムに大阪にたどり着けるように金曜の午後から移動して、週末トリップを楽しんできました。

食い倒れの都大阪とはよく言ったもので、まぁ美味しいものをたんといただきましたよ。
あ、食べるのが目的の旅と違いますよ。
会いたい人に会うための旅ですからね。

まずは、着物友だちその1、桜ノ宮さんと合流して、あべのハルカスでランチ。
和食のお店で、竹取御膳。



どのお料理もとても美しく、やさしいお味でした。
手間暇かけてるなぁ、というのがよくわかります。
お店は大乃や。


そのあとはお茶タイムと称して、ケーキセット。
選べるセットはケーキを2点盛り3点盛りにできるようにメニューが組まれてました。
チーズケーキで定評の、帝塚山フォルマ。
全部で7種類から選べます。



小さめにカットされてるので、ペロリと完食。
桜ノ宮さんは3点盛りいってました。
わたしは晩ごはん食べられないと悲しいので、自重(笑)

その後、ハルカス地下で限定土産など買い込みまして、地下鉄の途中でお別れ。


今宵のお宿にチェックインして、休む暇もなく飛び出すおいら。


南森町の交差点で、やはり着物友だちその2のともさんと合流。もはやともさんは着物だけのお友だちじゃないなぁ。(あれ?わたしだけ?)



左上からサーブ順です。

アミューズは、生ハムと完熟柿、赤ピーマンのムース、ドライフルーツとチーズのカナッペ。
ムース、ピーマンなのに柔らかいって不思議な体験。
海の幸サラダ。しゃきっと旨味。
パルミジャーノのスフレ。うわぁ、おしゃれで美味しい!
さつまいものポタージュ。ふんわりとした甘味がお口のなかで優しくころがっていきます。
メバルのポワレ。メバルってこんな風に調理できるんだー(煮付けと塩焼きしか思い付かない。)
鴨のロティ。これまたソースが美味しくて、鴨がさらにパワーアップ。
デザートはティラミス。これまたとろける甘さ。
よく食べたなぁ。んで、ワインもいただいてます。
そうそう、このコースはその名も『女子会コース』なのである。
わたしたち二人にぴったりです。(笑)


翌朝。
食べられないこともないが、腹は減ってなかったので自重しました(笑)
粉もん食べるために。

お昼は阿波座のお好み焼き屋さんTAKO-SHOWで。
立ち寄り先でお参りしたあと、検索してみたら、近くて美味しそうだったところ。



大阪のお好みをお店屋さんで食べるのは何十年ぶりだろう…( ̄o ̄)
ふんわりとしてるのに、外はからりとして、美味しいよぅ。わーいわーい、やっぱりこっちのお好みも好きだよぅ。

実はとんぺいも行きたかったんですが、さすがに無理だと思って断念しました。
ひとりってこゆとき不便。

仕上げに粉もんの仲間なのかどうか、鯛焼きを。
これは別に大阪限定じゃないけど。




おみやにお約束の551豚まんを買いまして、無事に食い倒れました。
うしし。
 





ミラクルな忘年会

日曜日の午後、たぶん対外的にはこれしかないんじゃないか、という忘年会に参加しました。

『日本を代表する着物美人100人』の海外出版記念でもありましたので、拡張高く?黒紋付きで!




帰ってからなのでだいぶんヨレてますが、黒留袖じゃなくて、黒紋付きです。
でも、ほんまもんの礼装の場でもないので、帯回りで遊んでみました。
世間はクリスマスでにぎわってますものね。

ということで、六本木タツヤさん(本名ですよ)を中心とする素敵なかたたちの集い。
どんな人が来てたかというと。

頭に『日本を代表する100人の』をつけてくださいね。
・女性起業家
・スピリチュアリスト
・着物美人
・スマイル美人
・美と健康のプロフェッショナル
・和文化継承者

えーと、あとなんだっけ?
これらのテーマで100人の写真集を電子出版したわけで、そこに掲載されてる人が参加資格のある人、ってことで。

みなさん、それぞれにご自分のアピールポイントをお持ちでしたし、また非常に美しいかたばかりでした。
なんていうかなー、ガツガツしてなくて、それでいてお話ししてみたくなるような光を放ってるんですよね。

お声をかけてくださったかたもいらっしゃるし、自分から攻めこんでみたかたもいらっしゃるし、たくさんのかたとお話しして、明るい未来をもらった気がします。

そして、そのご縁で、年明けには新たなことを始めることになりました。わくわく。


人生はね。わくわくしたもん勝ちよ。



歌からあふれるもの

お友だちのシャンソン歌手のソロリサイタルを聴きに、新宿のシャンソニエに行ってきました。

おいかわ由衣さんの歌を聴きに行くようになってから、もう4年くらいたつのかな?
何度か聴いたなかでも、ほんとうにすばらしく、心震える時間となりました。

きっちりと教科書のように、譜面と寸分違わずに歌ったり演奏したりするのは、それはそれで素晴らしいことなのでしょうが、魂の奥深くからほとばしる想いをのせた声や音色は、もっともっとその域を超えています。
由衣さんの歌は、まさにその魂。
あるいは、情念。

いつも涙あふれるのですが、今回もまた、涙、そして、心を激しく揺さぶられ、熱くさせられました。
目の前にあったムービー撮影用のカメラが止まってるのにも気づかないくらい、歌う由衣さんに目が釘付けで、耳も釘付けで。

本を読むのは物語を疑似体験できるから、とも言いますが、歌も同じく、その言葉を聞く体験に似ています。美しいメロディにのせて、美しい言葉。


自分でも歌を歌ってみたいなあと思い始めてもう何年もたちますが、すばらしい歌い手さんを知ることはその想いをさらに強くします。

誰かにわたしの想いを届けられるでしょうか。

バスに乗ろう

昨日は、母校の学園祭に行ってきました。
母校は工学系の単科大学で、とても地味でこぢんまりした学校です。
そこで、開学100年を記念して、ここで学んだ女性の同窓会やってみよう、題して『UEC WOMAN 100x100』というイベントを有志で実行しました。

100人集まれたら…と始めたこの企画。100には届かなかったけれど、年代を超えた多くの同窓生が集い、とても楽しい時間になりました。

出世頭?の先輩による講演会。
私は受付にいたため、最後の締めのところしか聴くことができなかったのですが、ここだけでも聴けてよかったです。そのお話を。

『バスに乗る』こと。
バスとはチャンスです。
目の前にバスが来たら、とりあえず乗ってみてもいいじゃん。
そして、なんか違うな、と思ったら降りればいい。
またぽくぽくと歩いていたら、別のバスが来るかもしれないし、さっきの行き先と同じ次のバスが来て、やっぱり乗ろうってなるかもしれない。
乗らなければ、変化は起きないから平穏だけど、でも、なんにも始まりはしないのです。

いままでの自分をふりかえってみると、私も何度もバスに乗って降りて乗って降りてってしているな、と思いました。
間違えて乗ったこともあるし、降りたくなかったけれど降りたこともあります。
でも、そのことを悔やんだりはしていません。
だって、それだからこそいまここにいるのだから。

ぽくぽくと歩いていて、歩くことに夢中になって、バスが来たことに気づかなかったらもったいない。
せっかく来てくれたんだから、乗ろうよバスに。

そして、いままでと違う景色を見てみようよ。

あなたに似合う景色を探しにいってみませんか。
バスに乗って。



FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR